2013卒の就職活動を予想する3 | 【就活塾】採用のプロが伝授!就活コンサルタントの必勝アドバイス
2011-10-27 10:00:00

2013卒の就職活動を予想する3

テーマ: |―2013採用事情

こんにちは、【就活塾】高田です。



さて、来年度2013卒就活動向についての予想第3段は、


「企業側の採用戦略(募集~選考方法)の変化について」です。


(第1回目をまだ読んでいない方はこちらからどうぞ。

(第2回目をまだ読んでいない方はこちらからどうぞ。


前回までにお話したように、震災や円高などの経済に影響する要因は

あるものの、新卒採用については昨年や一昨年以上に盛んになると

私は予想しています。


さらに2013採用については、以下の3つが変化として加わります。


1)募集活動の後ズレ

求人媒体や企業セミナーなどが全て12月以降(実質的には年明け以降)

となり、従来の採用時期と比較して約3ヶ月遅くなりました。


2)採用基準に対する学生とのギャップ化

企業が求める人材像に対して、現在の学生レベルにはギャップがあり、

企業側は採用をしたいが、学生を沢山集めてもそのレベルに達する人は

ほとんどいないという、ミスマッチ現象が年々激しくなっています。


3)ソーシャルリクルーティングの進行

Facebookなどのソーシャルネットワークサービスを利用して、学生に

ブランディングやマーケティングを仕掛ける企業が増えています。




さて、これらから、2013の採用選考に以下のような変化が見られると

予想されます。みなさんとしては、もちろん初めての就活となりますので

昨年以前と比較されてもよく分からないよーっと思うでしょうが、

イメージとして捉えていただければと思います。


先に事情を理解しておくことで、これからの対策もうまく進められると

思いますので、少々難しいことを書きますが、一生懸命読んでくださいね。



1)ブランド企業がさらに人気が上がる!?


募集開始時期が遅れた分、それを後ろにズラすわけにはいきませんので、

企業側は今までより短い期間で採用活動をしなければならなくなります。


みなさんへの影響としては、「業界セミナー」や「企業理解のためのイベント」、

「OB訪問や若手社員との懇親」などの機会が少なくなる可能性があります。


ということはつまり、「企業や社員と直接接して情報を得る機会が減る」という

ことです。みなさんはWEBや求人広告などのマスメディア情報を中心に

企業選びをすることになるということです。

さらに、Facebookを活用したブランディングをするのは大企業が多いですから、

みなさんの目に止まるのは自然と大手企業が中心となります。


ということは、、結果として、「名前を知っている企業」「商品を知っている企業」

「分かりやすい・親しみやすい業界」など、今まで以上に大手志向になって

しまう危険性があるといえます。



2)面接対策ができなくなる!?


これは最近数年の傾向なのですが、みなさんが面接対策で模範解答を

よく練ってくるので、みなさんが同じような答えしかせず、人事側は判断が

つかないといった現象が続いています。


さらに、最近では、若者のマニュアル化やコミュニケーション不足、競争心

不足、ストレスに弱くなってきているといわれているので、人事はどう面接を

したらよいか?とても悩んでいます。


具体的には、「深堀面接(圧迫っぽい面接)」や「ディスカッション形式の面接」、

「適性検査の複雑化・特殊化」、「エントリーシートが論文形式になる」など、

面接の多様化が進むと考えられます。


ということは、みなさんとしては、面接対策がしづらくなってくると思っておく

必要があります!


「◎◎を聞かれたら△△と答えよう」という模範解答は作りづらくなり、

逆にコミュニケーション力や普段の行動や人間性などがより大事になってくる

ということです。



どうでしょうか?イメージはつきましたか?


とはいえ、全ての企業に当てはまるわけではないので、

これを全て鵜呑みにするのは危険ではありますが、

大きな流れとしては(全体的には)このような傾向になってくると

私は思っています。



大事なことは、マスコミや就活ビジネス会社の言い分に惑わされずに、

また、小手先のテクニックや情報集めに翻弄されずに、

「一生懸命に本当の自分自身を磨く」lことを忘れないことだと思いますよ。



さぁ、ガンバレ!就活生パンチ!

>>今日の記事がタメになった人はこちら!

                              ペタしてね

就活コンサルタント高田雅彦さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