足場・・・

テーマ:

可児市のT様邸、足場が取れました。



家人(うちんちゅ)日記


やはり足場が取れるとガラット印象が変わります。まだ玄関周りが造られておりませんが、ここの周囲は色の濃いパーツが多く、これらのアクセントが付くと今の白い家の印象がガラッと変わります。


ちなみに、ここのお宅は7月末に見学会を行います。

1年ぶりくらいの見学会ですので、緊張しますね。

多くの方に見ていただきたいと思います。



AD

暑い・・・

テーマ:

暑い日が続きますね・・・

今日も36度、まだ6月なのに・・・


少し外にでるだけで汗がドバーと出てきます・・・


急に暑くなって来たので現場の職人さんは大変です。

ペースが落ちるのは仕方ないですが、ダウンしないように気をつけて仕事してもらいたいと思います。


とりあえずこまめの塩分と水分補給に気をつけましょうY(>_<、)Y



AD

壁…

テーマ:

構造上取ることができない壁があります。
photo:01



図面で上から見ると、邪魔でしか無いように見えますが、実際建ってから見ると、無かったら殺風景だろうな~と感じます。

物が有るから大きさの対比ができて、空間の広さを感じることができるともいえます。
壁があれば家具もおけますし、いくら広い空間が希望と言っても、ある程度の障害物はやはり必要だと思います。(^_^)



iPhoneからの投稿
AD

初めての…

テーマ:

初めての外壁色です。
いままで出たことが無かったのでどんな感じになるのか楽しみでしたが、なかなか渋い感じになりました。
photo:01


Y様、予想通りでしょうか?
日本ではあまり見ませんが、確かに本国ではこの色はたまに見かけます。

中では階段手摺工事の最中でした。
輸入住宅か風かはこのパーツでかなり変わります。
今回お客様にはがんばっていただきましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ
photo:02




iPhoneからの投稿

着工・・・

テーマ:

守山市Y様邸着工しました。

かなり勾配があります。計画当初は涼しかったのですが、もうすぐ夏で今日は30度。

斜面の上り下りが堪えます。


家人(うちんちゅ)日記

かなり木が生い茂っていたので開墾から始めました。

まさに(名古屋なの)自然との戦いです(`・ω・´)


曇り…

テーマ:

数ヶ月前から企画していた子供会の行事。当日雨になりそうでハラハラしていましたが、祈りが通じたようで、涼しくて却って快適な天気になりました。
たった2時間弱の為に、大の大人が時間を割いて何日も取り組みます。
学生のころは、当たり前でしたが、大人になると、常に損得で物事をかんがえるようになりますので、発想が縮こまってしまいます。
今回は久し振りにやるほうも楽しめたと思います。まさにこの過程こそが尊いものだと感じました。
また次の機会を探して取り組みたいてます。
photo:01


photo:02


photo:03




















iPhoneからの投稿

耐震補強…

テーマ:
通りがかりで見かけた不思議な装飾。
どうも耐震補強のようです。
photo:01


無機質な構造候の補強が多い中、なかなかアートしてまして関心しました(´Д` )

さすが瀬戸の古い街です♪( ´▽`)



iPhoneからの投稿

一言で・・・

テーマ:


家人(うちんちゅ)日記

家人(うちんちゅ)日記

家人(うちんちゅ)日記
全く家に興味などない、スポーツジムの先生との会話


先生「小栗さん仕事なにやってられるんですか?」(・∀・)

小栗「住宅を手がけております。主に輸入住宅です。」(‐^▽^‐)

先生「普通の住宅と輸入住宅の違いってなんですか?」(・∀・)

小栗(長く話しても聞いてないだろうな~・・・。60%以上の資材を使って・・・違う、住まい方の思想と哲学が・・・わからんだろうな~・・・)(´・ω・`)

    「当社のホームページを見てください・・・」(´□`。)


とっさに一言で言えない事には、忙しい人には伝わりません。

まだまだ修行が足りないと感じました。Y(>_<、)Y

画像があれば一発なのですがね。(´д`lll)


色々…

テーマ:

通りがかりで見掛けた新築のお宅。あんまり色々と(+_+)だったので、写真撮りました。
photo:01




人は生まれながら容姿は選べませんが、家はこれから造るものですから、ある程度はなんとかなります。
自分しか住まないので、そんなのどうでもいい?

いえいえ、長い間多数の人に見られるのですよ( ;´Д`)
せっかくなのでもっと美人に造ってあげて欲しいものです。。・゜・(ノД`)・゜・。

子供会の丸太切イベント。
ひと工夫して、コースターに。
これで只の木片から、思い出の品に変わります。
photo:02




iPhoneからの投稿