これはTOC的な改善で面白い!表面問題じゃなくて、根本問題に対処しよう! | 劣等感、停滞感、焦燥感、孤独感に悩む 凡才経営者を救う!。公認会計士・税理士・中小企業診断士の資格も保有!

劣等感、停滞感、焦燥感、孤独感に悩む 凡才経営者を救う!。公認会計士・税理士・中小企業診断士の資格も保有!

劣等感、停滞感、焦燥感、孤独感から行動に移せない!そんな「凡才」な社長を救うことを使命とする、「凡才の逆襲コンサルタント」谷川俊太郎の凡才のための経営ブログです。私も凡才と思って悩んでいました。公認会計士・税理士・中小企業診断士の資格も保有してます!

vol.618

こんにちは!

答えはアナタの中にある!

気づきを優先!

教えないコンサルタント」の谷川俊太郎です。

(公認会計士・税理士・中小企業診断士)

 

 

 

こ、このアイディアは素晴らしい!!

熊本の病院で、業務効率化のために、

日勤と夜勤で制服の色を分けたとのこと。

 

 

 

制服色分けで残業減った 一目で分かる定時退勤促す 熊本地域医療センター

 

 

 

 

 

 

・勤務終了が近い人が分かりやすい

・残業していると色が違って目立つ

 

 

 

こんな効果が得られ、

仕事を頼む方は勤務終了が近い人には

極力頼まないようにする、

残業を極力しないようにする、

そんな結果が得られたのだね爆  笑

 

 

 

とても素晴らしい事例だ!!

 

 

 

仕組みを作る!

 

 

 

素晴らしいことは、

残業が多いなら、

「残業するなと言う」

そんな対処ではないということ。

 

 

 

恐らく、以前の病院には、

・残業しないと終わらない雰囲気

・残業前提で仕事を頼む雰囲気

こんな雰囲気があったのだろう。

 

 

 

 

 

今回やったことは、

仕組みを作ったこと

 

 

 

・残業しないと終わらない雰囲気

・残業前提で仕事を頼む雰囲気

この根本問題に仕組みで対処しているびっくり

 

 

 

誰が残業しているか、

それをひと目で分かるようにした

見える化だろうけど、

大きな効果があったんだね爆  笑

 

 

 

多くの会社では

「残業するな!」

と言っているだけではないだろうか?

 

 

 

でも、それは表面的な対処でしかない。

根本を考え、対処することが、

必要だと分からせてくれるウインク

 

 

 

方針に立ち向かう!

 

 

 

「残業するな!

そう言ったところで、

社員の心の中では、

「そんなこと言ったって終わらないよ」

そんな気持ちが湧くだろう。

 

 

 

だけど、残業は悪

その強い気持ちの元、

色で残業になりそうな人、

残業をしている人を分かりやすくすれば、

自ずと残業しない雰囲気が出てくる。

 

 

 

残業しなければいけない雰囲気

残業しなければいけない方針

これに対処した結果だろうウインク

 

 

 

 

 

この方針というやつが

結構厄介なものだ。

なにせ目に見えないアセアセ

 

 

 

しかもマニュアルなどに

明文化されていないことも多いアセアセ

 

 

 

だけど、表面的な問題(この場合残業)

の裏には、このような方針が隠れている

ことが多い。

 

 

 

この方針を変えない限り、

本当の意味で職場の改善は行われない。

 

 

 

根本問題を解決するため、

根本問題の方針を見つけて、

そこに対処していこう!!

 

 

 

 

あなたが素晴らしい気づきを

得られますように!

 

 

最後まで読んでくれてありがとう!!

 

 

 

 

 

経営をシンプルに考えられる理論

・佐藤義典先生の戦略BASiCS

・MG(マネジメントゲーム)

・TOC

この3つのシンプル経営理論

ワクワクする会社づくりのお手伝い!

 

FSAコンサルティング株式会社

代表取締役 谷川俊太郎

 

ご質問等ある方は

コチラまで!

上矢印上矢印