流されゆく日々

テーマ:
部屋のプチ断捨離と言うことで
本をまとめてブックオフへ

本棚周りがスッキリした上に
4000円余りのおこずかいまで・・・

多くは元の店の棚に戻っただけなのだが

ついでにこんな写真が出てきた
2,3年前にも一度現れたのだが



20年ぐらい前だと思うが
ラジオ講座をしていた若き頃のオッサン(笑)

2週に1日ぐらいでラジオ局へ行き
一度に2本分収録していたように

テキストを作成し、書店などで販売し
放送で問題を解説するスタイルだった

放送時間が少し遅かったこともあり
子守歌のようでよく眠れると
当時の生徒達は言っていたな~(笑)

たった一枚の写真であっても
一瞬にして記憶が走馬灯のごとく
駆け巡るのもオモロいわけで


学生時代は現在の仕事など
まったく予想もしていなかった

世界を股にかけるような
仕事をイメージしていたわけで(笑)

新卒で入社した会社を数年勤め
気分一新カナダへと飛び立ったことが
今に繋がっている

帰ってから大手個別塾と写真の塾を経て
今に至っているわけで

ここ数年は理数系を中心に教えているが
元々は英語を子供たちにと・・・

人生はどう転ぶか分からないものだと
振りかえればいろいろ思うことも

このところは
♪あ~あ~川の流れのように~
と口ずさみながら

流れのままに、おだやかに
流されていくのも悪くないかと・・・



PS,バイクツーリングでよく立ち寄る
鶴来の天狗橋近くの河原



何をするでもなく
ボ~と流れを眺めているのも心地良い

川沿いにひたすら走った四万十川や
最上川の雄大な景色を思い出したりも

自然に癒されながら
なんとか今日も生きているオッサンだ(笑)