凛として愛

ごく普通の主婦目線で、いろいろなブログやニュースの紹介をさせて頂いています。大切な祖国のことを考えるきっかけになって頂けると嬉しです。


テーマ:

ブログにお越しいただき感謝申し上げます。ニコニコ

ブログバナー

このバナーは拉致被害者の救出が一日も早く実現することを願って「さくらの花びら『日本人よ誇りを持とう』」様のブログよりお借りしています。

 

「さくらの花びら『日本人よ誇りを持とう』様ブログよりの転載です。

https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/35007380.html

イメージ 1

 

 

イメージ 2

今村直樹さんのご厚意で、私も名を連ねさせて頂いた。

 

--------------------------

「何年かかっても吉田証言の嘘訴える」 慰安婦碑書き換えの奥茂治氏、出国停止180日 異論拒絶する韓国の壁

朝鮮半島で女性らを強制連行したと偽証した故吉田清治氏の謝罪碑を無断で書き換えたとして、韓国で公用物損傷罪などで在宅起訴された元自衛官、奥茂治被告(69)が出国禁止となってから24日で半年となる。

 

公判で検察は「慰安婦問題を歪曲しようとした」と指弾した。慰安婦問題の根源となった嘘を正そうと書き換えに及んだ奥被告の前には、慰安婦問題で異論を許さない韓国社会の“壁”が立ちはだかった

 

「非常に長かったが、日韓で応援してくれる人も大勢おり、苦にはならなかった」。21日に結審を終えた奥被告は、韓国警察の出頭要請で訪韓し、出国禁止措置が取られてからの約180日間をこう振り返った。

 

特に長く感じたのが9月に在宅起訴を通知されてからの3カ月間だ。高血圧の受診などを理由に一時帰国を申し立てたが、認められず、いつ公判が始まるか見通しもつかない。裁判所に問い合わせたところ、「共犯者がつかまらないから」との説明だった。

 

検察は、碑の撤去を委任した吉田氏の長男の立件にこだわり、日本に滞在したまま教唆罪で在宅起訴するという苦肉の策に出た。奥被告には公判直前の今月10日に正式な起訴状が届いた。「国際的に認定された慰安婦問題を歪曲しようとし、韓日外交に摩擦を生じさせかねない」。検察は論告求刑でこう指摘した。

 

奥被告は「日韓友好の妨げになっている吉田氏の嘘の碑文を消そうとしてやったこと。全く逆にとられている」と吐露した。

 

検察には、朝日新聞が吉田氏の虚偽を認め、記述を取り消した記事などを提出。丁寧に経緯を説明し、理解を得られたとの実感があっただけにやるせなさが募る

 

「父の嘘の証言で不必要な対立を日韓双方に与えた。その懺悔と屈辱の思いは、言葉で表現できるような生易しいものではない」と奥被告に委任した理由を綴った吉田氏の長男の陳述書も提出している。

 

だが、事件後、中部の天安市の国立墓地に建つ碑の横には、管理事務所によって「碑を書き換え、蛮行を隠そうとしても日本がわが民族を強制徴用し、蛮行を犯した行為は変わらない事実だ」と書いた看板まで設置された。

 

奥被告は「韓国の法律にのっとって罪を犯したというのであれば、免れるつもりはない」と強調する。

 

来年1月11日の判決では、有罪、無罪にかかわらず、慰安婦問題の根源に吉田氏の嘘があり、これを取り除くために書き換えを行ったという主張が認定されるかを見て、控訴を含め、次の法的措置を決めるつもりだ。

 

「出国禁止さえ解かれれば、何年かかってでも、法廷で吉田氏の嘘について訴えていきたい」(平成291224日 産経新聞)

--------------------------

 

事の経緯を簡単に書く。

 

日本共産党の吉田清治が著書で「奴隷のように女性を強制連行した」と嘘を書き、朝日新聞から「勇気ある告白」と絶賛された。昭和58年にこの著書の印税で韓国の天安市に強制連行を謝罪する石碑を建てた。

 

その後、吉田清治は平成8年5月29日付『週刊新潮』で「証言は捏造した」と認め、その後、「人権屋に騙された自分が悪かった」と白状した。

 

しかし韓国には嘘の碑が残ったままで、吉田清治が嘘と認めたことは韓国では知られていなかった。「日本人が言うのだから本当だ」という認識である。

 

今年3月、吉田清治の長男の委任で奥茂治氏が韓国に行き、この嘘の碑の上に別の石板を貼り付けて「慰霊碑」に書き換えた。

 

これが「公用物損壊罪」などで在宅起訴となり、韓国から出国禁止となった。その初公判が12月21日に行われ、懲役1年を求刑された。

 

そして12月23日、東京都内で「奥茂治氏を励ます会 国士奥茂治を救おう!」が行われ、奥茂治氏は韓国からメッセージを発した(動画)。

 

 

この時、吉田清治の長男のメッセージが伝えられた。

「この度は父の虚偽がもとで日本の皆様方に多大なるご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした。

せめてもの償いに私が決意したことが父の謝罪碑を撤去することでした。その願いを実現してくださったのが奥茂治さんだったのです。

私の人生に奇跡を起こしてくださった奥茂治さんには言葉で表現できないほど感謝しております。今はただ一刻もはやく奥茂治さんが無事に帰国されることを願っております」(産経新聞より)

 

国の名誉のために、民間人である奥茂治氏が、吉田松陰の如く「やむにやまれぬ大和魂」で単身自腹で朝鮮に行き、嘘の碑を正そうとした。

 

これはまさしく日本の名誉のために行ったことであり”国士”である。

 

本来は朝鮮に慰安婦の嘘を広めた朝日新聞の社長が行ってやるべきである。

 

あるいは日本政府がやるべきことである。政府は公人である。日本の名誉のために公人がやるのが当然ではないか。

 

しかし、嘘を広めた張本人が動かず、さらには公人たる国が動かずに義憤を感じ、一私人である奥茂治氏が行動した。

 

それが出国禁止と懲役1年である。これは何のための出国禁止と懲役であるのか。 日本の名誉のためにやったからである。

 

日本に戻ったら国民栄誉賞を与えてもいいくらい、国の名誉のために命を懸けて尽くした。

 

日本国はこういう国士を大切にしなければならない。

 

・・・・・

人気ブログランキングに参加しています。 

奥茂治さんを応援する、と思った方はここをポチッとお願いします。 

                    イメージ 2 

(引用終わり)

 

日本では、この慰安婦問題にかかわった張本人ともいえる朝日も全く動かない政府の動きも見えない中、国を思う民間の人々が一所懸命動いて下さっています。

アメリカの慰安婦問題もしかり、このこともしかり。

本当に頭が下がります。

 

奥氏のFBより

昨夜の支える会に参加された皆さん、都合により参加できず心から応援してくれる皆さんに心から感謝しております。
 呼びかけ人の稲村公望先生と発起人の佐藤和夫、先輩には特に御礼申し上げます。
 私もラインの映像で最後まで参加させて頂き皆さんの応援に涙しておりました。また吉田清治の息子のメッセージを聞いて34年間閉鎖していた心を開く一歩になれたと実感しました、終了した後吉田君にお礼の電話をして帰国した時は僕と一緒に皆さんに壇上から御礼の挨拶すると約束しました。
 1月11日どの様な判決になっても韓国との戦いはまだ半分です男の約束を果たすまで頑張ります。
・・・・・・・・・・・皆さん有難うございました。

(引用終わり)

 

 

 

 

 

 

いつも応援クリックありがとうございますラブラブ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(7)

凜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。