「ビジネスエリートの新論語」 司馬遼太郎 | 瞬間(とき)の栞 

瞬間(とき)の栞 

幸せ、癒し、心の栄養になる「本と言葉」をご紹介してゆきます。
個人的な読書感想文、読書随想です。本の内容、あらすじができるだけ解るように努めています。
ただしネタバレがありますので充分ご注意ください!

 

「人間、おのれのペースを

 

悟ることが肝心や」

 

 

 

 

 

 

   「ビジネスエリートの新論語」 司馬遼太郎

 

 

 

 

 

 

かつて 『ビブリア古書堂の事件手帖2』
を読んだ時のことです。
 
 

 

 

 

 

その物語の中で、とても気になった

本がありました。

 

 

 

それが

 

 

 

「名言随筆サラリーマン

ユーモア新論語

福田定一著

 

 

 

ひときわ大きな邸宅に住んでいた

高坂晶穂は、父親が亡くなったあと、

自分宛てのメモが残っていることに

気づきました。

 

 

 

そこには、晶穂の父の蔵書の

処分についてのことが書かれて

いました。

 

 

 

自分の蔵書を「ビブリア古書堂」に

売って、値のつかないものも全部、

家から運び出して処分するようにと。

 

 

 

晶穂は、ビブリア古書堂で働く

五浦大輔と学生の頃つきあって

いました。

 

 

 

晶穂のお父さんは、まだ、古書の

知識のない大輔を経由して、娘に

この「名言随筆サラリーマン」が

渡るように仕向けていました。

 

 

 

お父さんは、この本をとても大切にし、

自分のお守りとして所持していました。

 

 

 

直接、渡したらいいのにと思う

でしょうが、それにはそうしないと

いけない理由があったのです。

 

 

 

晶穂は、父親の愛人との

娘でありました。

 

 

 

だから、生前、娘と父の会話という

会話はなかったといいます。

だから、余計に、働く娘に何か

大切なことを伝えたかったので

しょう。娘にとっても、この本が

お守りとなるように。

 

 

小さな便せんが、本に

挟んでありました。

 

 

 

「晶穂へ           父」

 
 
 

この本は希少本なので、本当は

とても高い値の付く本でした。

 

 

 

そんな高い値の付く本を、愛人の

娘にはそう簡単に手渡せません。

家族は、父の蔵書の中に何十万と

高く値の付く本があると知っていた

からです。

 

 

 

 

なので、買い取りには古書の知識が

あっては困るのです。高く買い取られ

てしまい、娘の手にこの本が渡らなく

なります。

 

 

 

お父さんは、値のつかない本の中に

この1冊をうまく潜ませていました。

 

 

 

しかし

 

 

 

大輔に同行したビブリア古書堂の

店主・栞子さんは、本の知識が

あります。何よりも本が大好きな

「本の虫」なのであります。これまでも

本にまつわる謎を解いてきました。

 

 

 

その栞子さんも、見落としてしまいました。

この本の著者・福田定一という名前を。

 

 

 

でも、ギリギリの段階で気づくのです。

司馬遼太郎の本を愛読していた彼女の

お父さんの蔵書を手がかりにして

栞子さんは、古書の謎を解きました。

 

 

 

僕も司馬遼太郎さんの本は、よく読み

ましたが全くわかりませんでした。

福田定一と司馬遼太郎に何の関係が

あるのか?

 

 

 

そもそも、福田定一ってたれ、、

 

 

 

 

栞子さんは、言います。 

 

 

 

 

「・・・・・・福田定一は、司馬遼太郎の

本名です」

 

 

 

(中略)

 

 

 

司馬遼太郎は自著で生い立ちについて

あまり触れなかったようですが、この

本では二十代の頃の体験談をエッセイ

風に書き記しています。

 

 

 

終戦直後、復員した福田定一青年は、

いくつかの新聞社を渡り歩いて、様々な

苦労を重ねたようです。

 

 

 

当時の読者もそういう記述に共感

したんじゃないでしょうか・・・・・・

 

 

 

 

それが本書、「ビジネスエリートの新論語」

刊行時のタイトル「名言随筆サラリーマン

ユーモア新論語 」。

 

 

 

 

晶穂は『名言随筆 サラリーマン』を手に

取り、しげしげと表紙を眺めた。

 

 

 

「この本、父が大事そうに読んでいるのを、

見た気がします」

 

 

(以上 「ビブリア古書堂の事件手帖2」 三上 延 より引用)

 

 

 

幻の本だというので、読むことはきっと

できないだろうなぁと思っていたところ、

その「名言随筆サラリーマンユーモア

新論語」が、2016年の12月に、新書

「ビジネスエリートの新論語」となって

復刊されたのです。

 

 

 

サラリーマンに関するエッセイなの

ですが、昭和30年の本なので、

古くてわからない部分が多いかな?

