「知ることより考えること」 池田晶子 | 瞬間(とき)の栞 

瞬間(とき)の栞 

幸せ、癒し、心の栄養になる「本と言葉」をご紹介してゆきます!
個人的な読書感想文、読書随想です。本の内容、あらすじができるだけ解るように努めています。
ただしネタバレがありますので充分ご注意ください!


テーマ:

 

「他人を気にして、

 

他人と幸福を競おうとするから、

 

人は不幸になる。」

 

 

 

 

 

 

「知ることより考えること」 池田晶子

 

 

 

 

 

 

僕は考え込んでしまいました。

本書を読んで。

 

 

 

しばらく考えていました。

 

 

 

考えても、考えても、やっぱりわからない。

 

 

 

でも、考えないといけないと、

また考えました。

 

 

 

池田晶子さんの言葉は、書かれている言葉を

額面どおりに受け取ってはいけない。

逆説的にも考えなければならない。

深く、深く、考えないといけない。

 

 

 

辛辣な言葉もありました。

 

 

 

自身(池田晶子さん)の考えを押しつけている

のではないかという言葉もありました。

 

 

 

しかし

 

 

 

そんなことを超越して、心に深く突き刺さるものが

あるのです!

 

 

 

本当に人は、どこまで深く考えているのだろう。

 

 

 

考えていると言いながら、僕自身は全然考えられて

いないということを、読んでいる瞬間つきつけられました。

 

 

 

僕は、考えるというそのものに全然

至っていないということ。

 

 

 

 

池田さんの言葉を浴びつづけていると、言葉が感情に

変換され、文字という記号が、自分の体の中心に、

確実に、 「?」 という根をおろします。

 

 

 

その 「?」 とはなにか?

 

 

 

生とは? 死とは? 考えることとは?

 

 

 

今ここに存在しているということは、当たり前のこと

なのだろうか?不思議ではないのか?

 

 

 

外からの情報や、今まで生きて学んできた当たり前が、

今の自分をつくり、それがごく当たり前として成り立って

いる。

 

 

 

しかし

 

 

 

 

思索することによって、その当たり前が揺らぎ

もののみごとに崩壊してしまうのです。

 

 

 

 

我々は、社会を変えようとするより先に、するべき

ことがある。それこそが本当に確実な道なのである。

 

 

 

ただし少々時間はかかる。しかし宇宙の時間を

想えばいい。

 

 

 

 

考えること。

 

 

 

 

考えるとは、「本質の洞察」を行うことだと

池田さんは言う。

 

 

 

 

宇宙の神秘もそうですが、身近なことを考えると、

自分が今ここに存在すること自体がとても神秘

だと思いませんか?

 

 

 

 

人間、生まれてきたことによって、必ず死ぬ。

 

 

 

 

今生きていることは、幻想の中に生きていること

なのではないかとこの頃、僕は思っています。

 

 

 

今を幸せだと感じる。

 

 

 

このことが、幸せなんだと思っています。

 

 

 

不安になって、いろいろ先のことを考えてしまいますが、

なるべく考えないようにする。

 

 

 

今この瞬間、生きていることに喜びを感じ、自分が

活き活きとするようなことを見つけるようにする。

 

 

 

人と比べない。比べてしまうことによって、嫌な

思いになりますし、そうなるなら比べない方が

幸せを感じる。

 

 

 

過去を振り返ったとき、「どうにか今までやってきた

んじゃない!」 「辛いこともいっぱいあったけど、今

こうやってここに生きているじゃない!」

 

 

 

だから何とかなりますよ!

先のことは先で考えたらいいし!

 

 

 

 

人生には今しかない、寿命なんてものは結果に

すぎないという、当たり前のことを言っているだけで

ある。

 

 

 

幸せになるということは、我々が思っているよりも、

難しいことではないのかもしれないのである。

 

 

 

 

考える(本質の洞察)ことをするということは、

生きている上での怖さを軽減できることかも

しれない。

 

 

 

考えて、考えて、怖さを軽くすることで、幸せをより実感

できるようになるのかもしれない。

 

 

 

 

そのことを本書を読んで、深く感じました。

 

 

 

 

最後に

 

 

 

 

嫌な思いを回避するには、こう考えればいいのでは

ないかと、この言葉を心に刻みました。

 

 

 

 

「負組み」に回り、絶望して死にたくなっているあなた、

どうです、あなたもここらで幸福になりませんか、難しい

ことじゃない、簡単なことなのだ。

 

 

 

他人の言うこと他人のすることを気にしなければいいだけだ。

 

 

 

他人を気にして、他人と幸福を競おうとするから、人は不幸に

なる。しかし、生きているのは私でしかないのだから、世界

とは私なのだから、私が幸福にならずに誰が幸福になる。

 

 

 

 

 

※ 生死についてのお話もたくさんありましたが、それに

つきましてはまた、池田晶子さんの別書で触れて考えて

みたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

【出典】

 

「知ることより考えること」 池田晶子 新潮社

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます!流れ星

 

みなさまのクリックのおかげで、励みになって

います。心より感謝申し上げます!(‐^▽^‐)

shinku さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス