アジア三都市めぐり その6 パークーウー洞窟の仏像群@ラオス・ルアンパバン | Blue & Seal Velvet
2018-05-26 18:51:44

アジア三都市めぐり その6 パークーウー洞窟の仏像群@ラオス・ルアンパバン

テーマ:ハノイ・ルアンパバン・パタヤひとり旅

日の出

 

夜明けの猫ちゃん

 

 

今日も托鉢に参加

 

 

ホテルのノイさんと雑談したときに「朝食はフォーを食べてみて、最高だから」ということだったんでいってみました!

 

 

豚肉のフォーてへ お出汁がほんのり柔らかで、いかにも朝食的な風味。本当に美味しい!萌萌萌

 

 

麺は細麺でコリコリ。それていて弾力もあり。ハート

 

 

滞在中お世話になったノイさんGOOD

 

 

さて昨日ノイさんにチャーターしてもらった船でパークウーという洞窟を目指す。

 

ノイさん、団体とチャーターの案内をしてくれた。もちろん団体は安くていいけど、例の国の団体さん万が一ででも一緒になったら

 

そりゃ大変なストレスだろうから、船はチャーターを頼んだ。何しろ片道2時間の船旅だ。嫌な想いはしたくない。

 

で朝寝のあとにお迎えが来て、乗り場に到着。

 

団体船が並んでいて、やっぱデカいな~とドライバーに言うと、なんとこれが自分の船だという!!!!!!!!!!!!!

 

 

一番向こうの船がチャーター船。60人くらい乗れそうだったキャハハ

 

 

船長のションマインさんと挨拶をして出発。片道25kmの船旅ヨット

 

 

メコン川クルーズはもう何度もしたからあぁ変わらないな~というくらいの感想しかなかったけど

 

川面をからの逆風は思った通り冷たくて、かんかん照りではあったけどダッフルジャケットを羽織っていって正解だった。

 

途中で焼酎作っている村があるけど寄っていくかとションマインさん訊くので行って面白いところかと聞き返すと

 

彼は全然、というふうに首を振るので、じゃあ行かなくていいかと二人で笑ったむふっ。

 

途中のドッグでガソリン入れガチャガチャ

 

 

こんな風景が二時間ニヤリ。 風景というより風を楽しむおんぷ 

 

 

そういえば、象が歩いてるのを見たよ。真ん中にあたりに6匹象

 

で、到着

 

 

ここは以前、天皇陛下がご訪問されたのをニュースで拝見していたので、ともかく行ってみたいと思った次第でした。

 

 

洞窟の中に4,000体を超える仏像が納められている。

 

 

 

 

 

あなたに似た仏像様があるかもよリア友

 

 

階段を上っていくともうひとつ洞窟がありました。

 

入り口で線香を買って中で供えます。色白の子が多いよね。フランス領の影響だろうか。

 

 

中は真っ暗。借りたライトで足元を照らした。

 

 

上の洞窟へ行く階段には売り子さんがちょいちょい四つ葉

 

可愛いから緑~って選んだら「それは安産のお守りよ」って笑われた笑

 

 

街に着いたら早速ビール。日よけの緑が美しいレストランへ四つ葉

 

 

屋台街で気になっていたお魚料理、勇気を出して注文してみたキラキラ

 

海外で自ら淡水魚を注文するのは初めて。

 

各国の現地ツアーでもランチは淡水魚なんてかいてあると、そんなん食いたくないと、ことごとく却下してきたくらい。

 

でもこの街の屋台で焼いてあるヤツはなんとなく美味しそうで

 

ヨーロッパの方々はまんべんなく注文しているようだったから興味がわいたおんぷ

 

ただ今夜は食べるコースが決まっていたから、ランチで勝負をしてみたのだけど、これがさっぱりした風味でとても美味しかったえー!!

 

身は淡泊でふわふわ。スズキより柔らかいし、蒸した鯛みたいだけど、まぁそこまでは繊細ではない感じ。

 

うんうん、悪くなかったハート

 

全然泥臭くないから、背びれの身をほじってみたけど、ここはさすがに臭みがあっていただけなかった。

 

でも淡水魚ってこんな感じなんだ~といい経験になった。やっぱり食べ物は食べてみないと何にも分からないね。

 

今度はどこの国へ行っても、評判のいいのがあったら淡水魚も食べてみようキラキラ

 

 

 

 

夕方まで休息ベッド###

 

 

 

さとさんのお土産を小洒落たショップで買った。

 

町並みは古めかしいけど、ショップは現代性があって可愛いとこが多い。

 

 

