ちょっと笑えるお話@しゅんちの極楽日記

ちょっと笑えるお話@しゅんちの極楽日記

ちょっと笑えるお話をお送りしています

時はさかのぼる事今年の6月・・・。

 

意識だけはやたら高い我が社。

そんな我が社がSDGSを取り組むと言い出したのね。

 

その一環で各拠点に送られてきたのが

 

 

「ゴーヤの苗」

 

 

どうもそれを事務所で育てて緑のカーテンを作って涼をとって地球環境に貢献しようって内容なんだけど・・・

仲の良い先輩の総務Kさんが困った顔で話しかけてきたのね。

 

 

K「いや〜しゅんち君困っちゃってさぁ・・・」

 

しゅ「ゴーヤの苗ですか?(笑)」

 

K「そうそう。ゴーヤ育てるのなんて面倒だし、そもそもゴーヤなんて誰も好きじゃ無いでしょ?でも育てないと上から何言われるかわからないしねぇ・・・」

 

 

(そういえば嫁がベランダで何か育てたいと言ってたなぁ・・・)

 

 

しゅ「うちで育てましょうか?」

 

K「ええ!?いいのかい!」

 

しゅ「嫁がなんか育てたいと言ってたし、俺割とゴーヤ好きですし」

 

・・・というわけで我が家にやってきたゴーヤの苗3株。

早速、近所の長野県民御用達の「綿半ホームエイド」でプランターセット購入。

 

 

まさかこの売り場にお世話になるとは思ってもみなかったな。

「生ゴミで捨てられる土」ってのも便利そう。

 

 

 

そして家のベランダでプランターに土を入れ、苗を植えたのね。

ちょっと事務所に置いてた時間が長かったのか結構弱ってるし・・・。

大丈夫かなぁ。

 

そして家族会議。

 

しゅ「せっかく我が家の一員になったわけだから名前をつけたいと思う」

 

かほ・まお「おー!いいねぇ」

 

しゅ「俺はゴーヤチャンプルが好きだから・・・

 

 

ゴー君

 

 

ヤー君

 

 

ちゃんぷるちゃん

 

 

にしようと思うがどうだろう?」

 

食べる気満々だ。

 

 

マオ「んー もうちょっと名前っぽい方がいいと思うな。」

 

しゅ「ほう?どんな」

 

マオ「んとね・・・

 

 

ゴー君→五郎

 

 

ヤー君→ヤバ美

 

 

ちゃんぷるちゃん

 

 

ちゃんぷるちゃんはそのままに。

 

 

一番苗が伸びてて元気そうなやばい苗を「ヤバ美」。

 

普通の青年的な「五郎」

 

もう枯れそうである意味捨て駒的な「ちゃんぷるちゃん」

 

 

と名前も決定したのね。

 

 

そして2週間後・・・。

 

 

左から・・・ヤバ美、五郎、ちゃんぷるちゃん。

 

少しずつツルが伸び始めたんだけど・・・

でもとても元気に育っているとは思えず。

 

ヤバ美が最初の元気さを失い、五郎も萎れかけ、いちばん萎れていた一番右のちゃんぷるちゃんが一番育って来たん。

 

これってちゃんと育つのかなぁ・・・。プランターで育てるてのが無理なんかなぁ・・・。

 

 

 

 

 

そして2ヶ月後・・・

 

 

 

 

 

 

 

もうね、誰がどれだけ育ったかわからん大混戦。

 

 

しゅんちがベランダを気にしなくなった頃に嫁がせっせと育てて見事なグリーンカーテン完成してん。

 

 

 

 

実もちゃんとなってる。

 

 

タカ「もう収穫したのよ」

 

しゅ「あら・・・本当」

 

 

 

プランターで育てたからスーパーで売ってるゴーヤほど大きくはならないんだけど。

 

 

 

早速、ゴーヤチャンプルにして食べてみました〜。

 

 

 

 

むお・・・これはなんとフレッシュな青臭さと苦味。

 

 

まさにそこらの野に生えている草花をかじったかのよう。

 

 

これとビールを合わせて・・・

 

 

ぐびっぐびび

 

 

かぁ〜〜〜〜っ!キンキンに冷えてやがるっ・・・!

悪魔的だ〜!

 

 

こうして夏野菜を楽しめましたとさ。