「草木染めの宿 茄子(なすび)のはな」は以前ご紹介した「月のうさぎ」の姉妹宿
で、今回は同宿と連泊しました。
部屋数は「月のうさぎ」離れ全八棟より更に少ない全六室のこじんまりとした佇まい

やはり全室露天風呂付きで、大浴場なしという近年のトレンドにのっとった形式です
場所はこうした宿のメッカ伊豆高原。
大室山に向かう途の高台にある駐車場に車を停め、結構長い階段を下ると斜面に建つ
宿が見えてきます。
 
イメージ 1
長い階段を下ると隠れ家のような玄関が見えてくる
 
イメージ 2
フロント
 
まずは帳場の横の個室でお茶とお菓子が供されます。
こちらは夕食・朝食の食事処も兼ねています。
これは「月のうさぎ」と同じスタイル。
 
イメージ 3
食事・休み処
 
イメージ 4
チェックイン時の茶菓
 
お茶の後は階段を下って部屋へ。
部屋は十畳一間ですが、ベランダが広く視界が開けているのであまり狭さは感じませ
ん。
 
イメージ 5
部屋
 
ベランダは広く、木製の椅子も大きめで風呂上がりに涼むには最高です。
部屋に迫る木々では様々な鳥がさえずり、揺れる葉の音と共に海から吹きあがる風が
気持ち良い。
ちょうど気候もよく、ベランダでたっぷり読書ができました。
 
 
 
イメージ 6
ベランダ
 
早速風呂へ。
全四室全てに露天風呂が付いていますが、こちらの「まめの間」のみに3~4人
は入れそうな岩風呂がついており、一番人気となっています(他はベランダに陶器風
呂)。
部屋のすぐ外の斜面に造られた岩風呂は片側に木々、正面には海を望むもので、部屋
付き露天としては中々の風情といえるでしょう。
泉質は化物硫酸塩泉/ナトリウム泉、循環式ながら少しづつ源泉も加えているようです。
 
イメージ 7
部屋付の岩風呂
 
夕食は先ほどの個室で頂きます。
お品書きは食材を明記せずに春らしいタイトルをを列記してイメージを膨らませるも
ので、係の女子がそれぞれ質問形式を交えながら内容を解説するという演出です。
煩わしい人もいるかも知れませんが、私は中々楽しめました。
 
但し「月のうさぎ」と二品内容がかぶってしまったのは残念。
まあ二軒連泊するようなケースは滅多にないでしょうから、宿を責めるのは酷という
ものでしょう。
 
イメージ 8
(先付)雪間草:焼き伊勢海老と山菜盛り・菜の花ソース
 
イメージ 9
(楽盛)野遊:真子花煮・真丈梅肉・黄身味噌漬・百合根・空豆・小吸い物
 
イメージ 10
(割鮮)花明り:桜鯛・帆立昆布〆・黒むつ・海藻寄せ他あしらい色々
 
イメージ 11
茄子の花・純米酒
 
イメージ 12
(焼肴)心の霧:金目鯛若狭焼き・蕪・大和芋
 
イメージ 13
口替わり:野菜ジュース(山葵・苺)
 
イメージ 14
(洋菜)温石:愛鷹牛溶岩焼き(しし唐・エリンギ)
 
イメージ 15
(知会物)筍梅肉和え
 
イメージ 16
(飯)頬紅:桜海老炊き込み御飯・茶漬け
 
イメージ 17
(水菓子)観桜:苺ゼリー・シャーベット
 
夕食後部屋に戻るとキャンドルとバースデイカードが。
こうしたちょっとした心遣いはうれしいものです。
 
イメージ 18
キャンドルとバースデイカード
 
イメージ 19
冷蔵庫に用意されたプリン
 
こちらでも終日風呂を楽しみ、朝はうるさいくらいの鳥の声で目覚めました。

朝食は見るからに女性が好みそうな可愛らしい盛りつけです。
 
イメージ 20
朝食1(惣菜いろいろ・鯛刺身)
 
イメージ 21
朝食2.温野菜と自家製豆腐
 
焼き魚は前夜、鯵・カマス・えぼ鯛の三種類から選択できます。
 
イメージ 22
朝食3.カマスの干物とご飯・鯛のアラの味噌汁
 
イメージ 23
紅茶とデザート(グレープフルーツのシロップ漬け)
 
対象年齢層は多分私より若い人向けで、再訪の機会があるかはわかりませんが、値段
や場所から考えればそれなりに満足できる宿でした。

しかしこの近辺だけでも類似のコンセプトの宿は十指どころか二十指を超える数があ
り、そうした中で他との差別化を図って生き残って行くのは至難の業でしょう。
こちら持ち前の細かなおもてなしで、長らく頑張ってほしいものです。
 
 
イメージ 24
一碧湖
 
イメージ 25
最後の桜と大室山
 
(伊豆高原温泉「草木染めの宿 茄子(なすび)のはな」)了