獣医師・宿南章の「愛犬の病気を治す進化犬学 リスクを防ぐ予防原則」

獣医師が 愛犬の飼い方を予防原則と進化生物学の立場から語ります。1960年代にドイツからはじまった予防的取組。アスベスト・狂牛病といった「遅い教訓」への対処概念でEU、WHO、日本の環境省取り組んでいます。また重要な進化医学の視点から解説します。


テーマ:

犬種の歴史(進化)を知ったうえの手作り食が理想!



手作り食

ドッグフードだけでなく、手作り食やトッピングでも、犬の進化生物学的な視点が各犬種で配慮されているのが理想です。


食事や栄養のことだけでなく、各犬種がそれぞれの進化をしてきた過去の歴史を知ったうえで、食事や栄養の指導をしてくれる人やフードメーカーが理想です。


その愛犬の進化(歴史)への理解度は簡単な質問でわかります。



①「この犬種は過去にどんなものを食べてた歴史を持つ犬種ですか?」



というとてもシンプルなものです。


模範例ですが、


犬は、牛や鹿などの反芻動物(新・草食動物)をベースにしながら、


◎プードルでは、さらに、カモなどの水鳥


◎ダックスでは、さらに、アナグマ、穴ウサギなど地中系動物



を食べてきた歴史を持つ犬種です、という回答など理想です。


わんこごはん


これは、プードルが水鳥(鴨や雁など)の狩りの歴史を持つと知っていると理解できます。プードルの特有のカットはこの歴史を持つことが大きく関係しています(∩_∩)



同様に、



②「うちの犬種にはなにを食べさせたら進化生物学で考えた場合あっているでしょうか?」


という質問をしても、同じです。



食事療法食

同様に模範例としては、


◎柴犬は、魚や鶏肉


◎チャウチャウ犬は、穀類


などとなります。


チャウチャウ犬は、穀類を人間が必要とする動物性蛋白質にするという家畜(食用の犬)としての歴史を持ちます。

このように愛犬の歴史(進化の歴史)を知ると食事補正を、カンタンに各ご家庭で実行していただけます。



アメブロの読者のかたは、知的で愛情深い愛犬家のかたが多いので、このあたりのこともまた機会がありましたら、詳しく書いてゆければと考えています。



では、また (U・x・U)



トッピング


無添加ドッグフード



AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。