茅ヶ崎・辻堂の司法書士 久海子の日記【茅ヶ崎・辻堂・藤沢・平塚】債務整理・過払い金返還請求・任意整理・自己破産・相続・遺言

茅ヶ崎・藤沢・辻堂・平塚・横浜・川崎を中心に多重債務問題(債務整理・過払・任意整理・自己破産・民事再生・特定調停)、相続に関する諸手続き、遺言作成に日夜奔走する司法書士大野久海子の日記です。


テーマ:
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
ランキングに参加してみました。ポチッとお願いします♪

こんにちは!

台風が近づいている影響でいい波が届いている湘南ですが、引き起こされる被害を思うと手放しで喜ぶことはできず、ただ、被害なく過ぎ去ってくれることを祈るばかりです。

さて、先日の渉外相続の続きです。

日本の死亡診断書に司法書士作成の英訳を添付して、現地で手続きをしてくれる親戚の方に送ったのですが

現地の役所(Registry Office、登録所、市役所のような所らしい)に、死亡診断書ではダメで、日本の公的機関作成の証明書に英訳を付け、英訳に東京の大使館で認証をもらってから出してと言われてしまったそうです。

しかし、その国の大使館では絶対にサイン証明以外はやってくれませんので、親戚の方に事情を伝えて、現地の役所に相談してもらったところ、大使館の認証は無しで良くなりました。

で、戸籍謄本の英訳をすることになったのですが、ネットで探すと、翻訳例がいくつかありましたので、それらと辞書を参考に翻訳してみました。

直訳するとあまりにも不自然、あるいは意味がよく分からなくなってしまうところは、適宜意訳して、自分なりに満足のいく戸籍の英訳を作成出来ました。

例えば、戸籍謄本のタイトルは「全部事項証明」ですが、直訳英語にすると、
Certificate of All Registered Matters(全ての登録された事柄の証明書)のようになります。

でも、それを見た人は「は?で、何の証明書なの?」と思うはずですので、
Certificate of Whole Entries of Family Registry(家族登録の全ての登録事項証明書)のようにしました。

あと、苦労したのは、日本語のレイアウトと同じように、英語版を合わせることです。

英語にすると、どうしても長くなってしまいます。
例えば、
除籍→Removed from Family Registry
受理者→Person Who Accepted the Notification
など

仕方がないので、この部分がこうなったと分かるよう、レイアウトを崩さないように二行にしたり、字を小さくして、一ページ目に記載されていることは全て1枚の用紙に収まるようにしました。

最終的に以下のものを送付しました。
日本の戸籍謄本(全部事項証明書)
その英訳
依頼者のサインのある親戚への委任状(現地語で作成されたもの)

今度は大丈夫そうです。
証明書が発行されたら、現地の宣誓翻訳者に英訳してもらいます。
それが届いたら、更に私が日本語訳して、法務局に確認してから登記申請の予定となっています。

渉外手続きでお困りの方、お知り合いにお困りの方がいらっしゃる方、まずはお気軽にご相談くださいます様にお願い致します。

※このブログは、当事務所で取り扱った事案に基づいて記載しています。
プライバシー保護のため、多少アレンジして書いています。
他の事務所の場合は、異なることもありますのでご了承ください。
また、ブログという性質上、すべてについて詳細を記載することが出来ません。
そのため、更に詳しいことは、個別にご相談させて頂いておりますので、
お気軽にお問合わせ下さいますと幸いです。

皆様の数秒を私の元気に変えてください!
頼りにしています、皆様のポチッ↓(^∇^)

にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。引き続きぜひぜひ応援を!

司法書士 湘南法務事務所

過払い金・多重債務のことでお悩みの方はこちら
遺言作成・相続問題のことでお悩みの方はこちら
離婚・夫婦問題でお悩みの方はこちら
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

司法書士 大野久海子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。