パシンペロンはやぶさオフィシャルブログ Powered by Ameba

パシンペロンはやぶさオフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:
第二子は、
計画無痛(和痛)分娩を選択した私ですが、
出産までの記録をここに。


ちなみに、
別の産院で
同じ選択をされたお友達から
その時の話などを沢山ききましたが


まぁ、
病院によって
値段から方法までさまざまっ


あくまで、
私のところの
私の場合です。


これから無痛を選択しようとする方は
必ず病院に確認をとってくださいね。






計画無痛(和痛)分娩当日

朝7時
入院をするため、病院へ

入院着に着替え
無痛の際に麻酔を流す管をとりつける

脊椎に針を刺すので
まぁまぁ痛いし、
(虫歯の時のように)神経を刺激するような
気持ちの悪い鈍い痛みがある

この体験は、もうしたくない感じ

子宮口を広げるために
小さめのバルーンを挿入

入院する部屋にて、
だぁちゃんとテレビを見ながら談笑


10時
陣痛促進剤や、
産後、子宮の収縮を促すための
点滴用の管をつける

血管が細く見えにくいため
手首に注射。
よく動かす部位のため
動くたびに食い込んで、地味に痛い


子宮口2センチ開く
さきほどのバルーンを抜き
大きめのバルーンに入れ替える


12時
お昼ご飯を食べる
背中の管が少し痛いので8割ほどを食べる
{D629A656-F101-4B49-A9E7-A4443DA4C80C}

12時30分
バルーンを抜く
この時、子宮口は4センチ

前回は
子宮口が開く=赤ちゃんが降りてくる感じで
とにかく、重くて痛かったけど、

今回は
赤ちゃんは降りてきていない状態で
ただゆっくりと子宮口を広げているだけなので
痛みは全く感じず

前回は、
4センチになるまで
激痛の中、数10時間かかったけど、
今回は
痛みがなく5時間


お腹に何かあると
赤ちゃんが降りてきづらいとのことで
人生ではじめての浣腸

「すぐにトイレに行くと
浣腸の液ばかりが出てしまうので
しばらくは耐えて…」と言われたけど
すぐに直行


13時
陣痛促進剤スタート
{5E9E5827-C9EB-4593-B50B-95375F03D54A}
20分で10ずつ点滴を増やす(単位不明)

メモリが50をすぎると
段々と陣痛の痛みを伴うとのこと


15時40分
メモリ70
子宮口は7センチ
痛みが強くなってきた

麻酔を頼むも
ニヤニヤ頼んだので
「笑えなくなったら、麻酔しようね」と
たしなめられる


16時
メモリ80
子宮口8センチ
いよいよ、笑えなくなってきたので
麻酔を頼む

…とは言っても、
この時の痛みは、自己比によると
前回の一番痛かった時からすると
まだ30パーセントくらい

でも、
無痛=全然痛くないだろうと
出産の痛みに対する覚悟がゼロだったので
少しでも痛いと、怖くなる

そんな中
麻酔は、入れてから効くまで30分
その間、促進剤はどんどん追加され
痛みも増加する

もつのか?自分

笑えないフリをして、
早めに麻酔をしてもらったほうが良かったかなと
少し後悔がはじまる


ここで、トラブル発生


いざ、管から麻酔を注入しようとするが
麻酔液が入っていかない

麻酔管がどこかでつまっている

先生も、
たくさん分娩を経験しているが
初めてのことだという

麻酔が使えない

ここで地獄の選択
このまま自然に産みますか?

再度、(朝一にやった)
カテーテルを入れなおしますか?


どっちも、やだよ

いっそ、ひと思いにやってくれ


泣きそうになりながら
再カテーテルを選択

絶望感の中
陣痛もつらくなりながら
(痛みの自己比 48パーセント)
分娩台から、手術用ベッドへ

痛くて動けないので
看護師さんたちの肩をかりる


先生があらたに注射をするため
前の管を丁寧に外そうとしていたところ
外す直前に開通

午前中ゴロゴロしていたから
寝ていた圧迫によって管がねじれたのか
私の脂肪が管に入ったのか

原因はわからないけど

どちらにしても、
直前での奇跡っ


みんなで手をたたいて大喜び

心底、ホッとした



この頃、
旦那のだぁちゃんは
仕事の電話のため、外へ

帰ってくるも
ナースステーションに誰もいないので
分娩室には戻れず
看護師さんたちが
バタバタ動いている影だけ見え
1人不安になっていたという



16時30分
無事に麻酔を注入

効くまでに時間がかかるけど、
注入出来た喜びからか
痛みは20パーセントに減


その後も少しずつ
麻酔を入れてもらい
痛みは5パーセントレベルに


前回は、
出てきた瞬間が一番気持ちよかったけど
(長年の便秘が解消したような感じ)
今回は、
麻酔液が背中を通っていく時が
冷たくて、安心出来て、一番気持ちよかった


