訪問日:2016-06-27,28
 
 
岐阜県可児(かに)市の鬼岩公園は、飛騨木曽川国定公園の一角をなし、風雪に洗われた花崗岩の巨岩怪石と周辺の木々や花々のとコントラストが美しい名勝です。
鬼岩温泉「了山」はそのすぐそばに建つ料亭旅館です。
 
イメージ 1
鬼岩温泉「了山」
 
イメージ 2
ロビー
 
可児川を挟んで温泉のある本館と宿泊棟が箸で結ばれており、綺麗に植えられた木々や花々も相まって中々風流なロケーションです。
川の両側で、可児郡御嵩町と瑞浪市と住所が違うのもユニーク。
 
イメージ 3
橋を渡って宿泊棟へ
 
イメージ 4
可児川と宿泊棟
 
イメージ 5
部屋1
 
イメージ 6
部屋2
 
イメージ 7
部屋から可児川を望む
 
浴室は昨年11月にリニューアルされたばかり、内湯・ジャグジー・露天を備えます。
泉質はの一帯に多く見られるラジウム(放射能)泉で、 単純放射能冷鉱泉18.5度、加熱循環。
露天は眺望なし、男女一日交代制です。
 
イメージ 8
内風呂1
 
イメージ 9
内風呂2
 
露天風呂
 
イメージ 10
休み処
 
屋上庭園
 
こちらのウリは洗練された割烹料理で、出汁の効いた薄めの味付けと創意溢れる料理、美しい盛りつけに満足。
ただ地の食材より海の物が多かったのは少々残念です。
 
イメージ 11
食前酒:ライチ酒
先付け:枝豆豆腐・玉味噌
前菜:順才オクラとろろ・穴子煮凝り・若桃コンポート
ツル紫胡麻和え・たたみ鰯酒盗焼き・蛸柔煮・冬瓜
 
イメージ 12
椀物:清汁仕立て
柳川豆腐・おかひじき・柚子・鰻・牛蒡・大和芋
 
イメージ 13
造り:間八・鮪・真鯛・墨烏賊
 
イメージ 14
地酒:三千盛(みちざかり)
 
イメージ 15
焼物:鮎塩焼き
 
イメージ 16
蓋物:牛タン煮・養老蒸し
 
イメージ 17
台の物:奥美濃古地鶏の朴歯味噌焼き
 
イメージ 18
揚物:紅コチ・茄子包み揚げ・モロッコ豆
 
イメージ 19
豆ご飯・味噌汁・香の物
 
イメージ 20
水物:季節の果実とプチケーキ
小豆アイス
 
イメージ 21
ライトアップされた可児川
 
イメージ 29
朝食
 
名勝「鬼岩公園」は宿からすぐの散策コースです。
季節柄、紫陽花が綺麗に咲いていました。
 
イメージ 30
鬼岩公園1
 
イメージ 31
鬼岩公園2
 
イメージ 32
鬼岩公園3
 
イメージ 33
鬼岩公園4
 
イメージ 34
鬼岩公園5
 
また前日に訪問した恵那峡の写真もどうぞ。

恵那峡は木曽川中流にある日本初のダム湖で、多くの場合景観が損なわれたダム開発とは全く逆に新たな景勝地が誕生したということでも知られています。
遊覧船では珍しい川霧が発生、幻想的なクルーズを満喫しました。
 
イメージ 22
恵那峡1
 
イメージ 23
恵那峡2
 
イメージ 24
恵那峡3
 
イメージ 25
恵那峡4
 
イメージ 26
恵那峡5
 
イメージ 27
恵那峡6
 
イメージ 28
恵那峡7
 
(鬼岩温泉「了山」了)