モコモコペンの意外な効果

テーマ:
以前、モコモコペンで縁取ったものに色を塗らせるとはみ出しにくいという記事を読んで試し始めたと書きました。
こんな感じにあらかじめ縁取り、色鉛筆などで塗らせます。

それを繰り返していたら、意外な効果がありました。なんと、モコモコペンで塗った絵を描くようになったんです。
前にもクラゲを描くようになったと紹介しました。元はこの絵↓
それがこんな感じに↓
上の方の緑の魚とオレンジのクラゲですよ。アウトラインを水性ペンで描いてから色鉛筆で色を塗ってくれました。
なんと、切り取り用のハサミまで忠実に書いてくれてます!
下の方に貼ってあるチューリップとひまわり?の原画はこれ↓

ソフトクリームとクローバーも
こんなふうに↓
まぁ、クローバーは描ききれていませんが…

療育先のSTさんに話したら、たっくんは形を捉えられたら描けるようになるタイプなんだと言われ、納得。モコモコペンでアウトラインをはっきりさせることで形を認識して絵にしやすくなったのですね。

この調子でしばらくはモコモコペン塗り絵やりたいと思います。

ちなみにモコモコペンはサクラクレパス  のこちらを使用↓
発色はいいけど高いです。

ダイソーで販売してるのはこちら↓
我が家の猫、シマコちゃんがご紹介^_^
ダイソーのぷっくりペンは半透明できれいですが、しっかりアウトラインを意識させるためには少々物足りません。はみ出し防止のためだけならこれでも十分ですが。

お絵描きなかなかうまくできないお子さん、一度試してみてくださいね〜。