毎年夏頃にこねこたちの予防接種に行っていました。
そこで大抵おこげさんは、何かしら健康状態が悪く すぐに予防接種出来ないというのがセオリー。
(予防接種は出来たけど、はぎれさんの数値がイマイチという時も一度あったなぁ)

なので予防接種名目で健康診断も兼ねて行きます。
今年は私が切迫早産で入院する前から、妊娠の経過があまり良くなく安静気味に過ごしていたので
流石に猫二匹と子どもを連れて動物病院に行く事が出来ませんでした。
(おこげさんとはぎれさんは2人一緒の方が安心出来るので、出来るだけ一緒に病院に連れて行っています。病院も了承済👌)


このおこげさんの様子の変化に、
そうだ、予防接種名目で行ってみよう
と思いました。

夫が休みの日に私が行こうと思っていましたが
流石に産後貧血あり、インフルエンザの病み上がり という状態でフラフラだったため
夫が平日休みを取ってくれて代わりに行ってくれました。


それが1月29日の水曜日。


当初2月2日の日曜日に病院に行こうと思っていたので、早めに行きたいと思って休みを取ってくれた夫には感謝しかありません。

もし日曜日にしていたら…
おこげさんはそこまで保たなかったかもしれません。


そして、代わりに行ってもらって良かった事がもうひとつ。

健康診断と予防接種で行ったのに、なかなか帰ってこない夫とこねこたち。

昔はそのくらい待つのはザラだったんですが、最近は病院の制度が色々変わったりして
時間がかかる事はなくなっていました。

おかしいなぁと思っていたら連絡が来ました。



「おこげ、今週もたんかもしれん」



え?!どういうこと?!
と混乱しました。

まさかそんな診断を受けるとは。


「今検査結果待ち、もう少しかかる」と。


お昼過ぎくらいまでずっと病院に行っていました。
私は新生児のお世話もしていたので、夫に代わってもらっていて本当に良かったと思いました。


果たして、おこげさんはこの先どうなってしまうのか…
そんな不安が込み上げてきました。




次のお話◁    ▷前のお話



______

おこげさんがうちに来てから
猫白血病判明までのお話ニコ


______


ねこまんがイラストと同じ
↑こちらからニコ