って思いましたが、現在に通ずる

ものも多く、時代が移り変わっても

サラリーマンの本質はあまり変わ

っていないと感じました。

 

 

 

本書は、古今東西の名言を引用して

サラリーマンとは?を掘り下げています。

とても楽しく読ませてもらいました。

 

 

 

やはり、司馬遼太郎さんだと思ったのが、

いきなり大江広元が出てきます。

彼は、鎌倉時代に源頼朝に仕えました。

 

 

 

サラリーマンとして長く身を置きたいなら、

参考にできるのではと思った司馬さんの

言葉。

 

 

 

保身に成功した第一の理由は、

保身家のくせに遊泳家ではなかった

ことである。

 

 

 

決して彼は、積極的に出世を企て

ようとは思いもせず、しもしなかった。

専務や社長になろうとは思わなかった

のである。

 

 

 

出世のために人の頭をフンづけ、

押しのけ、謀殺するというような

ことはしなかった。

 

 

 

(中略)

 

 

 

すべて彼の思考と行動の基準は、

鎌倉秩序のためということにあった

のである。役に立つ上に、公正、

これではだれも彼を蹴落とすわけ

にはいかなかったにちがいない。

 

 

 

 

「顔に責任を持つ」という言葉が

ありました。

 

 

 

リンカーンの言葉を引用しています。

 

 

 

四十歳を過ぎた人間は、自分の

顔に責任をもたねばならぬ。

<リンカーン>

 

 

 

その道を追求し、年月を経ると

画家は画家らしい顔になるし、

落語家は落語家らしい顔になって

いくように思います。

 

 

 

ミュージシャン、写真家、作家

スポーツ選手、医者など

それぞれの分野のオーラが

滲み出て、深みのある顔つき、

風貌を纏ってきます。

 

 

 

四十をすぎれば強盗はズバリ

強盗の風ぼうを呈するものだ。

 

 

 

教養、経験、修養、性格、若い

サラリーマン時代のすべての

集積が、四十を越してその

風ぼうに沈殿する。

 

 

 

逆説的にいえば、四十以後の

サラリーマンの運命は、顔によって

決定されるといっていい。

 

 

 

 

自分の顔は、自分では見れません。

それだけに、気を付けないといけません。

自分では全く気付かない真実が顔に

浮かび上がっているのだと。

 

 

 

表面を着飾って何とか通用するのは、

30代まで。40代になるとそうは

いかなくなるのですね。

 

 

 

僕も今更ながら、精神内容を見直さ

なくてはと思った次第です。

 

 

 

ヴァレリーは、この恐るべき顔の

再生を、こう表現している。

 

 

「人間は、他人の眼から最も

入念に隠すべきものを、人々の

眼に曝して顧みない」

 

 

 

 

これは、違うと思った記述もありました。

 

 

 

女性に関する記述は、当時と大きく

考えが変わっているし、それは違うと

はっきり言えるでしょう。

最初のページで、不適切とされる

表現が散見されますが・・・とことわり

入っているほどです。

 

 

 

 

さて、僕はこの本を読んで、

第二部にとても共感しました。

 

 

 

今までは、古今東西の名言を引用

してのお話でありましたが、ここ

からは福田定一さんの新聞記者と

しての体験談から導かれた名言

なのであります。

 

 

 

新聞記者時代に出会った、老サラリー

マンが、福田定一さんに多大な影響を

与えたのです。

 

 

 

私は、ときどき、あの二人の老人を想い

出すことがある。たいていは、幸福な

瞬間ではない。自分の才能に限界を

感じた夜、職場で宮仕えの陋劣さに

うちのめされた夕、あるいは、自分が

これから辿ろうとする人生の前途に、

いわれない空虚さと物悲しさを覚える

日など、私は決まってあの二人の

老人を憶いだすのだ。

 

 

 

組織の中に身を置いての「大成」
とはどういうことなのか?
 
 
 
この二人の新聞記者にとっての
「大成」とは?
 
 
 
松吉淳之助氏
 
 
「部長や局長になろうという気持ちが
キザシタ瞬間から、もうその人物は
新聞記者を廃業してると見てええ。
 
 
(中略)
 
 
大成とは、この世界の中で大成する
ことであって、この世界から抜け出て
重役になったところでそれはサラリーマン
としての栄達じゃが・・・・・・。
 
 
 
昔の剣術使いが技術を磨くことだけに
専念して、大名になろうとか何だとか
考えなかったのとおんなじことだよ。
 
 
ところが困ったことに、いかに特種を
書き、いかにうまい記事を書けたところで、
新聞を離れたら、この技術だけは身すぎ
世すぎに何の役にたつちゅうもんじゃない。
ツブシが利かん。
 
 
 
で、老齢になって仕事が出来なくなったり、
誰かと喧嘩して辞めたりすると、何をする
ちゅうこともない。ただ、おれの現在の
ようになるしか手がないんだよ。
 
 
これがいわば、新聞記者としての大成だ。
世間じゃ名づけて敗残者とでも云うかも
しれんがね、本人さえその一生に満足
すればそれでええじゃないかな」
 
 

 

高沢光蔵氏

 

 

「人間、おのれのペースを悟ることが

肝心や」

 

 

「ペースを悟ったら、崩さず惑わず

一生守りきることが大事でんな」

 

 

「ここに一匹の小虫がいる。これを

ひねりつぶしたところで、誰も気づかず、

世界のどこにもいかなる小波紋も

起こらない。

 

 

そういう小虫であることが私の人生の

理想だ」

 

 

 

 

たとえ人が自分のことを、どのように
言おうと、どのように感じようと、どんな
風に思われようと、「そういうものに
私はなりたい」と思いました。

 

 

 

福田定一は、この二人のサラリーマンに

人生の大きな教えを受け、後世に残る

大作家・司馬遼太郎になったわけです。

 

 

 

 
 
【出典】
 
  「ビジネスエリートの新論語」 司馬遼太郎  文春新書
 
  「ビブリア古書堂の事件手帖2」  メディアワークス文庫
 
 

 

陋劣(ろうれつ)・・・ いやしく軽蔑すべきであること。

また、そのさま。卑劣。

 
 
 
 
 
 

いつもありがとうございます!流れ星

 

みなさまのクリックのおかげで、励みになって

います。心より感謝申し上げます!(‐^▽^‐)