春がそこまで来ている、と実感できるくらい
暖かい日が続いています。

今、遺言書の作成を4件抱えて
頭の中が遺言書の文言で一杯な毎日です。


遺言




遺言書の案文を考えている時、
ふっと、気になったことがあります。

『遺言書は何歳から書けるの?』


高齢で認知症になられた方は
遺言書は難しそうだなぁ、
と法律に詳しくなくても想像できますよね。


毎日、遺言書作成に携わっていても

遺言書が書ける下限の年齢について
あまり考えたことがありませんでした。

そこで、
改めて民法の条文を確認すると

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
民法961条  
十五歳に達した者は、遺言をすることができる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
つまり
子供でも15歳に達すれば
中学校3年生の途中で15歳の誕生日を迎えれば
遺言書を作成することができるのです。

一方、
民法では、未成年者は単独では契約を結ぶことはできない、と定められています。


未成年者が、自分な不利な契約を結んでしまわないよう
原則的に親権者である親の同意を得ることを要求しています。


ですが、遺言書は違います。

満15歳になれば
親の同意を得なくても自由に1人で
遺言書を書くことができるのです。



これは、
遺言の効力が発生するのは、未成年者が死んだ後のこと。


今の未成年者を保護する必要がある契約の場合と
同じに考える必要がないから、


という考えに基づいているからなんです。


日ごろ気にも留めない1行の条文ですが
意味がちゃんとあったのね~

と感心した一日でした。