「コンビニ人間」 村田沙耶香 | 瞬間(とき)の栞 

瞬間(とき)の栞 

幸せ、癒し、心の栄養になる「本と言葉」をご紹介してゆきます!
個人的な読書感想文、読書随想です。本の内容、あらすじができるだけ解るように努めています。
ただしネタバレがありますので充分ご注意ください!


テーマ:

 

「身体の中にコンビニの『声』が

 

流れてきて、止まらないんです。

 

私はこの声を聴くために生まれて

 

きたんです」

 

 

 

 

 

 

「コンビニ人間」 村田沙耶香

 

 

 

 

 

 

人は、人として絶対に
やってはいけないことが
あります。
 
 
 
 
瀬戸内寂聴さんは、こう語っています。
 
 
 
 
人を殺すのは悪い、盗むのは悪い、
嘘をつくのは悪い。
 
 
 
これは仏教で言えば戒律です。
「人間として、絶対に、してはいけない」
ことなのです。
 
 
 
人間である証拠のバッジのような
きまりなのです。
 
 
 
「してはいけない」ということが、人間には
初めからあるのです。人をいじめたら
いけないのです。
 
 
 
今政治家は嘘ばかりついておりますけども、
嘘をついてはいけない。盗んではいけない。
 
 
 
屁理屈など、なにも要りません。「してはいけない
のよ」ではなく「するな」と言うべきことなのです。
 
 
「寂聴あおぞら説法Ⅱ」 光文社 より
 
 
 
 
 
その人間としての戒律以外、いろんな生き方、
考え方、価値観があって当然です。
 
 
 
 
しかし
 
 
 
 
人は、「普通」という価値観で人を縛って
はいないでしょうか?
 
 
 
 
そのことについて、以前の記事でも
少し触れたことがあります。
 
 
 
 
前々から、ずっと考えていたこと
でもありました。本書を読んで
さらに深く考えさせられました。
 
 
 
 
 
 
 
 
コンビニのアルバイト歴18年の古倉恵子は、
36歳 。コンビニ以外で仕事をした経験が
ありません。
 
 
 
男性とおつきあいした経験もありません。
いや、そんなことに興味も湧かないようです。
女性がよくする友だちとのおしゃべりや、
ファッションのことにもまったく無関心。
 
 
 
だから
 
 
 
惠子は、コンビニ店員の女性のしゃべり方を
真似したり、コンビニ店員の女性のファッション
を真似したりして、独自に世間一般の「普通」
を演じて、なんとか社会に棲んでいるのです。
 
 
 
コンビニの仕事以外、とくに興味がなく
コンビニを通してしか社会とつながれ
ないといった感じなのです。
 
 
 
つまり
 
 
 
コンビニという世界でしか彼女は
人間として生きていけない、
まさに、「コンビニ人間」なのです。
 
 
 
子供の頃は、他の人と考えることが違っていて
家族、周囲を驚かせていました。
 
 
 
はたから見ると、「普通」という感覚を
持ち合わせていないのです。
 
 
 
コンビニ店員としては、とても優秀です。
コンビニと一体化しているかのようです。
 
 
 
店内の微妙な音や、お客さんの行動を
すばやく察知し、次に起こることが
瞬時に予測でき、すぐに身体が反応する
といった最高の店員さんであります。
 
 
 
でも
 
 
 
恵子本人にはまったく日常の「普通」の
感覚が欠落しています。わからないのです。
わかろうとも思いません。ただ不自由なので
なんとか人の模倣をしているだけです。
コンビニで働いている瞬間(とき)だけが
彼女は幸せなんです。
 
 
 
 
「気が付いたんです。私は人間である以上に
コンビニ店員なんです。
 
 
 
人間としていびつでも、たとえ食べて行けなくて
のたれ死んでも、そのことから逃れられないん
です。
 
 
 
私の細胞全部が、コンビニのために存在
しているんです」
 
 
 
 
 
「普通」ではない、異質な、白羽という男性が、
恵子の働くコンビニにアルバイトで入って
きました。
 
 
 
恵子のように、よく働く店員ではなく、コンビニが
好きでもなく、働くことを否定しているような
厭世的で、まったく社会やルールを無視した
かのような異質な人間です。
 
 
 
 
彼は、恵子のように「普通」を模倣したり
演じることはしませんでした。
 
 
 
 
社会は、そんな彼を許しません。
白羽は、すぐにコンビニを
辞めることになります。
 
 
 
 
この世の中では、「普通」という
不可思議が、形をいびつに変えながら、
心の中に寄生し、それが少しでも
違うとなると、異質が入り込んだと
感知し、いつでも攻撃、排除しようと
しています。

 

 

 

 

しかし
 
 
 
 
その普通は、感心するものなのか?
憧れるほど素晴らしいものなのか?
その普通は、空虚なものではないのか?
だから人は彷徨っているのではないか?
僕は、あちら側に行ったり、こちら側に
戻ったり、彷徨っていました。
 
 
 
 
本書を読んでいると、『普通』、『一般的』と
思われているものが虚しく思えることが
多々ありました。
 
 
 
「普通」でいると、人の視線を気に
しないですむので、楽なのかもしれない。
まわりに振り廻されずにすむのかも
しれない。
 
 
 
 
しかし
 
 
 
 
自分の住みやすい空間を放棄して
よいのか?
 
 
 
それは苦しい生き方ではないのか?
 
 

 

お互いを尊重し、配慮し、

生きやすい道を模索しながら
しっかりとその道を踏みしめてゆく!
その勇気をもたなければいけない。
ふいに疑問の刃が、深く深く突きつけ
られ、えぐられる感覚がありました。
 
 
 
 
このような感覚の小説が世に出てきて、
多くの方に読まれるというのは、
人々の意識の中で、何かが変わってゆく
のではないのか?というのを感じました。
 
 
 
今日より明日が、明日よりあさってが
少しずつよくなっていくように。
そんな風に願いつつ・・・
 
 
 
 

 

 

【出典】

 

「コンビニ人間」 村田沙耶香 文藝春秋

 

 

 

 

 

P.S. 「コンビニ人間」を読み終わったあと、ふと

太宰の香りが僕の鼻腔をくすぐりました。

ひさしぶりに太宰治を読みたくなりました。

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます!流れ星

 

みなさまのクリックのおかげで、励みになって

います。心より感謝申し上げます!(‐^▽^‐)

shinku さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