「職業としての小説家」 村上春樹 | 瞬間(とき)の栞 

瞬間(とき)の栞 

幸せ、癒し、心の栄養になる「本と言葉」をご紹介してゆきます!
個人的な読書感想文、読書随想です。本の内容、あらすじができるだけ解るように努めています。
ただしネタバレがありますので充分ご注意ください!


テーマ:

 

「もし本というものがなかったら、

 

もしそれほどたくさんの本を

 

読まなかったなら、僕の人生は

 

おそらく今あるものよりももっと

 

寒々しく、ぎすぎすしたものに

 

なっていたはずです。

 

 

 

 

 

 

 

「職業としての小説家」 村上春樹

 

 

 

 

 

 

 

村上春樹さんの自伝的、(小説家についての、

あるいは、小説についての)エッセイです。

 

 

 

春樹さん自身の自伝小説を読んでいるかような、

そんな感じでもありました。

 

 

 

小説家というものは、とにかく、ものすごいスピード

で物事を解析し、有している知識の抽斗(ひきだし)から、

状況にあった物事を的確に、バランスよく整え、読者に

わかりやすく、おもしろく 『物語を語る』 のではないかと

本書を読むまでは、漠然と考えていました。

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

春樹さんは、こう語っています。

 

 

 

 

小説を書く ━ あるいは物語を語る ━

という行為はかなりの低速、ロー・ギアで

おこなわれる作業だからです。

 

 

 

実際的に言えば、歩くよりはいくらか速いかも

しれないけど、自転車で行くよりは遅い、という

くらいのスピードです。

 

 

 

(中略)

 

 

 

あくまで僕の個人的な意見ではありますが、

小説を書くというのは、基本的にはずいぶん

「鈍臭い」作業です。

 

 

 

そこにはスマートな要素はほとんど見当たりません。

一人きりで部屋にこもって「ああでもない、こうでもない」

とひたすら文章をいじっています。

 

 

 

机の前で懸命に頭をひねり、丸一日かけて、ある一行の

文章的精度を少しばかり上げたからといって、それに

対して誰が拍手をしてくれるわけでもありません。

誰が「よくやった」と肩を叩いてくれるわけでもありません。

 

 

 

自分一人で納得し、「うんうん」と黙って肯くだけです。

本になったとき、その一行の文章的精度に注目してくれる

人なんて、世間にはただの一人もいないかもしれません。

 

 

 

小説を書くというのはまさにそういう作業なのです。

やたら手間がかかって、どこまでも辛気くさい仕事

なのです。

 

 

 

 

この一節を読んでから、小説を読むと、その味わい深さ

が変わりました。(かなり歩幅を小さくして、ゆっくり歩き、

細部を表現しているという点で)

 

 

 

 

春樹さんの言う、『物語というスローペースなヴィークル

(乗り物)に、身体性を合わせていく』 ことが物語の

旨みを味わうことだと感じたからです。

 

 

 

 

 

小説を書くきっかけも書かれていました。

 

 

 

 

1978年にプロ野球、ヤクルトVS広島戦を

見に行ったとき、何の根拠もなく、ふと思った

そうです。

 

 

 

「そうだ、僕にも小説が書けるかもしれない」

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

いったい何を書けばよいのか考えがまったく

浮かびませんでした。

 

 

 

 

そして、考えたのが、

 

 

 

 

僕が最初の小説 『風の歌を聴け』 を書こうとしたとき、

「これはもう、何も書くことがないということを書くしか

ないんじゃないか」と痛感しました。

 

 

 

というか、「何も書くことがない」ということを逆に武器にして、

そういところから小説を書き進めていくしかないだろうと。

 

 

 

そうしないことには、先行する世代の作家たちに対抗する

手段はありません。とにかくありあわせのもので、物語を

作っていこうじゃないかということです。

 

 

 

 

それには、新しい言葉と文体を作ることだったのです。

 

 

 

 

まず「説明しない」ということでした。

 

 

 

それよりはいろんな断片的なエピソードやイメージや

光景や言葉を、小説という容れ物の中にどんどん放り

込んで、それを立体的に組み合わせていく。

 

