急性中耳炎後の頭痛 | 仙台市青葉区の鍼灸院|春明はり灸院

仙台市青葉区の鍼灸院|春明はり灸院

仙台市青葉区二日町にある「春明(しゅんめい)はり灸院」の院長ブログです。
東洋医学について分かりやすく説明したり、日頃の日記として気ままに綴っています。


テーマ:

57歳の男性 患者。

 

耳が痛くなり、耳鼻科へ行くと中耳炎と診断され、抗生物質を投与される。

耳の痛みは止まったが、その後、毎日頭痛がひどくなり、痛み止めをもらっても 効かなくなってきたと言って来院する。

 

肝経、腎経、小腸 経の変動にダイオード。

 

背部、肺兪、大 椎に、灸頭鍼。    2回目の治療の際は、7ー8割改善したと喜ぶ。

頭痛が起きるように なってから、頸も痛いので、整形にも行ってみたが、レントゲンでは、骨に異常がありません、、と言われ、西洋医学では、治らないと思ったとの事。

 

 中耳炎を起こす原因になった、ウイルスが、頸部の筋肉にもダメージを与えて、筋肉の中を通っている、後頭神経を緊張させるために起こってる頭痛で、頸の筋肉の血流を良くすれば治ります、、と説明したら、安心した様子。。

 

 このパターンだと、整形の次は、 脳神経外科へ行き、MRI、、異常ないので、痛み止めを増やす、、、胃がやられる、、と言うコースになるところであった。

 

西洋医学は、 細分化され、素晴らしい成果を挙げてることは、事実だが、耳は耳、骨は骨、頭は頭、、、 異常がなければ、心療内科へ、、と言うコースを通るが、検査で異常の ない不定愁訴を、経絡調整で なんとかするところに、自分のポジションがあると思っている。。薬付けになる前にね。。

 

それにしても、今年は、気温差が激しい。。

自律神経も、免疫も、悲鳴をあげてる感じ。

 

人類は、この環境変化やストレスに 適応して、新たな 進化をするのだろうか。。

 

しないと思うけど。。 

春明はり灸院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス