大古事記展 プレス内覧会行ってきましたNO2 | ゲーム特盛・映画サラダ・小説一丁やっと…ブログ
2014年10月17日(金)

大古事記展 プレス内覧会行ってきましたNO2

テーマ:写真 
さて、今回は、
大古事記展 プレス内覧会行ってきましたNO2になります。

過去記事はこちら
 大古事記展 プレス内覧会行ってきましたNO1
 大古事記展は期待できそう


公式ページはこちら





今回は写真中心にお届けしようと思います。
まずは伝伊耶那岐命座像(伊邪那岐命・イザナギ)
そして伝伊耶那美命座像(伊邪那美命・イザナミ)

日本国土をカタチづくる国産み・神産みの話や
黄泉国(よみのくに)黄泉比良坂(よもつひらさか)の話は有名ですよね。





そして
天岩戸(あまのいわと)天岩屋(あまのいわや)。
天照大神(あまてらすおおみかみ)。
アメノウズメが踊り、アマテラスを岩戸の外へ引きずり出したのは、
有名以上の話ですよね。



建速須佐之男命(スサノヲ、スサノオノミコト)
八岐大蛇(八俣遠呂智、ヤマタノオロチ)の神話や
美しい櫛名田比売(奇稲田姫・くしなだひめ)と出会う話でも有名。







その他にもほんと多数の展示があり、
ここで紹介できるのもほんの一握りだけなんですよね。



こちらが複製品の七支刀。
国宝・七支刀の本物は日程の後半に展示されるそうです。







こちらは未来へ語り継ぐ古事記として紹介展示されていた
山口藍さんの作品です。

ってことで、
ほんの少しだけですが写真を交えて紹介してきましたが、
いかがだったでしょうかね?
ほんとはもっともっとたくさんあって、
なかなかお目にかかることが出来ない重要文化財もあります。

今、ちょっとした古事記ブームでもありますし、
神話の夢やロマンに浸って、魅力的な世界観に没頭してみるのも
いい機会かもしれませんよ。

ということで、
今回の僕のお気に入りの作品二つを紹介して、
大古事記展プレス内覧会記事を終えたいと思います。


木花開耶媛(コノハナサクヤヒメ)


古事記と世界の神話-その類似性と多様性-









FARFAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス