2017-07-07 19:07:39

メガネ屋の仕事、なくなるってよ。

テーマ:ブログ

先日、週間現代の記事で

「オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」という特集があり、今回も「メガネの検査・加工技術者」がめでたく上位にランキングされていた。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40925

 

米オックスフォードの大学の教授達が

世の中にある主要な各仕事に必要なスキルはどのようなもので、そのスキルを機械がどれだけ自動化できるのかを、テクノロジーの発展のトレンドを考慮して詳細に調べ上げて、具体的にコンピューター化の障壁となりうる9つの仕事特性を抽出———たとえば、手先の器用さ、芸術的な能力、交渉力、説得力など———702の職種を評価し職業ごとに、その難易度をあらゆる角度から検証し機械や人工知能で置き換え可能な可能性をはじき出した結果だそうで、その中にOWNDAYSの本業である「メガネの検査・加工技術者」もめでたくランクイン。

 

ちなみに、この手のランキングで「将来無くなる仕事」に

自分達メガネ屋の仕事がランクインするのを見かけたのは

もうこれで3回目である。

 

さてさて、自分たちの仕事が

これから20年で「確実になくなる」と偉い学者先生に

断言されるのはなかなか興味深いところである。

 

そして断言された側の

ど真ん中にいる自分が、これについてどう考えてるかというと・・

 

 

 

 

 

うん。

 

 

 

 

 

多分なくなると思う。

 

 

 

っていうか検査は、もうすでに自動化しつつある。

OWNDAYSでは最新の検査機器を導入し、度数決定のプロセスを誰にでも簡単にできるようなシステムを作り視力測定の作業を省力化していたりするし、さらにその開発の流れは業界をあげてより加速していくだろうから、もうあと数年のうちに未経験の人でも、かなり高い精度でベテラン検査員と同じレンズの度数決定が簡単に行えるようになることは確実だろう。

 

もう一つ。

メガネ屋さんにとって大事な仕事に「レンズ加工・フィッテイング」がある。

 

これは、フレームの形(業界用語でいうと玉型)に合わせてレンズを削り、それをフレームの中にはめ込み、お客様の顔に合わせてフレームを微調整する作業である。

 

レンズそのものを削るのは、もうとっくの昔に全自動化されており、今どき手でレンズをガリガリと削っているメガネ屋などいないだろう。

 

ただ、加工されたレンズをフレームにはめ込むのには、結構な職人技が必要だったりする。チタンやプラスチックなど、フレームの素材によって硬さや粘性が違うのでフレームに合わせて微妙な調整をかけなければレンズがガタガタしてしまったり、すぐ外れてしまったりするからだ。

 

この辺の職人技は、人工知能や機械では不得意範囲なのでもうしばらくは人間の仕事として残っていくことだろう。

というかこの複雑で繊細な作業ができる機械を作ってメガネを作らせるくらいなら、人間の方が「コストが安い」から、まだしばらく人間の仕事として残されると表現した方が適切かもしれない。

 

 

さてさて

 

では、社長自ら「メガネ屋の自分たちの仕事はそのうち無くなる」と

こんなところで不用意かつ公式に発言されてしまったOWNDAYSで働く人達は一体どうしろというのか?

 

 

そこに関して僕の考えを今日はつらつらと述べたい。

 

 

僕はOWNDAYSで働くスタッフ。

とりわけ店舗で働いているスタッフの人たちには、最近ことあるごとに、こう伝えている。

 

「お客様がOWNDAYSの⚪️⚪️さんからメガネを買うのではなく
⚪️⚪️さんがいるからOWNDAYSでメガネを買う」と言われるようにならないといけない。

 

「自分の仕事がいらなくなる世界」を迎えるにあたって、店頭に立つ全ての人は「自分個人を売れるようになる状態」を目指さなければいけないと思う。

 

 

例えば僕が店舗に立っているとしたのなら
お客様は「OWNDAYSの田中さん」からメガネを買うのではなく


「田中さんがいるからOWNDAYSからメガネを買う」という状態をいかに作れるか?ということなのだ。


自分を知ってもらう。

相手を喜ばせる。

楽しませる。

たくさんの人と繋がって信用を集める。
 

会社に所属していても

自分個人を、世間に向けて発信して、クレジットを得てタレントになれる人は、結果として会社や周囲からも必要とされ、機械が進化したり、移民などの安い労働力が来ても簡単には置き換えられない、価値を生み出せるようになるでしょう。
 

逆に、アナタでなくてもお客様は困らないし

アナタがいるから買いに来てるわけじゃない場合、その人の仕事は機械や、もっと給料の安い移民の人に、どんどん置き変えられていくことになるだろう。

 

 

では、そんな「個人」をどうやって売り込んでいくか?

 


OWNDAYSではFBやTwitter、Instagram、ブログ、微信、wechat等、様々なソーシャルやメディアを使った個人の発信を会社ぐるみでどんどん推奨している。

 

もちろん、お客様のプライバシーに関する部分や、口汚い誹謗中傷など、社会通念上、当たり前とされるメディア利用規定のラインはしっかり守ってもらうことは前提にした上で、個人的に自分の仕事や会社、職場、商品を好き勝手に発信することは、どんどん推奨している。

 

個人個人が自分自身の魅力をどんどん発信して、まずは身近な半径10mの人達に向けて発信して、関係性を築いて、たくさんのファンを作っていく。そして自分自身が小さなメディアになり価値を産み出していく。そういう能力がこれからの時代は必ず必要になっていく。

 

インターネットが世界の隅々まで行きわたり、これだけ情報が溢れてしまっている現代社会では、会社がどんなに沢山お金をかけて立派なホームページを作って宣伝するよりも

 

身近な〇〇さんが、個人的に「良かった」「楽しかった」「この商品は良い」「この会社は楽しい」と自分の言葉で発信している情報の方が、遥かに高い信頼性を持つ時代なのである。

 

そしてここが大事なポイントなのだが

あくまでもそういった発信は

 

「個人の自由意志に委ねた状態」

 

でないといけない。

 

いわゆる業務指示にして、スタッフ個人に会社の宣伝目的の発信を義務づけると、それこそ「やらされ感」が滲みでて、ステマ感全開で余計に世間から反感を買って逆効果になってしまうので

スタッフ自ら、思わず発信したくなっちゃうような「良い商品」や「確かなサービス」をきちんと嘘偽りなく作り続けていかないといけないし、楽しいイベントや、面白い仕掛けも日々用意していかないといけない。

 

その上で、OWNDAYSとしては

 

「ポジティブな内容なら発信するのは全然自由だよー、みんな自分をたくさん発信して、自分個人を信頼して買ってもらえるような人になってねー、そっちの方が会社が仮に潰れても、社会が大きく変わっていっても、皆んなはどこでも稼げるようになっていけるし、とっても身を守ってくれるすごい良い武器になるよー」

 

こんなスタンスで推奨していくようにしたい。

 

 

 

OWNDAYSの全国のスタッフ数は約1000名。海外も含めると2000名。このくらいの規模の従業員数で、スタッフのネットでの発信を解禁する会社というのはとても珍しいと思う。情報漏洩や、バカッター的投稿で炎上するリスクも大いにあるかもしれない。

 

でも、これからの時代は、ただ企業が発信するお金をかけた広告だけでなく、そこで働く人たち自身が、自分たちの目線や言葉で、自分たちのサービスや商品を紹介していって、自分の半径10mの人たちから、共感と信頼を得て、価値を繋げていく時代だと思うし、僕は自分の会社で働くスタッフのモラルを信じているので、みんなが自分の言葉で発言することを尊重したい。

 

 

長々書いたが

つまり、そのなにが言いたいかというと

 

 

お客様から

 

「テレビでCM見て買いに来たよ」

 

と言われるより

 

「あなたが素敵だから買いに来たよ」

 

って言われた方が絶対楽しいでしょ。

 

OWNDAYSの店頭に立つ人は

みんなそう言われる人になって欲しいと僕は思う。

 

 

 

【Jobs related to optical shop will disappear】

 

I have read the journal in the Shukan Gendai 

The feature article about [Disappearing Career] and [Disappearing Jobs] within 10 years recognized by Oxford University and we have our [Optical examination and assembling technician] on top of the ranking. 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40925

 

The professors in American Oxford University have mentioned there are different required skills in order to accomplish different jobs and they have doing the research on how much can those skills be replaced by machine and to consider details on the trend of technology development. Finally they came out with 9 different jobs, which are difficult to replace by machine such as, the skillful hand, art sense, negotiation ability and the ability in convincing people. From 702 different jobs, they have examined the difficulty in different angles to see if the machine or AI will be able to replace those jobs. For the result, our core business [Optical examination and assembling] is on the top list. 

 

By the way, the [Disappearing jobs] rank I have read, this is my third time to find our optical shop on the rank. 

 

Ok! Now I am so interested in the saying from those great professors who made the assertion in [Definitely Disappearing]. 

 

And the person who has been asserted…

Me, myself has different thoughts… 

 

 Yes! 

 

 I think our job will disappear. 

 

Actually, the examination can be done automatically now. 

OWNDAYS has introduced the latest eye exam machine to help making decision on choosing the prescription in such an easy way that everyone will be able to do. The system will be able to boost the speed in developing process of the industry. After few more years, we will be able to let the people without any experiences to complete the eye test like experienced examiner. 

