エリアフ・インバル指揮 東京都交響楽団 第1001回定期演奏会(C定期) | 上海鑑賞日記(主にクラシック)

上海鑑賞日記(主にクラシック)

上海生活の合間に聴いた音楽や見たスポーツなどの記録を残します。

日時;2024年6月5日(水)14:00~

会場:東京芸術劇場大ホール

指揮:エリアフ・インバル

演奏:東京都交響楽団

曲目

ブルックナー:交響曲第9番二短調(ノヴァーク版)WAB109

2021-22 SMPC版第4楽章付き(日本初演)

 

 

感想:

 東京都交響楽団が定期演奏会1000回達成を記念して、記念シリーズを行っている。

私が中国に行く前に熱心に聴いていた頃は400番台前後くらいだった記憶がするから月日の流れを感じる。

 

 今回実際の1000回のキリ番は前日で私が行ったのは1001回目の会で、プログラムとしはブルックナーの第9番をインバル氏が振る演奏会となっていた。

 しかも未完部分が補筆された第4楽章付きだという。

 そもそもそこの第9番は3楽章のコーダが美しいので補筆版なら第4楽章はないほうが良いと思っているが、3楽章構成では記念演奏会のプログラムとしては規模が物足りない面は否めず、日本初演の版の第4楽章付きという箔をつけてのこの演奏会となったようだ。

 今回の第4楽章はSMPC版と呼ばれており、SMPCとは、補筆者のニコラ・サマーレ、ジュゼッペ・マッツーカ、ジョン・A・フィリップス、ベンヤミン=グンナー・コールスの4人の研究者のイニシャルを取ってつけられたものとのこと。

 インバル氏は、スコアの色んな版を研究するのが大好きなようで、フランクルト響と初版を録音したり、マーラーの交響曲もクック版を取り上げたりしてきている。

 そういったインバル氏が今回ブル9を取り上げる。

 

木管群だけが板付きの状態に他のパート奏者が入場してくる。

で音楽がスタートすると、弦は弱めだがホルンが綺麗に響く。

最近アマチュアを良く聴いていたおかげか、こんなに素直に美しく響く金管群を忘れていた。

プロ相手に失礼ではあるが、どのパートも非常に上手くつつがなく演奏は進む。

 

ただ、なんとなく醍醐味に欠けるというかスリリングさは弱い。

まあ指揮者もオケもうますぎるが故に、こなせてしまう面もあるのかなと思うが、そこまで心には響いてこない。

 どこに原因があるとも言い難いが、ヒューマライズ的な崩れが見えないというか余韻を持たせてくれず、前に進んでしまうところがあったように思う。

 オケ全体の咆哮も音楽的緊張が弱いのである。

 

 第2楽章も同様で、ややテンポが速めでドシドシと迫力ある音ではあるけれど、音楽的表現としてはどこか物足りなさを感じ、歌いが弱めでスコアを上手に裁いているだけのように聴こえててしまう。

そんな状態なので音も整理されていない印象でゴチャ付き感がある。

第3楽章に入っても、一つの一つのフレーズに余韻が無いというか、最初のクライマックスも歌い方があっさりしていて、こちらに刺さらない。

 むろん、演奏のレベルそのものは高いものがあり、そこには全く不満が無いのだが、各フレーズを味わせてもらえないのである。

 それぞれのフレーズがさらっとしており、味わいきれぬまま前へ前へと進んでしまっている印象だった。

 今回は第4楽章が用意されているため、敢えて終楽章的な印象、例えばクライマックスのもたらし方などを抑えた可能性もあるが、私には物足りなかった。

 コーダの締め方もこの流れでテンポが速めであり、結果として深い印象をもたらさなかったのである。

 

そして、今回の試みの第4楽章。

聴き慣れないということを別にしても、この第9番の流れからが少し逸れているような印象を受ける。

もちろん遺稿を元に補筆されているだろうから、作曲家自身の意向を持った要素が含まれているのは間違いなく、それは確かにところどころに感じることは出来た。

 また本人にが言い残したとされる第4楽章が未完の場合は「テ・デウム」をあててほしいという意思から見れば、その雰囲気もさもありなんという音楽であるが、この楽章がもし最初からセットになっていたら、この曲全体を気に入っていたかどうかはわからず、そこまでの深い印象には至らなかった。

 今回は折角の1000回記念(正確には1001回だが)の演奏への訪問だったが、モヤモヤの残る印象になってしまった。