茅ヶ崎・辻堂の司法書士 久海子の日記【茅ヶ崎・辻堂・藤沢・平塚】債務整理・過払い金返還請求・任意整理・自己破産・相続・遺言

茅ヶ崎・藤沢・辻堂・平塚・横浜・川崎を中心に多重債務問題(債務整理・過払・任意整理・自己破産・民事再生・特定調停)、相続に関する諸手続き、遺言作成に日夜奔走する司法書士大野久海子の日記です。


テーマ:
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村

先日、「離婚の際に取り決めた養育費を払ってもらえないのですが、どうしたらいいですか?」というご相談をいただきました。

養育費の支払いが滞ってしまうケースは非常に多いです。

実際に養育費を支払い続けている人は、取り決めをした中の20パーセントくらいと言われています。
というのは、日本では強制的に支払う制度になっていないからです。

ちなみに、外国では、養育費は給与天引き制が多く、滞納者には運転免許停止のペナルティ等(アメリカなど)があるそうです。

養育費の支払いが遅れる理由は、次のような事情が多いです。
・支払う側の病気
・支払う側の失業
・支払う側の再婚
など

養育費を取り決めたが、支払いがない場合に請求する方法は以下の様なものがあります。
(直接連絡して支払うように依頼しても、支払ってもらえない時)

1.履行勧告(これは調停離婚をした場合、公正証書離婚の場合は使えません)
申立により、家庭裁判所が履行を勧告する制度ですが、強制力はありません。

2.間接強制
一定の期間内に履行しなければ、家庭裁判所が間接強制金を課す制度です。
相手に心理的な圧迫を与え、自発的な支払を促すことができます。
ただし、次の直接強制のように相手の財産を直接差し押さえることはできません。
それでも支払わないときは、別に直接強制の手続きをする必要があります。

3.直接強制(差押)
給与、預金口座、解約返戻金などの差押をします。
ただし、口座を差し押さえする場合は、銀行名・支店名まで特定する必要がありますし、給与差押は、勤務先の特定が必要です。

※このブログは、当事務所で取り扱った事案に基づいて記載しています。
プライバシー保護のため、多少アレンジして書いています。
他の事務所の場合は、異なることもありますのでご了承ください。
また、ブログという性質上、すべてについて詳細を記載することが出来ません。
そのため、更に詳しいことは、個別にご相談させて頂いておりますので、
お気軽にお問合わせ下さいますと幸いです。

皆様の数秒を私の元気に変えてください!
頼りにしています、皆様のポチッ↓(^∇^)

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。引き続きぜひぜひ応援を!

司法書士 湘南法務事務所

過払い金・多重債務のことでお悩みの方はこちら
遺言作成・相続問題のことでお悩みの方はこちら
離婚・夫婦問題でお悩みの方はこちら
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

司法書士 大野久海子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。