書写は観察力を磨いてく | 美しさと真心が字からにじみ出る様になる成城書道教室

美しさと真心が字からにじみ出る様になる成城書道教室

世田谷区成城にて書道教室を主宰しています。
自分のペースで、真心のこもった美しい文字を引き出すお手伝いをしています。


テーマ:
いつもありがとうございます😊




成城・砧書道教室の徳田春苑です。









最近は「書写教育」という事を考える事が多いです。




子供達に教えている野沢龍雲寺こども書道教室でも、

夏休みが終わる9月から、また生徒達が増えます。

それから講師も一人増え、

どのように書写を伝えていくのが最も子供達にとって良いのか、

自分達の理念と沿うのか、

などなど

書道の目的なるものを、突き詰めて突き詰めて、

パアッと光が見えてきた感じです。







何かのブログで読んだのですが、

子供時代の学校のお習字では、




自分の書いた文字を否定され


直され


お手本そっくりのものが評価される




そういう環境がイヤで仕方なかった…


と、当時を振り返る書家の文を読んだのです。





私はこれを読んだ時は、


「それは書写が悪いのではなく、指導者がイマイチだったからでは?」


と思ったのですが(笑)




ただ単に、書かれた文字の否定はよろしくありませんよね。




なぜそうなのか


どうすれば良いのか


どこを見れば良いのかを伝える。


そして


自分がいつも書き慣れている


書き方の衝動を抑え


よく観察し


どう書かれているのかを見る。






そしてそれは正解を探すのではないという事。



お手本そっくりだから良い、悪いではなく




書写は観察力と表現力を磨くのが主な目的であって、





最終的に、お手本通りでなくていいと思っています。





矛盾した言い方にはなりますが、



お手本というものがあり、それを通して勉強はしていくが、



最終目的は、自分らしい美しい文字を書ける事です。




ただし書写教育なので、芸術的表現とはまた違います。



ここの所をよく講師が理解し、

実用性のある、美しい文字の書き方を伝えていければいいかなぁと、



最近思うのです^_^





 
!お教室情報!

 

まずは体験レッスンを。

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

◯書道教室概要はホームページから

 

Instagramで作品を随時更新中

 

 

美しさと真心が字からにじみ出る様になる成城書道教室さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス