格安simのすすめ

テーマ:
先日とうとう長年愛用した携帯電話からスマートフォンに変えた。
理由はただ一つ、格安になるからだ。
IT情報関係に敏感な方々はご存知SIMフリーです。
電車の広告などで見かけるが、で結局なんなんだこれ?と思う方が大半だと思います。

簡単に説明しますと携帯電話は基本料900円と安いがパケット定額に入らないとEメールさえ恐ろしくてできない。よって、基本料900円、パケット定額4000円、その他もろもろ1000円で何もしなくても約6000円ほど毎月かかることになる。少し通話が重なるとすぐに7000円ほどかかる。
またキャリアとよばれる電話会社(ドコモ、ソフトバンク、auなど)のスマホだと毎月平均7000円~8000円ほどかかる。これら全ては無駄のなにものでもないと私は思います。
俺はこれが好きなんだ!と思う方はそれでいいと思います。

そこでSIMフリー端末、またはドコモなどのスマホ端末をSIMフリー化(有料)し解約し格安SIM会社のSIMを買い愛用のスマホを運用する。これで毎月スマホ代を約1700円程度にすることが出来る。

店舗でも買えますが、simの購入方法はアマゾンなどの通販サイトで自分の好きな格安sim会社の自分の好きなプランのsimを選び購入後simが届いたらネット上で登録しsimフリー端末に挿して完了である。
ちなみにsimは共通の規格だがサイズが標準、micro、nanoと三つある。


私は電話用に「OCN モバイル ONE」の月額1600円の音声sim(電話とネットが出来る)と、
ネット通信用に「iijMIO」の月額980円のデータsim(ネット通信専用)の2枚を購入。
スマートホン本体はあのポラロイドカメラのPolaroid社のpiguという機種を購入。多分現在日本で一番小さい端末である。重さも100gを切る。この軽さはポケットにいることを忘れてはっ忘れた!!となるレベルです。
また筐体はプラスチック感がもの凄く、非常にチープで子供のおもちゃみたいだが
そこが全て長所に感じるシンプルさとかわいさが私の心を掴んだ。名前もグッドである。
piguはデュアルsim機能が付いていて2枚本体にsimを入れ好きな時に切り替えが出来る優れものだ。
またスマホ端末そのものをポケットwifi化出来る機能、テザリングモードが付いている
現在入手困難で値段が高騰していますが高騰した値段で購入はもったいないのでおすすめしません。




で、たぶん、みなさん気になるのが電話番号とメールアドレスが変わるのが大変と感じているのかなと思います。
そんなことはありません、現在MNPシステムというのがあります。
これは現在の電話番号をそのまま他社の電話会社に引っ越すことが出来るシステムです。
たとえば私はソフトバンクでしたのでソフトバンクに電話し、MNPの予約番号を発行してもらう。
発行期間中に乗り換えたい電話会社(今回私はOCN モバイル ONE)に登録し完了です。
ソフトバンクはその時点で自動的に解約手続きになります。

またメールアドレスですが、@docomoや@softbankなどキャリアメールといわれるアドレス。
はっきりいって今のうちに捨てる決断力を持って縁を切ったほうがいいかもしれません。
そのアドレスを持っているがためにいつまでも電話会社を変えられず選択肢が狭まり、高い通信費を私たちは長年払ってきたからです。
あまりに長年支払ってきたためあたりまえの出費だからと感覚が麻痺しているだけだと思います。
俺はこれが好きなんだ!と思う方はそれでいいと思います。

しかし今の時代もうあたりまえではありません。私は月額1600円です。
スマホを使用するのであればgmailやyahooメールなどのフリーメールで十分です。

これで今後は何かないかぎり番号もアドレスも変わる心配もせず、気軽に好きな端末、好きな通信プランで運用が可能になります。

もちろんsimフリーはメリットばかりではありません。
まず初期設定することが出来るくらいの知識が必要です。たぶんじっちゃん、ばっちゃんには無理。
またキャリアメールがないと登録できないサービスがあることでしょうか?

もちろん現在のポケットwifiのようにリリース当時は無制限だったが利用者が増えすぎ、とうとう速度制限が古参のユーザーにもかけられたように未来のことはどうなるかわかりませんが。
なんせ電波は有限の国民共通の財産ですからね。

さいごにもう一度pigu。
バックカバー変えられるらしい。