ブルースの王様にして、自分をブルースに導いてくれた父のような存在のBBキング(敬意を表してミスターキングと呼んでいる)が亡くなって今年で5年。

ミスターキングが亡くなった時に、ある目標を自分の中に立てた。

90歳まで現役を続けよう

ミスターキングが亡くなったのは89歳で、亡くなる数ヶ月前まで現役だった。

(ミシシッピ州インディアノラのBBキング博物館にミスターキングは眠る)



ミスターキングを追い越そうなどと大それたことは考えてはいないが、せめて彼より長く生きて現役を続け、その間ミスターキングの功績やブルースを世界に紹介し続けることができれば、ほんの少しの恩返しになるんじゃないか。

そんなことを思った。

(テレビ番組"An Evening with B.B.King"の収録前。台本を見ながらミスターキングと打ち合わせる)



90歳まであと37年。

37年前というと16歳、高校1年の頃。ちょうどミュージシャンとして生きることを決意した時期だ。

あの時から今日までの時間をもう一度繰り返すということか。

長い道のりにも思えるし、あっという間の気もする。

「まずは一日、一番です」

お立ち台で、決まり文句のように力士が言うけれど、まさに毎日の積み重ね。

もちろん目標は目標であって、神様が帰って来いと言えばいつでも帰る心構えもしつつ。

でも実現できれば、それなりのものを積み上げられるだろう。


Live in Africaは大好きなライブだ。みなぎる気迫とソウル。ミスターキングの魅力が凝縮された映像がここにある。