「終活ノススメ」№9に掲載させていただいた

終活俳句をご紹介します。

 

 

今日こそは 断捨離しようと 春炬燵    ねこ丸

暖かくなったから片付けよう片付けようと思いつつ炬燵から離れられません。

 

 

●永代を 済ませ伯父逝く 夏の朝

 徒然草の 作者と語る 夏の夜     十姉妹

歳を重ねて時間ができたら徒然草などの古文を読んで過ごしたいと思っています。

 

 

七五三 明日は子殺し 親殺し    一知子

七五三の日。着飾った親子を見るとこちらまで嬉しくなる。しかし、昨今、親が子を、子が親を殺すニュースが多すぎる。

 

 

エンディングノートが届く 冬隣

終活の 稿をつぐ夜や 茶立虫       善吉

 

 

 

「終活俳句」を募集しています。

メール、FAX、はがきなどでご応募ください。

※掲載させていただいた方には粗品進呈いたします。

 

【記載事項】

①氏名 ②掲載時のお名前 ③住所 ④電話番号

⑤応募俳句(3つまで)   ⑥俳句への想いやエピソード

 

【送り先】

〒791-8022

愛媛県松山市美沢1丁目8-57  ハイム美沢1002号

 

 

 

 

FAX:   089-989-7298

メール shusapo@helen.ocn.ne.jp