「ママを休んでよむ絵本」 佐野裕二 | 瞬間(とき)の栞 

瞬間(とき)の栞 

幸せ、癒し、心の栄養になる「本と言葉」をご紹介してゆきます!
個人的な読書感想文、読書随想です。本の内容、あらすじができるだけ解るように努めています。
ただしネタバレがありますので充分ご注意ください!


テーマ:

 

「 何一つ 思い出せない 

 

空白の日々だからこそ

 

心から 心から 『ありがとう』 

 

本当に 『ありがとう』 」

 

 

 

 

 

 

「ママを休んでよむ絵本」 佐野裕二

 

 

 

 

 

 

当ブログをはじめる前に、

いくつかホームページや

ブログをやっていました。

 

 

 

 

その中の1つに、趣味の

アコースティックギターを

使って曲をつくり、音声の

ブログに載せていました。

HNは今とちがいます。

 
 

 

 

歌はなく

曲のみです。

 

 

 

 

その曲に、詩を作ってくださった方が

いらっしゃいました。

 

 

 

 

その方が

 

 

 

 

本書の著者 佐野裕二さん

だったんです。

 

 

 

 

驚きました。

嬉しくて、なんども なんども

読み返しました。

 

 

 

 

佐野さんは、飲食業界のコンサルタントを

されていて、ご著書も多数あります。

 

 

 

 

そんなすごい方が、本当に目立たなく

ごくひっそりとやっていた僕の趣味の

ブログに立ち寄ってくださり、詩を投稿

してくれたのです。

 

 

 

 

素敵な詩で、詩人の方かと思いました。

 

 
 

 

ご著書は、ビジネス書が多いのですが、

1冊だけ、詩の本がありました。

 
 
 
 
それが
 
 
 
 
「ママを休んでよむ絵本」です。
 
 
 
 
育児の絵本ではなく
ママのための絵本です。
 
 
 

 

ママとなったひとりの女性が
ここに収められている詩を
読むと、何か大切な今までの
変遷を思い出すのではない
のでしょうか。そんな感じが
しました。
 
 
 
 
楽しかったこと
 
辛かったこと
 
切なかったこと
 
よろこんだこと
 
涙したこと
 
 
 
 
 
昔の恋人が、今のあなたに手紙を
したためてくれているようであったり、
子供の頃に戻って、あのときの風景や
匂いを思い出したり、プロポーズの
瞬間が胸の奥でまわりだしたりします。
 
 
 
 
きっと
 
 
 
 
いちばんうれしかったのは、
あなたのおなかに命が宿った
ってことじゃないかな?
 
 
 
 
口では言ってないけど、
いつもいつも、母であり、妻である
あなたに感謝しているんです。
 
 
 
 
君に伝えたいこと
 
いつも いつも
 
ありがとう
 
 
 
 
「最後のおっぱい」
は、赤ちゃんの最初の卒業。
 
 
 
 
嬉しいけど、せつない。
 
 
 
 
おっぱいをあげているしあわせや、
あったかく抱きしめていて、一番
近い距離で、赤ちゃんの無心に
吸いつく顔をもう見ることのできない
さみしさが伝わってくる詩でした。
 
 
 
 
佐野さんの絵本をはじめて読んだ頃
僕の子供は、まだ物心がついていない
ときでした。
 
 
 
「こんなにかわいいと思って強く
抱きしめても、いっしょにおどけて
笑いあっても、お風呂で歌ったり
しても、きみはこのことを全く覚えて
いないんだろうな。」
 
 
 
 
そんなことを思っていたとき、
僕自身の「空白の日々」が
よみがえってきたのです。
 
 
 
 
僕にも物心がついていない
頃がありました。
 
 
 
 
空白の日々 私の寝顔も
 
やっぱり 天使のようでしたか
 
 
 
 
きっと
 
 
 
 
父や母もかつて、今、僕がこどもを
つよく抱きしめていたように、僕を
愛情を持って抱きしめてくれて
いたのですね。
 
 
 
 
私の『ありがとう』 お返しするように
 
強く 強く あなたの 空白の日々を
 
抱きしめている
 
 
 
 
「だから、いつか、きみが大人になって
きみの赤ちゃんを抱きしめたとき、
父と母のことを思いだして、「きみへの
思い」を感じてくれたらうれしいなぁ。」
 
 
 
 
何一つ 思い出せない 空白の日々だからこそ
 
心から 心から 『ありがとう』 本当に 『ありがとう』
 
そして今 私は 愛する我が子の
 
空白の日々を 抱きしめている
 
 
 
 
佐野裕二さんの詩は、素敵です。
ほんとうに素敵です。
この詩は、佐野さんにしか
書けない詩です。
 
 
 
この絵本以外にも、いろんな詩を
読んでみたくなります。
 
 
 
僕のサイトにも、3つほど詩を書いて
頂きました。すべて感動しました!
 
 
 
この場をお借りして、心より感謝
申し上げます。
 
 
 
この絵本の絵もとてもやわらかく
見ているだけでやさしい気持ち
になれる絵です。
 
 
 
ママだけでなく、パパもいろんな
ことを思い出し、癒される絵本
だと思います。
 

 

 

 

 
 

 

 

 

【出典】

 

「ママを休んでよむ絵本」 佐野裕二 新風舎

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます!流れ星

 

みなさまのクリックのおかげで、励みになって

います。心より感謝申し上げます!(‐^▽^‐)

shinku さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