2016-03-07 20:22:49

多摩川 日野橋~立日橋 野鳥散策

テーマ:ブログ
金曜日の探鳥の模様である。

関戸橋後、
日野橋と立日橋の間を散策してみた。


このエリアの詳細は、HPをご参照。

多摩川・左13 日野橋~立日橋



日野橋の下に自転車を停めて、
上流方面の立日橋に進んだ。


このエリアを選んだのには、
特に狙いがあった訳ではない。

何となく、である。



橋下の堰では、
アオサギ(左)とカワウがいた。

アオサギは、
冠羽(後頭部の羽)が目立つ。



土手下の踏み後を歩く。



カワラヒワ。

枯藪にて、数羽で群れていた。
藪中で見るのは、比較的珍しいか!?



ホオジロ。

こちらも枯れた藪中にて、数羽いた。
白と黒のフェイスが綺麗だ。




何かしらの理由があるのか、
一本だけ伐採されていない。

多摩川の河川敷では、
このような「一本だけ」の光景がしばしある。




錦町排水樋管に出た。

この辺りは、釣りスポット。
何が釣れるのであろう。

多摩モノレールが行く。




お花も咲いており、
春を感じる。



コサギ。

夏使用の冠羽、胸のレース。
季節は、確実に移り変わっていく。



水鳥類。

逆光なので、シルエット状態だ。
オオバン、ヒドリガモ、コガモ等と思われる。



セグロカモメ、またはカモメ。

目つきからすると、
恐らくセグロか。

このセグロが飛んでくると、
カモ類が警戒していた。



キタテハ。

暖冬のせいか、
蝶類も少々飛んでいた。

オオイヌノフグリ(水色)、
オドリコソウ(紫)と共に、
春を届けてくれた。



錦町排水樋管の先は釣り人で賑わっていたので、
土手上に上がり引き返すことにした。


今回の散策は、ここまで。


多摩川を通して、
冬と春の間、
季節の変わり目を実感できた。


まぁ、それなりに楽しかった。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

色彩乱舞3・大河さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。