「VIOLET」さん。こちらのペンダントはエルメスのパクリとってもオシャレでしたニヤリ。

 

 

お店の写真はダメだけど自分たちいいって笑

 

 

 

小洒落たバーでテキーラのカクテルを一杯。

 

 

マルガリータで夕涼みてへ

 

 

高そうな野良犬くんも夕涼みてへ

 

 

 

夕涼みといえば

 

 

この街で一番美しい席はきっとここ。フレンチの「TANGOR」ハート

 

 

フレンチだったんかぁ、行けば良かった行けば良かった、今調べて惜しくなった。。。ガクリ

 

 

 

でも僕が行ったのは今宵も屋台ハート

 

 

この喧噪のなかに身を置いていると、どんどん元気になってくる~GOOD

 

 

おっちゃんの店で注文したキャハハ

 

 

もう慣れたもんで、指さしで焼いてもらって、温まったらおっちゃんがまな板の上でバンバン一口大に切ってくれるから

 

その皿を盛っておばちゃんのところでビールを頼んでまとめて会計キラキラ

 

 

鳥の丸焼き(の半身)ピン・カイと手羽元みたいなヤツ!ハート

 

 

ガチの地鶏だから最高に旨い。ビールもごくごく飲んでプハーッってなもんです笑

 

鳥もさることながら、ビックリしたのはこの小皿のタレ。一見アジアにはよくあるタレにみえるけど

 

これ考えたヤツってイカレてるだろうってくらい辛~~~~い!!

 

ヤバッとなって口を開けて右手で扇いでいたら、通路を近寄ってきた金髪の少女が「辛いよね~」って微笑んだ。

 

彼女は、あたしアリシア、スエーデンから来たの、パパとママ話に飽きちゃって、ここ座っていい? なんて言うはずもなく笑

 

辛いわよね~と微笑んだきり、通り過ぎていった。

 

異国の恋が始まることはなかったけど、人との距離が近いのもこういう場所のお楽しみだよねワット

 

 

お隣になったフランス人のグループさん。気さくで上品で、いい人達だった。ガチャガチャ

 

 

さて、屋台を出て、バザール入り口付近の屋台へ移動。

 

この街に来て、これは絶対食べなきゃと思っていたものをついにいただくことに矢印

 

目指すは、カオソイという麺料理ハート

 

 

ちょうど空いていたワット

 

 

カオソイといえばタイ北部チェンマイ産のカレーラーメンなのだけど

 

こちらのカオソイは、米麺を使ったいわゆる担々麺。ピリ辛味噌の挽肉フォーになります。

 

因みにタイのカオソイね↓ ココナッツミルクカレーヌードルというのか何しろ世界最強カレーラーメンだと思っているGOOD

 

フォーシーズンズ・トライアングル(上)のとチェンマイ旧市街の有名店の(下)リア友

 

 

で、こちらがラオスのカオソイですワット

 

 

きしめん風の平麺でタイのとは全然違うけど!?

 
 
さて、ちゅるるんと一口いただいてビックリ!!!!!!!!!!!!!
 
全然旨~~~いハートハート
 
まあ見たまんまです。上品なピリ辛スープに弾力ぷりぷりの米平麺で、挽肉がこれまた旨いお祝い
 
なんだか嬉しくて隣の人の背中をバンバン叩きたくなっちゃったニヤリ。
 
これだけを食べにもう一回ルアンパバンへ、っていうのありかもしれないほど好きです笑
 
しかし今回、この麺をめぐる冒険にでて思うのは、日本のラーメンっていくらなんでも脂が多すぎないか、ってこと。
 
素材の出汁とわずかな塩分で味噌汁みたいに毎朝食べられるラーメンがあったらいいのに。
 
でもそんな風潮が高まって「天下一品」のこってりが廃れちゃったら大変困るから、ご当地の多様性はなすがままに
 
枝葉を大きく広げた食文化として麺類が変貌してゆくのが楽しいのかもね。
 
 
 
ともあれお姉さんにありがとうと告げて、すぐ隣のいつものジュース屋さんでマンゴージュースをもらったピース
 
 
 
アジアンな夜を満喫おんぷおんぷ
 
 
 
 
ルアンパバン最後の夜もいつもと同じように過ごしました。
 
 
 
〆はいつものおばちゃんのとこでマッサージです夜空
 
 
おばちゃん。ホテルから近いし何かと重宝。写真は洗濯物を頼んだときのおんぷ
 
 
 
 
 
次回、寝台車でラオスからタイへ と続きます ぽっぽ1ぽっぽ3ぽっぽ4ぽっぽ2ぽっぽ5

ちよさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス