おもちゃ・絵本・わらべうたで創造力・社会性・やり抜く力を育てる♪名古屋市

おもちゃ・絵本・わらべうたで創造力・社会性・やり抜く力を育てる♪名古屋市

名古屋市・東海市★日本知育玩具協会認定講師鈴木のブログ

数年前のクリスマスのこと。

 

今だから告白しますが・・・私は大失敗を犯しました^^;

 
そう、私は息子と娘にそれぞれおもちゃのプレゼントを用意していました。
 
 
クリスマスの朝、「サンタさんからプレゼント🎁預かってるよ〜」と子どもたちに手渡すと、
 
車をもらった息子は、大喜びラブラブ
 
でも、ふと横を見ると娘は・・・
 
いぶかしそうな目でプレゼントを見ています。
 
どうしたのかな?と覗いてみると、
 
 
「これ誰の?」
 
 
という質問。
 
(焦る私アセアセ
「赤ちゃん(わが家のお人形の愛称)のだよ
 
日本知育玩具協会認定ショップ 木のおもちゃカルテット(取寄せ品)
 
●●ちゃん(娘)が、赤ちゃんのお着替えして遊べるように、お着替えもらったんじゃないかな〜」
 
 
理解はしたものの、腑に落ちない様子の娘。
 
・・・
 
・・・
 
・・・
 
さて、あなたは、なぜ娘がムスッとしていたか分かりますか?
 
 
そう、このプレゼントは、娘にとって「自分へのプレゼント」ではなく、「(お人形である)赤ちゃんへのプレゼント」だったのです。
 
 
 
やり取りをしながら私は、
 
しまった!!
失敗した!!!
 
 
という申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
 
 
というのも、お人形は、わが家の一番小さい子として、人格を持った存在として迎え入れるもの。
 
 
すでに娘は、お世話遊びを繰り返す中で、その「赤ちゃん」を1人の存在としてしっかり受け入れていたのです。
 
・・・それを汲み取らず、お人形を娘のおもちゃとして扱っていた私。
 
 
大反省しました。
 
 
 
 
 
 
 

イベント一覧はこちら

 

 

→名古屋で活動する、鈴木のイベント情報などをいち早くお届けします

おもちゃで子育て最前線☆ママも子どもも笑顔になるHAPPYメール講座

 

→日本知育玩具協会公式メルマガはこちら