なりたい職業は「本当になりたい職業」なのか? | 【就活塾】採用のプロが伝授!就活コンサルタントの必勝アドバイス
2011-11-02 10:00:00

なりたい職業は「本当になりたい職業」なのか?

テーマ: |―企業選び

こんにちは、【就活塾】高田です。



みなさんには「なりたい職業」がありますか?
または「入りたい企業」がありますか?


さて、就活を始める前の学生宛てにこんな質問をしてみると、
約6割以上の就活生が「正直、具体的にはありません」と答えるようです。


そして、残り4割の目標がある学生に「それはなぜ志望するのですか?」
とさらに突っ込んで聞いてみると、具体的な気持ちや理由を述べることが
できる人はその半分以下だそうです。



例えば、学生に人気がある目標で代表的なものは、
男性であれば商社マンがありますが、その理由は「海外で活躍できるから」
「バリバリ働けるから」「大きなプロジェクトに携われるから」などです。


これに対し、「海外で働きたいのであればなぜ海外に行かないの?」
「経理に配属されたり、国内事業に配属されたらどうするの?」といった
追加の質問をすると、ほとんどの学生は答えられません。

他の理由も同じ主旨の質問をすると、同じくほとんどが答えられません。



また、例えば女性で人気のCA(キャビンアテンダント)でも同じです。
志望の理由は「プロの接客で渡航客に満足をさせたい」「世界中を飛び回りたい」
「旅行が好き」などですが、同じくツッコンで質問をすると同じ結果となります。



このような現象から感じることとしては。。


ほとんどの人は子供の頃から思い描いていたイメージや、マスコミやTVドラマ
などに感化された偶像だけでそれを「成りたい自分」として美化しているのでは?


職業自体を意識するのではなく、その職業が取り巻く環境(海外に行ける、プロ
ジェクトに関われる)に対して興味を持っているのでは!?



つまり、表面上のイメージや感じる印象だけで

選んでしまっているのではないでしょうか??



「そんなに決め付けて考えなくてもよいのになぁ」って私は思います。


「私は○○に入りたい、なんて最初から決め付けないで、もっといろんな業界や
職業を見て、自分の可能性を広げて欲しいなぁ」って私は思います。


だって、今からみなさんは(基本的には)40年以上も働くのですよ!?
みなさんが今まで生きてきた時間の2倍以上も働くのですよ。


せっかくですから、具体的な面接などが始まるまでのあと半年くらいは
いろいろな業界や職業に可能性を見てみてはいかがでしょうか?


【就活塾】実践で役に立つ就活マニュアルサイト

http://shukatsu.cart.fc2.com/



さぁ、ガンバレ!就活生パンチ!

>>今日の記事がタメになった人はこちら!

                              ペタしてね

就活コンサルタント高田雅彦さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