「寂聴 あおぞら説法Ⅱ」 瀬戸内寂聴 | 瞬間(とき)の栞 

瞬間(とき)の栞 

幸せ、癒し、心の栄養になる「本と言葉」をご紹介してゆきます!
個人的な読書感想文、読書随想です。本の内容、あらすじができるだけ解るように努めています。
ただしネタバレがありますので充分ご注意ください!


テーマ:

 

「人間はなぜ生きているのか

 

子どもに聞かれたら、人を

 

喜ばせるために生きているんだよ、

 

と教えてください。」

 

 

 

 

 

 

「寂聴 あおぞら説法Ⅱ」 瀬戸内寂聴

 

 

 

 

 

 

 

「寂聴 あおぞら説法」の第2弾

 

 

 

 

寂聴さんが、、51歳で出家されて

岩手県の天台寺の住職になり、

「寺の復興とは何をすればよいか?」を

考えつづけ、一番大切なことはお寺に

一人でも多く参詣者に詣ってもらうこと

だと、はじめたあおぞら説法。

 

 

 

 
 
 
本書は、前回と同じように、すべてが
話し言葉で書かれていて、目の前で
寂聴さんがお話しされているかの
ように思えます。
 
 
 
 
その中で
 
 
 
 
何度か出てくるお話がありました。
 
 
 
 
それが
教育のこと。
 
 
 
 
今の世の中、いっぱい悪いことが
起こって、気が滅入っている方も
多くいらっしゃると思います。
 
 
 
 
こういう恐ろしいことが、起こる
こともちゃんとした原因があると
寂聴さんは、おっしゃっているのです。
 
 
 
 
その原因は何かと言いますと、
太平洋戦争後に占領国の
アメリカに、それまで長い歴史の
なかで培ってきた日本のいいもの、
いい習慣をすべてなくされたこと
です。それがいちばん顕著に
あらわれたのが教育でした。
 
 
 
 
想像を超えた、事件や事故、
恐ろしい出来事が起こるのは
どうしてなのか?
 
 
 
 
それを防ぐことはできないものか?
原因はどこにあるのか?
 
 
 
 
それを寂聴さんは、きっぱりと語ります。
そのことが、本書でいちばん共感した
ことでもありました。
 
 
 
 
寂聴さんは、聴衆にこう語るのです。
 
 
 
 
この原因は、今までに何度も申しましたように、
戦後の日本の教育が悪いのです。
 
 
 
教育は知識を詰め込むのではなくて、知恵を
教えなければいけません。
 
 
 
知恵とは、生きていくうえで、いろいろな立場に
立って、どうすればいいのかを判断する能力
のことです。
 
 
 
(中略)
 
 
 
ところが戦後、特に最近は、その人間の普通の
心が失われ、とかく自分さえよければいい。
 
 
 
自分の欲望さえ満たせばいいという利己主義に
なってしまいました。
 
 
 
 
(中略)
 
 
 
 
これを改めるには、教育しかないのです。
 
 
 
 
人間の欲望は、尽きるものではありません。
 
 
 
 
欲望は、満たせば満たすほど、大きな
欲望となって自分を追い込みます。
苦しみとなって返ってくるのです。
 
 
 
 
これには、教育や躾が大切だと寂聴さんは
法話の中で何度も語っておられるのですね。
 
 
 
 
人間は誰にだって少なからず
欲望があります。
 
 
 
 
自分だけが欲望を満たすのではなく、
このように考えると、生きている上での
充実感、心を満たすこと、すなわち、
幸せになるのではないかと思ったのが
・・・・・・
 
 
 
 
人間は死ぬんです。今日、ここで
ワッハハハハと笑っていらっしゃる、
元気いっぱいの皆さんも、やがて
死ぬんです。それを覚悟してください。
 
 
 
 
ですから、どうせ死ぬのなら生きている
間に、ひとつでもふたつでも人を喜ばせて
ください。
 
 
 
 
人に優しくしてください。
それが愛です。
 
 
 
 
人間はなぜ生きているのかと子どもに
聞かれたら、人を喜ばせるために生きて
いるんだよ、と教えてください。
 
 
 
 
お金持ちになるためでも、偉い人になる
ためでもありません。
 
 
 
 
人を喜ばせるために、人の悲しみを自分の
ことのように思いやることができる優しい
心を持つために、この世に生まれてきたの
だよということを、教えてください。
これが躾の根本です。
 

 

 

 

私たちが神様から与えられた力が
あります。
 
 
 
 
それは、自分を幸せにする
力ではなく、人を幸せにする力
なんですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
ご紹介した質問です。
 
 
 
 
あなたなら、どちらが嬉しいでしょうか?
 
 
 
 

自分で花屋で買った花束と、誰かから

プレゼントされた花束、どっちがうれしい

ですか?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

自分で自分にバラを買ったり、自分で自分に

やさしい言葉をかけたりしてもあまり心には

響きません。


 


 

しかし人からもらった気持ちやプレゼントは

心にガツンと響きます。

 
 
 
 
つまり
 
 
 

 

幸福とは・・・・・・・・わかち合うことです!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また、やなせたかしさんは、こう語りました。
 
 
 
 

人を喜ばせることがいちばん

楽しいことだということが、年を

取るごとにだんだんわかって

きました。


 

 

 

だから「人生は喜ばせごっこ」なのです。


 

 

 

僕たちが生きているのは、人を

喜ばせるためなのです。

 


 

 

どんな人も、誰かが喜ぶ顔を

見ているのがいちばんうれしい

のです。


 

 

 

【出典】

 

「絶望の隣は希望です!」 やなせたかし 小学館
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人を幸せにすることは、自分を幸せにすること。
寂聴さんは、人を簡単に幸せにする方法が
あるとおっしゃっています。
 
 
 
 
それが
 
 
 
 
和顔施(わがんせ)
 
 
 
 

笑顔の人がいると、まわりの人の心は

ホッとしますよね。人の気持ちを優しく

するもんです。これを、和顔施(わがんせ)

と言います。

 
 
 

 

私たちは、みんな苦しみを持っています。

それに耐えて生きているのです。


 

 

そういうことを思いやって、どなたにも、

優しくしてください。そして、どなたを

見ても、にっこりとしてください、


 

 

これを仏教では「顔施(がんせ)」、

あるいは「和顔施(わがんせ)」と

いいます。

 


 

 

笑顔を、優しい顔を人に施すということです。

 

 

 

 


和顔施(わがんせ)で人を幸せにできます。

 

 

 

 

人生は、喜ばせごっこなのです。

 

 

 

 

 

そうすると

 

 

 

 

 

つぎに

 

 

 

 

 

神様は、あなたをきっと幸せにします!

 

 

 

 

 

しないではいられないのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【出典】

 

「寂聴 あおぞら説法Ⅱ」 瀬戸内寂聴 光文社

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます!流れ星

 

みなさまのクリックのおかげで、励みになって

います。心より感謝申し上げます!(‐^▽^‐)

shinku さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