いつもSick²を応援してくださる皆様にご報告があります。
2020年1月29日の高田馬場AREAワンマン公演を持ちまして、Dr.大志がSick²を脱退します。
Sick²は先日お伝えしたように期間限定で活動を休止し、ジェネ★、祭-まつり-、たくまの3人で感染²として2月から活動してまいります。
袂を分かってしまいますが、Sick²、大志、どちらの今後も応援していただけますと幸いです。
 
~下記メンバーコメント~
突然の発表でごめんなさい。オレはSick2を脱退することを決めました。
今年4月の6大都市ワンマンツアーの頃から他メンバーとの熱量の差や活動内容に違和感を感じていてそれを埋める為に何度もミーティングを重ねたのですが話せば話すほど気持ちのズレ、方向性のズレで溝が深くなっていき今回の結果となってしまいました。
脱退の2文字が頭をよぎった時、やはり1番に思い浮かぶのはファンのみんなのことで裏切るわけにはいかないとなんとか気持ちの修正とオレがSick2でいられるための提案を繰り返してたのですが色々と叶わず、消化不良で活動するのも裏切りなんじゃないかとか色んな葛藤の中この決断になってしまいました。
オレのSick2としての夢を本気で応援してくれた信じてくれたみんな、本当にごめんなさい。叶えることが出来ませんでした。
Drums 大志
 
まず、ろっしーの脱退発表を今日このタイミングでしなくてはならないことを先に謝りたいと思います。申し訳ないです。11/21から立て続けに色々な発表があり、不安に思ったり混乱したりしている人も多いと思います。どうしても発表の順序やタイミングを、これ以上変えることが出来ず、今日の脱退発表となってしまいました。活動休止と新プロジェクト始動は元々決まっていて、その後にろっしーの脱退が決まり、このような形になりました。とても分かりにくいと思いますし、意図に反した誤解が生じると思うので、後日ブログにて説明もさせて頂きます。
ろっしーとはSick²の前身になるDEVI+TECから同じバンドでずっとやってきました。脱退に関するコメントなのにこんなことを書くのはダメかもしれないですが…正直文章で気持ちを伝えられるとは思わないし、脱退の当日に直接マイクを通して話しても何割伝わるんだろう?って思います。
今年の47都道府県ツアー中にろっしーから脱退の申し出がありました。
今日までバンドをやって来られたのはみんなのおかげで、勿論その中でろっしーも大きなウェイトを占めているわけで、特にファンのみんなは今日急に脱退を知らされて、そう簡単に割り切れないだろうと思います。ですがこれが僕らの出した決断で、これから先の道は違えど必ずお互い前に、先に進みます。4人でのSick²は短い期間になりますが、その期間とその後に、どうかご期待下さい。
僕の感情、気持ちの部分はライヴで直接自分の口から伝えたいと思います。
Vocal ジェネ★
 
やっぱり悲しがる子はいると思います。ごめんね4人で一緒に居られなくて。
でも、ろっしーはろっしーの今の現状よりも前に進んでいけるものを見出せそうっていう可能性の話だからこその脱退だと思うし、このバンドを続ける3人だって「この道だ!」て思ってるからこそこれからも止まる気はなくて。
今回は、別の道を歩くけどちゃんと各々自分がやりたい事に向かって突き進んでるって話っす。
ゆずひこを見送った時だって滅茶苦茶に寂しかったけど、最終的にはそう納得出来た自分が今いるので。たぶんそういうことなんじゃないかな、と。
だから「Sick² からろっしー脱退する悲しい」ってよりは、ちゃんと前に向かって進み続けるわたし達の新たな門出を応援してもらえると幸いです。
恐らく言葉足らずな所はいっぱいあるんだろうけど、自分の今思う気持ちを綴ってみました。
ろっしー今までありがとね!
自分が色んな音楽をSick² に反映していこうって気持ちをより強く持てたのは
バンドを色んな見せ方、進め方していこうとするその姿勢を間近で見てたからに他なりません。
そんな日々が楽しかったよ。
祭-まつり-
 
ファンの皆にはツアーファイナルZeppDiverCity直後、このような発表になってしまい、とても心苦しく申し訳ない気持ちです
先日ろっしーから脱退の申し入れがあり、僕は彼をひき止める事をしませんでした
バンド結成当初からあった活動内容の相違が、時間を経てバンド内でどんどん大きくなってきてしまい、
このまま分かりあえず、お互いやりたいことに目をつぶって騙し騙し活動してくのは無理だと思ったからです
すぐには無理だけど
いつかこの決断がお互い前向きだったなと思えるように
まずは目の前にある4人でのSick²のライブ
残り少ないですがこの4人でしか出来ない演奏があります
笑顔が似合う彼だから、最後まで本気で一緒にバンド楽しんで送り出したいとおもいます
たくま