「かぜのでんわ」 いもとようこ | 瞬間(とき)の栞 

瞬間(とき)の栞 

幸せ、癒し、心の栄養になる「本と言葉」をご紹介してゆきます!
僕は、本と言葉に救われました!辛いときも苦しいときも「本と言葉」によって、
心が癒されました!ぜひどうぞ、「心に本を!」


テーマ:

 

 

「いままで どれだけのひとが、

 

このでんわで はなしたことでしょう。」

 

 

 

 

 

「かぜのでんわ」 いもとようこ

 

 

 

 

 

やまのうえに 1だいのでんわが

おいてあります。

きょうもだれかがやってきました。

せんのつながっていないそのでんわで

はなしをするために。

 

 

 

山の上に置かれた、その電話は、

会えなくなった人に、自分の思いを

伝えると、必ずその人に届くと

言われていました。

 

 

 

誰が置いたのか、わかりません。

 

 

 

 

でも

 

 

 

 

いつも、きれいに、ピカピカに

みがかれていました。

 

 

 

たぬきのぼうやが、山に登ってきました。

 

 

 

ぼうやは、線のつながっていないその

電話で、おにいちゃんに電話をかけます。

 

 

 

「もしもし、おにいちゃん。

どこに いるの?

はやく かえってきてよ!」

 

 

 

お母さんに、「おにいちゃんは、

遠くに遊びに行ったんだよ。」

って、言われていたぼうやは、

無心で、おにいちゃんに話し

かけるのでした。

 

 

 

ぼく さびしいよ!

いつものように あそんでよ!

 

 

 

つぎの日には、うさぎのお母さんが

山の上に登ってきて、ぼうやに

電話をかけました。

 

 

 

「いつものように 『ただいまー』って

かえってきて!

 

 

 

そして 『おかあさーん』って

よんでちょうだい!

 

 

 

 

雨が、ザーザー降っている日には、

きつねのお父さんが、「かぜの

でんわ」にやってきました。

 

 

 

お父さんは、電話の前で

いつまでも、いつまでも

泣いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「もしもし、おれ、どうしたら いいんだ!

おまえが いないと なんにも 

できないんだよー。

 

 

ひどいじゃないか!

おれと こどもたちを のこして 

いっちゃうなんて・・・・・・。

 

 

 

(中略)

 

 

 

ほんとうは ありがとうを いいにきたんだ。

ありがとう! ありがとう!

いままで ほんとうにありがとう!」

 

 

 

 

 

 

 

 

この絵本は、あとがきに、

こう書かれています。

 

 

 

 

岩手県大槌町の佐々木格(いたる)さん

(ガーデンデザイナー)が、自宅の庭に

「風の電話ボックス」をおきました。

 

 

 

「会えなくなった人へ伝えたい・・・・・・」
ひとりきりになって、電話をかけるように相手に想いを

伝える空間で、実際の電話線はつながっていません。
電話機のよこには、こう書かれています。

 

 

 

風の電話は心で話します
静かに目を閉じ 耳を澄ましてください
風の音が又は浪の音が或いは小鳥のさえずりが
聞こえてきたなら あなたの想いを伝えて下さい

 

 

 

東日本大震災の前から、会えなくなった人に

想いをもっている人が多いことを、常に

考えていた佐々木さんが、震災で大切な人を

亡くされた方々にむけて、自宅の庭に、

「風の電話」を作りました。

 

 

 

 

「あまりにも突然、多くの命が奪われた。
せめてひとこと、最後に話がしたかった人が

たくさんいるはず。

 

 

 

そして今回の震災だけでなく、会えなくなった

人につたえたい想いを持っている人は多いと

思います。どなたでもいらしてください」

 

 

 

 

実話に基づいて、書かれたこの絵本。

動物が、人として描かれているので、お子様にも

わかりやすく、命や、人と人との絆について

感覚的にわかるのではないでしょうか。

 

 

 

いもとようこさんの絵が、とてもあたたかく

やさしいので、見ているだけでも癒されます。

 

 

 

僕も、きつねのお父さんと同じ想いで

この絵本を読みました。。。

 

 

 

僕は、今、生きています。

生きているだけで、ありがたいです。

 

 

 

僕は、昨年の大半、入院と退院、

自宅療養と、命の有限を考えさせられる

状況にありました。

 

 

 

理屈ではわかっていたのですが、命の

「限り」というものを、目の前につきつけられた

とき、何が一番辛かったというと、「別れ」

でありました。

 

 

 

一番大切なものは、「命と絆」だったんだと、

魂の一番、奥深くで、感じました。

 

 

 

妻や子供たち、親兄弟や親類、支えてくださった方、

便りや、言葉をかけてくださった方々、すべてに

ただ・・ただ・・感謝しかありませんでした。。

 

 

 

きつねのお父さんも、辛い状況だけれど、

それ以上に、「ありがとう!」を伝えたかった

にちがいありません。

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

生と死とは、どういうことだろう?

と考えました。

 

 

 

大切な人を失った方たちは

こう感じたのではないでしょうか。

 

 

 

おはなしのつづきにもどります。

 

 

 

 

 

ねこさんが やってきました。

 

 

 

 

「もしもし、かみさまですか?

 

 

 

かみさま、おしえてください。

ひとは なぜ しんでしまうのですか?

なぜ うまれてきたのですか?

 

 

 

いきるということ、

しぬということは・・・・・・

 

 

 

どういうことですか?

 

 

 

おしえてください・・・・・・かみさま」

 

 

 

 

自分の心のすべてをかけて、

線のつながっていない受話器を

耳にあて、言葉をつむぎ出し、

大切な人に向けて、全身全霊で

話をする。

 

 

 

僕は、「風の電話」は、大切な人に向けての

祈りであり、祈るために、癒すために、

現状を伝えるために、たとえ現実には線が

つながっていなくとも、ひとりになれる

空間で、風や自然の音を感じながら

魂と向き合える『場』であり、それは

絶対に必要であるものなんだと感じました。

 

 

 

今、生きている現実は、刹那であり

幻・・・・・・そして無常。

 

 

 

だから、瞬間、瞬間を大切に!

 

 

 

「精一杯、生きていこう!」という思いが

全身から湧いてきた絵本でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある寒い夜に、

山の上の電話が

鳴り出しました。

 

 

 

くまのおじいさんは、

眠っていると、山の方から

なんか音が聞こえてきました。

 

 

 

くまのおじいさんは、眠りから起きて、

雪のちらつく中、山の上に歩いてゆきます。

 

 

 

線がつながっていない

電話が鳴っています!

 

 

 

リーン  リーン

 

リーン  リーン

 

 

 

 

「えっ! そんな? そんな・・・・・・?」

 

 

 

見上げると、夜の空には

満天の星が輝いています!

 

 

 

くまのおじいさんは、さけびました。

 

 

 

「とどいたんだ! みんなのおもいが

 とどいたんだ!」

 

 

 

 

 

 

 

 


【出典】

 

「かぜのでんわ」 いもとようこ 金の星社

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます!流れ星

 

みなさまのクリックのおかげで、励みになって

います。心より感謝申し上げます!(‐^▽^‐)

shinku さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス