秋華賞2017の予想をする競馬ブログ

京都・芝2000mで開催される「第22回秋華賞2017(GⅠ」の出走馬を考察、レース傾向を分析し、徹底的に予想します!


テーマ:

10/15(日)京都11R・芝2000mにて
《秋華賞》が開催されます。

 

 




牝馬三冠の最終決戦。

春の実績馬と新たなヒロイン候補が集結。


果たして2017年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

=========
秋華賞の出走馬
=========


枠 馬番 馬名 斤量 脚質 騎手
1 1 アエロリット 55.0 先 横山典弘
1 2 ラビットラン 55.0 追 和田竜二
2 3 ブラックオニキス 55.0 差 大野拓弥
2 4 モズカッチャン 55.0 差 デムーロ
3 5 ブラックスビーチ 55.0 差 川田将雅
3 6 メイショウオワラ 55.0 差 松若風馬
4 7 リスグラシュー 55.0 差 武豊
4 8 カワキタエンカ 55.0 逃 北村友一
5 9 ハローユニコーン 55.0 追 田辺裕信
5 10 タガノヴェローナ 55.0 先 幸英明
6 11 ミリッサ 55.0 差 福永祐一
6 12 レーヌミノル 55.0 先 池添謙一
7 13 リカビトス 55.0 追 浜中俊
7 14 ディアドラ 55.0 差 ルメール
7 15 ヴゼットジョリー 55.0 差 菱田裕二
8 16 ファンディーナ 55.0 先 岩田康誠
8 17 ポールヴァンドル 55.0 差 三浦皇成
8 18 カリビアンゴールド 55.0 差 田中勝春


以上、出走馬18頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


アエロリット

桜花賞では5着に敗れた。

しかし続くNHKマイルCでは番手から
抜け出しG1初制覇を見事に遂げた。

約2ヶ月半の休み明けで挑んだ
前走のクイーンSでは積極的な逃げで
勝利し重賞2連勝を達成。

進化を続ける快速牝馬が、
勢いに乗って牝馬3冠最終戦に臨む。


リスグラシュー

昨年の阪神JFや桜花賞で2着。

前走のローズSでも3着と
なかなか勝ち切れないレースが続くも
間違いなく世代トップクラスの実力。

三冠最後の秋華賞こそは是が非でも
手中に収めたいタイトル。

どこまでもしぶとく伸びる末脚で
秋の女王に君臨となるか。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


ディアドラ

始動戦で初めて古馬相手にHTB賞を勝ち
続く紫苑S快勝で最有力の一角に浮上。

一戦ごとに成長を遂げ、
青写真通りに迎える大一番。

京都は【1.1.2.0】と好走しており
更に2000m戦は2戦2勝と負けなし。

鞍上は新たにコンビを組むルメール。

春は手にする事ができなかった悲願の
ビッグタイトルを掴みとる事が出来るか。

残り1冠はなんとしても手にしたい。


ファンディーナ

度肝を抜くフラワーCの圧勝劇から
皐月賞で7着、ローズSで6着と
近走は人気を裏切ってしまう形に。

ただ、ローズSに関してはレース内容
自体は悪くなく、最後の失速はやはり
急仕上げが原因だろう。

今回は本番までにどこまで調子を
上げてこれるかが大きなポイント。

最後の1冠で巻き返しがあるのか注目。


ラビットラン

トライアルのローズSで差し切り勝利。

エーピーインディの流れをくむ
タピット産駒でダートからの転身組だが

パンチの利いた末脚で芝2戦2勝と
まだまだ底を見せていない。

立ち回りひとつで世代頂点に
立てるだけの素材は十分にある。

3連勝でのG1制覇も決して夢ではない。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-1-3-3】
2番人気【3-2-1-4】
3番人気【3-1-0-6】
4番人気【0-1-1-8】
5番人気【0-1-0-9】
6番人気【0-1-1-8】
7~9番人気【0-3-2-25】
10番人気以下【1-0-2-86】


2008年は大波乱となったが、
比較的人気サイドは堅実なレース。

なお、ここ3年の連対馬はすべて
5番人気内で、6番人気以下は3着まで。

以前のように中~下位人気が連対する
ケースはなくなっているので注意。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【0-4-1-15】
2枠【2-2-2-14】
3枠【2-0-1-17】
4枠【1-0-0-19】
5枠【0-2-0-18】
6枠【0-1-2-17】
7枠【3-0-3-23】
8枠【2-1-1-26】


1コーナーまでの直線が300m程度と短く
コース的には外枠は少しロスが出て不利に。

基本的には内枠で上手く立ち回る事が
出来る馬が有利になりやすい。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-1-1-9】
先行【2-2-2-29】
差し【8-4-7-62】
追込【0-3-0-48】
マクリ【0-0-0-1】


内回りの4つのコーナーを回るので
ペースは緩みやすく前残りが多い。

また、フルゲートになる秋華賞では
先行争いが激しくなることもあり、
差し馬の好走が多くなる。

特に近年は差し有利の傾向に拍車が
掛かっているので注意が必要。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==========
予想情報局の総括
==========

かつてのエリザベス女王杯から
引き継いだ牝馬3冠の最終戦。


このレースはただでさえ繊細な
牝馬の戦いであるのに加え、

まだ若い馬のG1競走とあって
順調さを欠いた馬には
厳しい結果となるようだ。


デビュー以来の安定感が重要といえる。


過去10年の傾向を見ていくと
やはり前哨戦を使った馬の成績がよく
前走G2、G3だった馬の成績がいい。


前哨戦のローズS・紫苑S・クイーンS組を
馬券の中心に考えるのがまずは筋だ。


その他のレースだと、前走で1番人気が
馬券に絡む条件になってくる。


秋華賞で3着以内に入った30頭中
26頭が前走5着以内だった。

巻き返しはほとんどない。


よって、前走が前哨戦の3レースで
~~~~~~~~~~~~~~~
なおかつ着順が5着以内だった馬に
~~~~~~~~~~~~~~~
絞って予想を構築していきたい。
~~~~~~~~~~~~~~



⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


本命は【アエロリット
===========

NHKマイルカップの覇者が、
成長した姿でクイーンSも勝利。

距離も問題なさそうだ。


対抗は【リスグラシュー
============

オークスは距離が合わなかった。

成績は安定感がある。


以上を加味した馬券戦略は

◎:アエロリット
◯:リスグラシュー
▲:ラビットラン
△:ミリッサ
△:カワキタエンカ



◎から手厚く勝負したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

【追伸】

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

【追伸2】

競馬の最新ニュースは下記の無料アプリか

各種SNSでもリアルタイム更新しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(_ _)m

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。