県民・事業者の皆様へ
令和2年10月30日
愛媛県知事中村時広
新型コロナウイルス感染症の感染防止対策に関する
お知らせについて
1.発熱患者等に対する新たな外来診療・検査体制
現在、県内の新型コロナの発生状況は比較的落ち着いていますが、今後、季節性インフルエンザの流行により、多数の発熱患者等が発生することも予想されます。県では、こうした事態に備えるため、県医師会並びに郡・市医師会の多大なる御協力のもと、発熱患者等に対する新たな外来診療・検査体制について医療関係者等と協議を進めてまいりましたが、このたび関係者の皆様の御理解をいただくことができました。
ついては、来る11月16日(月)から、発熱患者等に対する新たな外来診療・検査体制に移行いたしますので、お知らせします。県民・事業者の皆様には、御自身や御家族、職場の方々等に発熱等の風邪症状が発生した場合は、定められた手順に従って適切に医療機関を受診していただきますようお願いします。詳細は別添チラシをご参照ください。
【新たな受診・検査の流れ】
①発熱等の風邪症状で受診したい場合は、まず、「かかりつけ医」等に前もって電話等で相談し、その指示に従って受診(事前の連絡なく、直接、医療機関を受診しない。)。
また、「かかりつけ医」が対応できない、あるいは「かかりつけ医」がいない場合は、「受診相談センター(コールセンター)」に電話し、最寄りの「診療・検査医療機関」の紹介を受けて、電話で相談の上、受診。
受診相談センター(コールセンター)089-909-3483
②診察の結果、医師が必要と判断した場合は、当該医療機関において、インフルエンザあるいは新型コロナウイルス感染症の検査を実施。
※当該医療機関が新型コロナの検査を行っていない場合は、医療機関の指示
に従い、各医療圏域に1か所以上開設予定の「地域外来・検査センター」で
検査を実施。
※検査結果により改めてPCR検査を実施する場合あり。
③新型コロナの検査結果が陽性の場合は、指定医療機関に入院。

 

院長です。

お電話で患者様からご心配のご連絡をうけましたので改めて記載します

上記は中村県知事から歯科医院に送られてきている文書になります 

 

③の表記のようにPCR検査が陽性の場合は現在すべて入院になります。自宅待機はありません。

 

陰性と結果がでた場合の家族や従業員の検査について必要とはまったく言われておりません。

 

自身の体調のチェックのみ指示されており毎日スマホで保健所に問題ないことを報告しています。

 

現状、指示に従って僕が直接の診療は控えておりますが来週月曜から再開の予定です。

また今週も代診が診療することは問題ないと保健所に確認したうえで後期高齢になっている父が頑張ってくれています。

代わりの先生が用意できない場合は休診となっています。

 

頑張ってついてきてくれている従業員と家族の助けを借りて来週の再開に向けてさらなる感染対策などバックヤードで準備を進めています。