 

 

(中略)

 

 

 

そういう作業を進めるにあたっては音楽が何より

役に立ちました。

 

 

 

ちょうど音楽を演奏するような要領で、僕は

文章を作っていきました。

 

 

 

主にジャズが役に立ちました。ご存知のように、

ジャズにとっていちばん大事なのはリズムです。

 

 

 

ほかにも

 

 

 

小説を書いているとき、「文章を書いている」という

よりはむしろ「音楽を演奏している」というのに近い

感覚がありました。

 

 

 

僕はその感覚を今でも大事に保っています。

 

 

 

 

 

『村上春樹』の文体の1つ、リズムや軽快な会話

などは、音楽やジャズの感覚を取り入れてたんですね。

 

 

 

 

それから

 

 

 

 

小説家になるための訓練に必要なことは?

これには、こう答えています。

 

 

 

 

小説家になろうという人にとって重要なのは、

とりあえず本をたくさん読むことでしょう。

 

 

 

実にありきたりな答えで申し訳ないのですが、

これはやはり小説を書くための何より大事な、

欠かせない訓練になると思います。

 

 

 

小説を書くためには、小説といのがどういう

成り立ちのものなのか、それを基本から体感

として理解しなくてはなりません。

 

 

 

 

最後に、春樹さんが創作する上での、とても重要

なことだなと感じたことを記しておきますね。

(ちょっと長い引用になります。)

 

 

 

 

これはいつも僕が言っていることで、「またか」と

思われる方もおられるかもしれませんが、やはり

重要なことなのでここでも繰り返します。

 

 

 

しつこいようですが、すみません。

 

 

 

小説家の基本は物語を語ることです。

そして物語を語るというのは、言い換えれば、

意識の下部に自ら下っていくことです。

 

 

 

心の闇の底に下降していくことです。

 

 

 

大きな物語を語ろうとすればするほど、作家は

より深いところまで降りて行かなくてはなりません。

 

 

 

大きなビルディングを建てようとすれば、基礎の

地下部分も深く掘り下げなくてはならないのと

同じことです。

 

 

 

また密な物語を語ろうとすればするほど、その

地下の暗闇はますます重く分厚いものになります。

 

 

 

作家はその地下の暗闇の中から自分に必要な

ものを━つまり小説にとって必要な養分です━

見つけ、それを手に意識の上部領域に戻って

きます。

 

 

 

そしてそれを文章という、かたちと意味を持つものに

転換していきます。

 

 

 

その暗闇の中には、ときには危険なものごとが

満ちています。

 

 

 

そこに生息するものは往々にして、さまざまな

形象をとって人を惑わせようとします。

 

 

 

また道標もなく地図もありません。迷路のように

なっている箇所もあります。地下の洞窟と同じです。

 

 

 

油断していると道に迷ってしまいます。そのまま

地上に戻れなくなってしまうかもしれません。

 

 

 

その闇の中では集合的無意識と個人的無意識とが

入り交じっています。太古と現代が入り交じっています。

 

 

 

僕らはそれを腑分けすることなく持ち帰るわけですが、

ある場合にはそのパッケージは危険な結果を生みかねません。

 

 

 

そのような深い闇の力に対抗するには、そして様々な危険と

日常的に向き合うためには、どうしてもフィジカルな強さが

必要になります。

 

 

 

 

本書は、小説を書くということだけではなく、物を書く

(ブログや読書感想文もそうですね)上で、とても

興味深いことが、『村上春樹』の文体で書かれています。

 

 

 

非常に繊細で、奥深い内容であるにもかかわらず、

軽快なリズムによって、どんどんページがめくられて

ゆきました。

 

 

 

読みやすいし、何度もくりかえし読みたい本

になりました。

 

 

 

 

 

 

 

【出典】

 

「職業としての小説家」 村上春樹 新潮社

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます!流れ星

 

みなさまのクリックのおかげで、励みになって

います。心より感謝申し上げます!(‐^▽^‐)

shinku さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス