人を手放しで褒められるという才能 | 陣内俊 Prayer Letter -ONLINE-
2018年03月09日(金) 14時45分56秒

人を手放しで褒められるという才能

テーマ:大事なこと

どうも僕です。

手放しで人を褒められるというのは、

生きていく上でとても大切な才能だと思います。

これは「才能」です。

 

何か(誰か)を褒めるというのは、

何か(誰か)をけなすのよりも、

より高いIQというか知性というか能力というか、

そういったものを必要とします。

 

これは様々な研究に裏付けられた事実です。

 

平たく言えば、

「ディスるのはバカでもできるが、

 褒めるのは頭良くないとできない。」

ということです。

 

今のネット上には、

様々な「ディス」があふれています。

有名人から新作ゲーム、

政治家からフライパンに至るまで、

あらゆるものに「評価」が下されます。

 

僕の皮膚感覚ですと、

10ある「評価」のうち、

8~9までがそれを「低めて」いるものであり、

そのもの(人)の良さを具体的に指摘し、

上手に褒めることができているのは、

10パーセント以下だと感じられます。

 

その理由は簡単です。

「何かを褒めるより、

 何かをけなす方が、

 自分が頭が良いように見える」

からです。

 

この問題は、

じっさいはその人は「頭が悪い」ことです。

頭が悪いというと若干語弊があります。

正確に言えば「知的に楽をしている」のです。

 

Aさんという人がいたとしましょう。

Aさんはそうですね、

政治家かなにかをしている。

 

Aさんをネット上の安全なところからディスるのは簡単です。

あいつは何も解っていない。

低脳だ。無能だ。

これだから政治家は駄目だ。

政治家というよりも政治屋だ。

勉強不足だ。

うんぬん、うんぬん。

 

実はこの作業は、

認知負荷が非常に低い。

この「ディス」をしている人の脳は、

楽をしているわけです。

 

人をけなすのに想像力も想像性も、

高い知性も論理力も要りませんから。

ただ、無根拠に自分を一段高い場所に置き、

何かをこき下ろせば良いのですから。

 

しかし、Aさんの魅力を伝えようとすると、

まったく状況が変わります。

Aさんは素晴らしい。

なぜならば、、、

 

政策が素晴らしいのか、

過去の実績が素晴らしいのか、

きょうだいを大切にしている人だからか、

お金に汚いところがないからか、

信念を貫いているからか、

 

まずAさんのことをよく知り、

そして自分の知性を使って、

僕の言葉でいえば、

「脳に汗をかいて」、

Aさんの良さを指摘せねばならない。

 

Aさんを貶めるのは知的怠慢でもできますが、

Aさんを褒めるには知的に高度な作業が必要です。

 

水は低きに流れるように、

人は楽な方に流れますので、

ネット上にはこれだけ「ディス」があふれ、

噂話は「●●は駄目だよねー」に埋め尽くされるのです。

 

「なぜ勉強するの?」

 

子どもに聞かれたら、

その一つのあり得る答えは、

「人を素直に褒められるようになるためだよ。」

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、これは毎回書きます。

メルマガ登録者を大募集中!です。

「陣内俊の読むラジオ」へのご登録をよろしくお願いします。

無料です!

絶対得します!

 

バックナンバーがこちら↓

http://blog.karashi.net/

 

登録ページはこちら↓です。

http://karashi.net/carrier/catalyst/jinnai/mailmag.html

 

あと、毎朝更新してた「デボーション」ブログは、

こちらに引っ越しました↓

今も毎朝更新してますよー。

「名もなき信仰者の霊想録」

https://ameblo.jp/smallasmustardseed/

 

よろしくお願いします!!

陣内俊さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス