訪問日:2010-02-18,19
 
 
*正確な閉館日時は不明ですが、2014年時点でHPや旅行会社の予約サイトが消え、複数サイトで閉館記事が記録されています。
これは2010年訪問時の記事です。
 
谷津温泉「割烹山荘 山の辺」は、旅館というより温泉民宿と言ったほうが良い佇まいですが、決してチープな印象はありません。
部屋は全四室(昨年までは七室)、掛け流しの貸切風呂2箇所がついて、オリジナル懐石コースが味わえるという内容ながら宿泊料12,600円(税込、2名一室時)という伊豆ではかなりのコストパフォーマンスを誇る評判旅館です。
今月は河津桜のシーズンということもあって、連日満室で1日たりとも空き部屋なしという人気振りです。
 
河津から峰温泉方面に折れ、かなり急峻な山道を登ると白い宿の暖簾が見えてきます。
こちらの建物は山の斜面に、鉄筋の五階建てが張り付くような立地になっており、入り口は四階部分になります。
門をくぐると囲炉裏を切ったロビーがあり、そちらで自家製果実酒がふるまわれます。
 
イメージ 1
山の辺・入り口
 
イメージ 2
囲炉裏が切られたロビー
 
部屋はロビーと同じ階に一室、その上の階(最上階)に三室で和室8畳から14畳、トイレ付き。
山の斜面に位置す、河津の町が一望で見渡せる素晴らしい眺望です。
 
イメージ 3
部屋
 
イメージ 4
部屋からの眺望・河津桜が
 
風呂の一つは三階(ロビーから見ると地階一階)にあり、更に階段を下ると最下階に露天風呂がしつらえてあります。
風呂は三階部分が岩風呂、もう一つが前述した露天風呂で、いずれも四人ほどが入れる大きさ。
泉質は含芒硝弱食塩泉100度、一晩中入浴可能です。
住所は峰温泉のある「峰」ですが、温泉は谷津温泉の源泉を引いているようです。

風呂の入り口にスリッパがあれば貸切入用中ということですが、満室ながら7,8度入浴した際に両方ともふさがっていることはありませんでした。
 
イメージ 5
貸切露天風呂1
 
イメージ 6
貸切露天風呂2
 
イメージ 7
貸切岩風呂
 
夕食は6時から三階のダイニングで。 宿泊客11名中、何と男性は私一人で、こちらの女性からの人気振りが実感されます。
それほど高価な食材は使っていませんが、確かな調理で上品に盛られた懐石風コースは健啖家をも充分満足させてくれるでしょう。
 
イメージ 8
前菜(引き上げ湯葉・鶏肉ロール牛蒡鋳込み・海老真丈菊花巻・いくら・金柑)
 
イメージ 9
椀物(白子豆腐)
 
イメージ 10
小鉢(あんきも)
 
イメージ 11
小鉢(胡麻豆腐)
 
イメージ 12
造り(金目・鰤・甘海老・殻付き牡蠣)
 
イメージ 13
焼き物(海老雲丹焼き)
 
イメージ 14
蒸し物(金目桜葉蒸し)
 
イメージ 15
揚げ物(鱧・海老真丈昆布巻き・しし唐)
 
イメージ 16
麦とろ飯・香の物
 
イメージ 17
デザート
 
翌朝は7時45分から胃に優しいもずく雑炊を頂き、デザートのフルーツとコーヒーか紅茶が振舞われます。
 
イメージ 18
朝のダイニング
 
イメージ 20
ダイニングからの眺望
 
イメージ 19
朝食(もずく雑炊)
 
イメージ 21
デザート
 
こちらのコスパ抜群な宿泊料は、徹底的なコスト削減から実現している様子です。
1.ご主人夫妻と若女将の3人で全てを切り盛り。
2.部屋ではお茶、布団の上げ下ろしなど全てセルフサーヴィス。
3.風呂には「退室の際は必ず照明・換気扇のスウィッチをオフにして下さい」の注意書きが。
4.朝食は余分なおかず一切なし、雑炊は昨夜の余った御飯で作られているようです。
しかし風呂の制限時間はないし、食事も一切手抜きなし。
節約はしても吝嗇ではない、理想的なコストダウンでしょう。
 
河津桜の咲く河津川までは至近距離、花見の拠点にはもってこいの宿です。
 
イメージ 22
河津桜
 
イメージ 23
河津桜
 
(谷津温泉「割烹山荘 山の辺」了)