瞬間(とき)の栞 

幸せ、癒し、心の栄養になる「本と言葉」をご紹介してゆきます!
僕は、本と言葉に救われました!辛いときも苦しいときも「本と言葉」によって、
心が癒されました!ぜひどうぞ、「心に本と言葉を」


テーマ:

 

木は、ケイトのともだちでした。」

 

 

 

 

 

 

 

 

「木のすきなケイトさん」  H.ジョゼフ ホプキンズ

 

 

 

 

 

 

 

 

キャサリン・オリヴィア・セションズ 。

 

 

 

よび名はケイト。

 

 

 

ケイトは幼い頃から、自然の科学に

興味を持っていました。

 

 

 

学校で一番好きな授業は、

雨や風など天気のこと、人間や

動物のからだのしくみ、木や

草花についてでした。

 

 

 

とくに、

 

 

 

木が大好きでした。

 

 

 

ケイトは森にいると、のびのびとして、

しあわせでした。

 

 

 

森では、葉っぱを集めたり、

葉っぱと花といっしょに編んで、

ネックレスやブレスレットを

作って遊びました。

 

 

 

 

木は、ケイトのともだちでした。

 

 

 

木が大空にむかってぐんぐんのびたり、

お日さまの光をあびようとして、いっぱい

に枝を広げるすがたが大すきなのです。

 

 

 

 

 

この絵本の表紙と、このくだりの絵が同じ

なのですが、とても素敵な絵なんです。

 

 

 

森の中に寝そべって、木や空を眺めて

いる姿に、ケイトは木や森がなくては

生きてはゆけないほど、木が好きなんだ

っていうのがすごく伝わってきました。

 

 

 

この絵を見ていると、こちらも癒されるような

絵なんですよね~。

 

 

 

絵本の副題に、「砂漠を緑の町にかえた

ある女のひとのおはなし」

 

 

 

とあります。

 

 

 

実在した人物で、実際にあったお話を

絵本にしたんですね~。

 

 

 

「砂漠の町を緑にかえた」とは、どういう

ことなんでしょう。

 

 

 

お話はつづきます。

 

 

 

ケイトの子ども時代のアメリカでは、

女の子は、手の汚れることをしては

いけないとしつけられていたんです。

 

 

 

でも

 

 

 

ケイトは、森の中で遊んで、いつも手が

よごれていました。

 

 

 

また

 

 

 

当時、ほとんどの女の子は、科学の勉強など

しなくていいように言われていたんですね。

 

 

 

だけど、ケイトは科学の勉強が好き

でした。

 

 

 

大学まで進み、顕微鏡で土や昆虫の

観察をし、植物について世界中の

木について学びました。

 

 

 

1881年にケイトは、カリフォルニア大学を

はじめての女性の科学者として卒業

したのでした。

 

 

 

卒業後、ケイトは、働くことになりました。

 

 

 

はじめての仕事は、学校の先生でした。

 

 

 

南カリフォルニアのサンディエゴという

町にケイトは行きました。

 

 

 

船が港に着いたとき、ケイトは息を

のみました。

 

 

そこは、砂漠の町だったのです。

 

 

 

そう、

 

 

 

ケイトの好きな木が、ほとんどなかった

のです。

 

 

 

サンディエゴのほとんどの人たちは、

町の公園でさえも、あそこに木が育つ

はずがないと考えていました。

 

 

 

ケイトは、サンディエゴにも木は育つ

と考えました。

 

 

 

木が好きなケイトは、先生を

辞めて、園芸家になりました。

 

 

 

ケイトは、世界の木について学んでいた

のでサンディエゴの土地にあう木を町中に

植えたのです。

 

 

 

ケイトは、砂漠が持つ、いのちをはぐくむ

力を知っていたのです。

 

 

 

10年もたたない内に、サンディエゴのいたる

ところで、ぐんぐん木は成長してゆきました。

 

 

 

サンディエゴの町の公園で、博覧会が

開かれることになりました。

 

 

 

ケイトは親しい人たちに頼みます。

 

 

 

「公園で木をたくさん植えますから

友だちをつれてきてください。」

 

 

 

そして

 

 

 

博覧会会場の公園にはたくさんの

木が植えられました。

 

 

 

しだいに

 

 

 

博覧会会場の公園は、緑で

いっぱいになりました。

 

 

 

博覧会は、大成功に終わりました。

 

 

 

博覧会は、1年の予定が2年まで

延長されるほど、好評だったそうです。

 

 

 

博覧会後、ケイトは数々の賞が贈られ

「バルボア公園の母」と呼ばれました。

 

 

 

砂漠だったサンディエゴは、今では、

緑いっぱいの美しい町になっています。

 

 

 

もし、ケイトがいなかったらサンディエゴは、

砂漠の町のままだったかもしれませんね。

 

 

 

たった1人の「好き」が町を変えて

しまいました。

 

 

 

「好き」ってすごい力ですよね。

 

 

 

もちろん、最初は小さな力だったと思います。

 

 

 

ケイトの行動に、まわりの人たちが影響され

すごく大きな力に変わったんでしょう。

 

 

 

まずは、想像、それから行動

 

 

 

そして

 

 

 

好きという力が積算され、奇跡が

起こるのだと感じました!

 

 

 

以前、僕が読んだ本では「ハチドリ」の話や

「半日村」がこのような話でしたよ。

 

 

 

いずれも、1人の行動から周りの人たち

へ思いが伝わるのです。

 

 

 

そうすると奇跡が起こります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【出典】

 

「木のすきなケイトさん」 H.ジョゼフ ホプキンズ BL出版

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます!流れ星

 

みなさまのクリックのおかげで、励みになって

います。心より感謝申し上げます!(‐^▽^‐)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

心空さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。