「5分間で新しい自分になれる本」 宝彩有菜 | 瞬間(とき)の栞 

瞬間(とき)の栞 

幸せ、癒し、心の栄養になる「本と言葉」をご紹介してゆきます!
個人的な読書感想文、読書随想です。本の内容、あらすじができるだけ解るように努めています。
ただしネタバレがありますので充分ご注意ください!


テーマ:

 

「心は上手に運転すれば

 

軽快に走ります。

 

急ハンドルや急ブレーキを

 

かけないように、早め早め

 

に気づけば良いのです。

 

すると、気持ちの良い高原で

 

爽やかな風に吹かれるように、

 

いつも爽快でいられます。」

 

 

 

 

 

 

 

 

「5分間で新しい自分になれる本」 宝彩有菜

 

 

 

 

 

 

 

 

良い気分と悪い気分

 

 

 

あなたは、日常、どちらが多いですか?

どちらが長く続きますか?

 

 

 

僕は、良い気分のときでも、ちょっと

嫌なことがあったりしたら、ずっとその

ことをひきずってしまい、せっかくの

良い気分であっても台無しです。

 

 

 

そのうえ

 

 

 

どんどん悪い気分が増殖し、現実に

起こっていないことまでも、妄想して

しまいます。

 

 

 

 

良い気分 悪い気分

 

 

 

 

 

ということになってしまうんでしょうかね。

 

 

 

 

宝彩さんは、「はじめに」で、気分と思考に

ついて、こう語っています。

 

 

 

「良い気分は長く、悪い気分は短く」

といっても、悪い気分を変えるなんて

なかなか上手くできませんね。難しいです。

 

 

 

なぜ、難しいのでしょう?

 

 

 

実は、「気分」は、「思考」が走った後に

ついてきます。

 

 

 

良いことを考えていると、良い気分がついて

きます。まるで、ジェット機の飛んだ跡に

飛行機雲が筋を引くように。

 

 

 

悪いことを考えていると、悪い気分がついてきます。

まるで、荷駄を引く馬の足跡に車がついていくように。

 

 

 

 

つまり

 

 

 

 

気分を変えようとしても、なかなか変わらない

そうです。

 

 

 

気分を変えるには、先行する「思考」を変えなければ

ならないと、宝彩さんは語っています。

 

 

 

これには、ちょっとしたコツと練習がいるんですね。

 

 

 

そのようなコツが、読者の悩みに答えるような

形で、本書に書かれております。

 

 

 

いろんなケースの嫌なこと、嫌な気分がありますが、

まずは、思考を変えることで、気持ちが落ち着く

のではないかと思いました。

 

 

 

ただし

 

 

 

思考を変えるのは、はじめは、なかなか難しい

とも思いましたが・・・・・・

 

 

 

僕が目に留まったのは、対人関係のことが

多かったですね。

 

 

 

 

中でも

 

 

 

 

苦手な人を好きになる方法はありますか?

 

 

人から非難されても傷つかないコツはありますか?

 

 

 

 

 

どうでしょう?

 

 

 

 

解決方法やコツ、なんか良い方法ってあるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルのとなりには、こう書かれていました。

 

 

 

 

苦手な人を好きになる方法はありますか?

イヤな人を好きになる修行をしているほど人生は長くありません。

 

 

 

 

苦手な人を好きになるのは、無理がある

ということなんです。

 

 

 

合わない人は、合わない。

 

 

 

思考を変えてしまいましょう。

 

 

 

宝彩さん、曰く

 

 

 

合わない人に多大なエネルギーを使ってくつろいだ

フリをするのは、無駄な我慢です。不健康です。

 

 

 

無駄なことはしないようにしましょう。

けんかをしなさいといっているのではありません。

上手に避けなさい。逃げなさいといっているのです。

 

 

 

(中略)

 

 

 

でも、あえて言います。嫌な人からは逃げなさい。

 

 

 

(中略)

 

 

 

誰かが嫌いならその誰かから逃げましょう。

好きになろうとか、仲良くなろうとか、はたまた、

好きになってもらおうとか、そんな甘いことは

絶対に考えないことです。

 

 

 

 

そう考えると、少しは気持ちが楽になったでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人から非難されても傷つかないコツは

ありますか?

否定されたら「忠告してくれる熱意はありがたい」と思い直しましょう。

 

 

 

 

自分の良くないことを指摘されることは、

本当に嫌なことです。

 

 

 

反撃しても決して気分は良くはならないし、

関係が悪くなるだけです。

 

 

 

そんなときには、こう考えるといいそうです。

 

 

 

「非難されたことは、もっともだ。

正しいことを言っている」と思えば

いいのです。

 

 

 

といっても、なかなかそうは思えませんよね。

ただ、暴れている心を落ち着かせるために、

そう思うようにがんばって言い聞かせるのです。

 

 

 

「思考」を変えるのです。

すると、「気分」が変わります。

 

 

 

もし、それでも「思考」を変えられなかったら、

一気に10年先送りするといいそうです。

 

 

 

「ご忠告、誠にありがとうございます。

おっしゃてることはよーくわかりました」と言います。

(当たるかどうかは、10年後になるまでわかりませんが、

しかし、あなたが今、ご自身のご気分を最悪にしてまで、

私に何か言おうとしてくださってる熱意は、よーくわかりました。

本当にご苦労様でございます。かたじけないと思います。)

の「よーくわかりました。ありがとうございます」です。

 

 

 

これで、あなたの気分はほとんど100パーセント

軽やかになります。

 

 

 

「ありがとうございます」と言えれば、だいたい

「心」は静まります。

 

 

 

 

 

気分が悪くなる、イライラすることの多くは、

自分の価値基準に合わないことへのイラだち

が、多いんだなということが本書を読んで、よく

わかりました。

 

 

 

いかに、自分の「思考」を変えられるか?

 

 

 

難しいですけど、それが鍛錬だと考えて

精進すれば、悪い気分より良い気分が

大きくなるのだと思いました。

 

 

 

 

 

 

思考の変化=悪い気分 良い気分


(*^∀^)o∠※o(≧▽≦*)ありがとう♪

 

 

 

 

 

 

 

【出典】

 

「5分間で新しい自分になれる本」 宝彩有菜 廣済堂出版

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます!流れ星

 

みなさまのクリックのおかげで、励みになって

います。心より感謝申し上げます!(‐^▽^‐)

shinku さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス