皆さんは読書するとき、どのように読みますか?

 

当然、文字を追いながら読むことになるでしょう。

その際に、文字の追い方によって、読書スピードが変わってくるのであろう。

 

 黙読は非効率 ⁉ 

一番、非効率な読み方は、頭の中で文字を音声化する黙読である。

もちろん、理解度に重点を置くなら、黙読は効率の良い読み方となるだろう。

たとえば、学術書などの難解な書物を読む場合は、黙読して、文字をかみ砕いて読む事により理解度が上がるであろう。

ただ、読書スピードを重点に置けば、効率の悪い読み方となるであろう。

 

文字をいちいち音声化して読んでいては、読書スピードに限界がくる。

心の声で早口で読む事を考えてみる。

 

そもそも、どのくらいのスピードが早口に当たるのだろうか?

アナウンサーは、1分間に300文字で話すことを目安にしている。

この2、3倍の600~900文字くらいが限界であろう。

 

丁度、平均的な読書スピードとなるが、、、

リラックスして読む事を考えると、これを毎回継続していてはストレスになるだろう。

結局、黙読でリラックスして読める文字数は、300~500文字程度であろう。

 

 効率的な読書 ⁉  

読書にスピードを求めるのなら、本を読む際に、音声化をしない方が無難である。

 

辞書を使って、調べたい単語の意味を調べるとき、いちいち頭の中で音声化をする事はない。

目で文字を追いながら、目的の単語を見つけ出すことだろう。

 

この動作をパソコンで例えるならば、「 ショートカット・キーの設定 」 が挙げられるだろう。

目的の単語を、「 ある特定のショートカット・キー 」に割り振ることにより、処理速度を上げている。

 

これは読書にも当てはまる。

複数の単語を、それぞれのショートカット・キーに割り振ることにより、

読書を、音声化せずにより効率よく、スピーディーに行うことが出来る。

      ( 読書家にとっては、当たり前のことなのかもしれないけど…。 )

そして、読書経験が長いほど、、、読書スピードが速くなっていく事だろう。

      ↑

     これを読書経験の浅い人間は、「 速読 」 と呼ぶのだろう。

 

 紙の辞書を使用しない事 + 本に触れる機会の皆無さ ⇒ 読書離れ ⁉ 

本に触れる機会がなければ、「 本を読む楽しさ 」 を知る機会が減り、

               それによって、読書スピードが遅いままである事は当然としても、、、

 

「 紙の辞書を使用しない事が、読書離れに起因する 」 というのは、どういうことなのか?

 

その理屈はこうである。

  まず、辞書を使用しなければ、頭の中で音声化せずに、文字を追う訓練を行う機会が失われることになる。

    今の時代、Weblio ( ウェブリオ ) などのサイトや電子辞書を使えば、調べたい文字が瞬時に表示される。

    利便性の背後には、常にデメリットという影が付きまとう。

       今の場合だと、「 文字を追う訓練の機会 」 を失う事である。

       瞬時に文字が出力されれば、文字を追う必要がないために、

            「 文字のショートカット化 」 という便利なツールに気づく機会が失われてしまう。

 

  そして、黙読することが読書だと思い込んで、

        すらすらと読書をしている優等生に落ち目を感じて、読書嫌いになってしまう… というわけである。

            ( これは読書離れの1つの要因となるであろう。 )

 

教育の電子化は、私たちの気づかないうちに、、、読書という大切なものを奪っているのかもしれない…。

 

 修練すれば、誰でも速読家に !? 

スパイの日本版である 「 古来の忍者は、麻の木を利用して高いジャンプ力を身につけた 」 という。

実際に身につけたかどうかは別として、

理屈としては、「 麻の木の高い成長速度に比例して、その分、修練に励めば、、、高い成長が望める 」 という事であろう。

 

同じように、現在の最大スピードのちょっと上を意識して、、、

                「 文字のショートカット化 」 を意識して、、、読書に励めば、、、

読書スピードは格段に上がることだろう。

 

10年もの修練に励めば、1分間に 2000~3000文字も夢ではないかもしれない…。

 

 「 読書には緩急がある事 」 を忘れずに… 

車の運転を例にとれば分かりやすい。

当然、自動車は、常に同じ速度で走っているわけではない。

場所によって、時速100キロで走行したり、40キロで走行することもあるだろう。

 

読書も、車の運転と同じである。

始めは、抵抗感があるかもしれないが、それは 初心者 特有 のものである。

慣れてしまえば、ドライブをするように読書を楽しむことが出来るだろう。

 

 

 ↓ もしよろしければ、応援お願いします。

 


人気ブログランキング