麻酔が効いてしまえば、
自撮りする余裕もありますっ
{27BE88E9-00FC-4611-9D5B-0C0303786C4A}

ただ、
子宮口が全開になったら
いきむ感覚がわからなくなるし
子供に影響が出ると困るので
もう麻酔は追加出来ないとのこと。

その間に麻酔が切れることもあるそうな。


実際、
同じ産院で産んだ方に聞いたんだけど
その人は
最後の最後に麻酔がきれちゃって
(何で一番痛い部分だけ体験せにゃならんのだ)
ってなったそうな。


子宮口全開。
お尻に子供が降りてきた感覚がくる

早く産みたい


立ち会わせたかった息子りゅーりゅーが
父母に連れられて
病院に到着


その知らせを聞いて
安心していきみ始める



前回も今回も
「いきむの上手ねー」って言われたけど、
これってテンプレート的なもの?

それとも、私って上手なの?

どちらにしても、なぜか嬉しくなるセリフ。


前回、やり方は教わってるから
陣痛の痛みが少なくても
いきむタイミングはわかる

骨盤がギシギシ動く感じもわかる


でも、
全くと言っていいほど痛みはない

自分のタイミングでいきむ

麻酔が切れないうちに…と焦りつつ
結構、楽しくいきむ


旦那&息子に立ち会ってもらい
17時27分
笑顔で出産完了
{CD721BB0-9922-477C-A109-886967E6FB6F}
スッと出たからか
頭の形キレーーーイ


今回も、会陰が少しさけたので
ぬってもらいましたが
麻酔が効いているので
そこももちろん痛くないし、
お腹を押し、
胎盤などを掻き出す処置も
痛くありませんでした


この処置って、麻酔なしだと激痛なんだけど
前回は
「出産を終えた後に痛みがあるなんて、
誰からも聞いてないよー」って
騙された気分で耐えていました(笑)


体力もあまっているし、
意識もハッキリしているので
きーちゃんが出てきたところも
きちんと見られたし、

直後にお腹の上に
きーちゃんをのせられても
ゆっくりと
誕生の感動を味わうことが出来ました


私が取り乱すことがなかったので
2歳のりゅーりゅーも、
きちんと見届けられました


通常のお産と同じように
陣痛室(LDRの場合もあるけど)で
2時間休憩


しばらくは
トイレに行けないので
尿道にカテーテルをしてもらいましたが
(地味に痛いやーつ)
まだ麻酔がきれきっていないので
これも痛くなかったです


そして、前回は、
クタクタで産後2時間
気絶したかのように休んでましたが

今回は、
ちょうどお夕飯のタイミングだったので
休みもせずに
のーんびりご飯を食べました
{4654F340-DE31-40C4-BAF1-01FE1A8C08E2}
まぁ…とは言っても

今回は少し出血があったので
ひどい貧血状態で
起き上がるとかまではいかず
寝たまま
スプーンで口に運ぶって感じでしたけど…


通常と同じように
貧血と骨盤ガクガクなのは変わらず
2時間後
車イスに乗せてもらってお部屋に戻りました




…とまぁ、
私の場合はこんな感じです。


参考までにっ



ちなみに、
私は、痛いときに声を出すと
パニックになりそうになるので、
前回も今回も無言で出産。

あまりに無言すぎて
だぁちゃんは逆に心配したそうな…。


かたや、苦痛の表情。
かたや、笑顔。


☆パシンペロンはやぶさ☆




パシンペロンはやぶさサイト PC版

http://charge.fortune.yahoo.co.jp/zap/hayabusa_zap/

視えすぎちゃって話題騒然!

“驚愕の的中霊視”パシンペロンはやぶさ




パシンペロンはやぶさサイト 

スマホ・ケータイ版

http://hayabusa.cocoloni.jp/campaign.cgi?cpno=1400778754 
 

スピリチュアルコラムや

個人鑑定をやっています


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

パシンペロンはやぶささんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース