わからないニーズ

テーマ:
久々に牛丼チェーン店「松屋」に行ってみた。
 
時間の無いときは、「立ちそば」と決め、それ以外のファストフード店やチェーン店は嫌いなので行かないようにしているのですが、立ちそば店がない場所もありますから…仕方なく。
 
すると、カウンターの上にこんなものがありました。
 

 

松券セレクト。

 

「もう券売機であせらない! みんなのスマホが松屋の券売機に!」

 

見た瞬間、券売機で食券を買わなくてもスマホで注文できるのか…と思ったのですが、どうやって客を判断し、牛丼が提供されるのだろうと疑問がわき…

 

で、よーく見ると、スマホで食べたいメニューを選んだ上で、券売機にそのQRコードをかざさなければならない(すると食券が出てくる?)ということがわかり、ますます疑問が…

 

結局、券売機の前に立たなければならないのであれば、何のためにそんな面倒なことをするんだろう…、と。

 

再度、読み返してみると、「券売機の前であせる人」のためのサービスだと知り…

 

牛丼チェーン店を利用する年齢や性別、このサービスがスマホでの対応のみとなっていることなどを考えると、対象にしているのが券売機くらい簡単に操作できる人たちではないか、とも思えるのですが、そんなサービスを始めるほど困っている人たちがいることに驚きました。

 

私の場合、このサービスを利用して、仮にスマホでの操作ができたとしても、券売機の前でQRコードをかざす時に焦ってしまうだろうと思いますが。

 

世の中、いろいろな人がいるし、その数だけさまざまなニーズがあるのだと牛丼を食べながら学びました。

 

 

 

 

あなたにすべてのよきことが雪崩のごとくおきます。

 

相続登記・会社設立登記の代理人!司法書士西尾のブログ(東京では、新宿区、中野区、杉並区、世田谷区、港区の登記が多いです)-相続登記、会社設立

 

 

 

 

 
AD