武術としての空手を追及する修気道&宮本武蔵の技術を引き継ぐ武蔵円明流判官派

武術としての空手を追及する修気道&宮本武蔵の技術を引き継ぐ武蔵円明流判官派

修気道空手は火の呼吸ヨガ、意拳も取り入れボディーワーク的に身体能力を高める道場です!
武蔵円明流判官派は若き日の宮本武蔵が実践していた伝統剣術です。古流の身体操作も学びながら武蔵の剣を学びます!

宮本武蔵の技術を引き継ぐ「武蔵円明流判官派」の剣術を東京で学べます!


日本を代表する剣豪と言えば宮本武蔵です。小説やドラマ・映画にもなり、彼の足跡は誰でも身近だと思います。武蔵の剣は「二天一流」が有名ですが、これは武蔵が晩年技術を整理した流派です。若き日の武蔵が使っていた技術が「円明流」です。武蔵の没後は弟子たちが技術を伝えていきますが、その一つに「武蔵円明流判官派」があります。

京都の北、鞍馬寺が円明流発祥の地です。文治の頃、源義経が奥州高館城に亡命。家臣であり弟子の重源(義経流を修行)は鎌倉殿下をはばかり義経流を取りやめ、「円明流」を創流しました。これは天平7年(735)剣法書、吉備真備著の文献にあきらかにされています。重源は京都の醍醐寺僧侶として上醍醐に居住していました。醍醐寺に「円明庵」という宿坊があってそこから名を取ったとされています。

円明流の流祖は俊乗坊・重源、そして源流は鞍馬流です。円は法輪のことで絶対空の無限界、明とは日輪と月とを象徴し、円満完全な兵法を目指します。宮本武蔵の二天一流の元流は円明流から分派した武蔵の兵道鏡円明流です。この兵道鏡円明流からさらに分派したのが「武蔵円明流」です。

武蔵直系の弟子が「武蔵円明流判官派」を名乗り、末裔が鳥取池田藩剣術師範に召抱えられ秘伝としたことから当流は鳥取池田藩で300余年にわたり門外不出でした。時が経ち昭和36年に公開されました。当稽古会は先代宗家より引き継がれる技術を後世に遺すことを目的として活動しています。

この伝統ある剣術を初心者の方にも体験していただく機会を設けました。



初心者対象の稽古会を東京都小平市にて開催しています!!


Let's learn Musashi Miyamoto's Ken! You can lern traditional Ken-Jutsu "Musashi-emmeiryu-hanbanha" in Tokyo!

URL
https://www.shukido.jp/musashi_emmeiryu_hanganha.html

道場の練習においての組手では

安全性を考慮してサポーターや

グローブを付けるのが一般的です。

 

最近ではオープンフィンガーが

普及したことにより、

素手に近い感覚で出来るように

なったのは大きな進歩かもしれません。

 

しかし、一方で薄いグローブであっても

素手と全く同じではありませんから、

「手の内」をブローグで意識するのは

難しいでしょう。

 

そう考えると、

伝統系のように素手で寸止めで

組手をするスタイルは

手の内という観点ではアリです。

 

たまにはそういう練習で

素手における手の内を意識することも

大切だと思います。

 

安全性を担保しながらもどこまで

素手の意識を磨いていくか

試行錯誤しながら探っていきます。

 


*意拳・火の呼吸メソッドも取り入れた
修気道は他流になり練習体系となっています。
見学・体験も随時OKです!

 

 

 

オンラインで火の呼吸が学べます!

↓↓↓

詳しくはこちらをご覧ください。

https://ameblo.jp/shukido-seitai/entry-12595352193.html

 

 

 

 

火の呼吸エクササイズ
新作が出来ました!

今回のテーマは
「スタミナアップ」

です。

 

疲労感を溜めずに

効果を上げるのが

火の呼吸のメリットです。

 

このメニューは中級者向きの

ハードなものですが、

持久力を短期間でアップさせるには

適した内容です。

 

基礎が身についた方は

チャレンジしてみてください。

 

*修気道では火の呼吸メソッドを

練習体系の中に入れています。

完全オリジナル稽古体系です

 

動画はこちら

↓↓↓

 

 

 

オンラインで火の呼吸が学べます!

↓↓↓

詳しくはこちらをご覧ください。

https://ameblo.jp/shukido-seitai/entry-12595352193.html

 

 

 

 

火の呼吸の新作アップしました。

 

今回は「時短で健康的にヤセる」

火の呼吸エクササイズです。

 

バランスのいい食事・睡眠と

効果的なエクササイズで

健康的に体重・体脂肪を落としていく

というのが理想的です。

 

ですので、極端な食事制限で

短期間に一気に落とすのではなく、

カラダに負担をかけないようにして

10日で1キロ位を目安としました。

 

私自身、20年以上

体重が変わらないのは、

間違いなく火の呼吸メソッドのお陰です!

 

動画はこちら

↓↓↓

 

 

 

オンラインで火の呼吸が学べます!

↓↓↓

詳しくはこちらをご覧ください。

https://ameblo.jp/shukido-seitai/entry-12595352193.html