 

 One more will be 

The most important thing for optical shop is the [Lenses assembling and fitting] 

 

This is cutting the lenses to fit to the frame shape (It is called lens shape in the industry) and the lenses will be inserted into the frame and slight adjusted the frame to fit customers’ face. 

 

The process of cutting the lenses can be automatically done for some time already. Nowadays, there are no optical shop will cut the lenses by their hand.

 

However, we will need the technician to insert the lenses into the frame. Depends on different materials such as titanium and plastic will have different hardness and stickiness. It will need the slight adjustment of lenses to fit it the frame. Otherwise, the lenses will be trembling and drop out of the frame soon.  

 

The artisanship is some thing that AI and machine are not good at, which will still be the job left for human beings. Even we are able to produce the machine that can conduct such a complex and delicate job of assembling glasses, the “cost” for human will be cheaper. This is the reason why I think this job will still be left for human to do. 

 

 Come back to our topic 

 

 What if I as a CEO to announced officially that [Optical shop job will be disappearing], how will the people work in OWNDAYS think? 

 

 I am going to tell everyone what I think today. 

 

 I would like to make something clear to the staff working in OWNDAYS. 

 

 We need customer to say that [I have bought the OWNDAYS glasses because of Mr./Ms. OO], instead of [I have bought glasses in OWNDAYS from Mr./Ms. OO.] 

 

 In order to face the situation of [Disappearing jobs from the world], we will need everyone in the shop to be [Selling yourself] and this will be our final goal to face this difficult situation. 

 

 For example, if I am working in the shop, 

Will I be able to create the situation that [Customer is not buying glasses from Mr. Tanaka in OWNDAYS but buying the glasses from OWNDAYS because of Mr. Tanaka.]

Let people knows about you.

Let customer enjoy in our shop. 

And gather the trusts from different customers. 

 

Even you belong to the company you should send your own message to the world and you will be credited fro there. Some people became comedian to make society and people around them.

 

On the other side, if customer didn’t need you and they don’t really come to the shop because of you. Your job will be easily to replace by machine or cheaper immigrants.   

 

 Then how do you sell [Yourself]? 

 

 

OWNDAYS is the company promotes staff to send their message through social media like FB, Twitter, Instagram, and blog, Wechat etc. 

 

OF course, staff should pay attention to the basic rules in using media such as things related to customers’ privacy, slander with unpleasant wording, which is against the social moral. If you can follow the rules then you want to send your message about your job, company, workplace and product anything you like, you are always encouraging to send on the social media. 

 

Let people aware about your attraction and this will be started from people radiuses 10 m near you, creating the relationship and fans of you. Then you will be able to create the small media around you and produce the value of yourself. This is the ability that needed by the society these days. 

 

This is just a small part of the Internet world. Modern society these days is full of different information and many companies are spending so much money to create their fancy website to promote themselves. 

 

 However, I think it will be more efficient to spend your own experiences about [Wonderful memory], [Enjoyable things] and [Quality goods], [Enjoyable company], this kind of information is more reliable. 

 

 And the most important thing in sending this kind of message should be only under 

 

 [Individual free will] 

 

 Which means if the company just forced staff to upload with the promotion purposes, this will only create the adverse effect to make people dislike the products. Important element will be staff upload on the social media because they felt that these are really [Quality product] and [Best service]. This is the reason why we are always preparing the quality products and service with joyful event to convince our staff. 

 

 OWNDAYS is…

 

[If it’s something positive we are totally fine with it and it is important that everyone sending their own messages to be the person that can be trust so no matter if the company is facing the bankruptcy or becoming bigger and bigger, all my staff will be able to earn money everywhere and this will be the best weapon to protect oneself.]

 

 This is how I hope my staff can be. 

 

Staff number in OWNDAYS is around 1000 all national and if including overseas, there are totally 2000 staff. There were very few companies will encourage staff to send their own message through Internet with this kind of number of staff. This is related to confidential information and risk to bring out the topic on the Internet. 

 

 However, this is what the modern ear is, not only spending money in advertising but to let the people working in the company to provide their view and language to introduce the products. From people radiuses 10 m near you, you have to gain the trust from them and this will certainly connect to the value. I will believe my staff in their moral so I would like to give them my respect in freedom of speech. 

 

 I have been writing for so long.

The most important message I would like to send to everyone is…

 

 Instead of hearing customer saying that 

[I have seen the CM on the TV and I came to buy your glasses] 

 

It will certainly be better to hear customer say that 

 

[I came to buy the glasses because of you.] 

 

I hope all my OWNDAYS staff will be able to make customer saying something like this.

 

シュージさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

リブログ(2)

  • ”金物卸売業、死んでるってよ。”

    10年後無くなる職業に"卸売業"は入っていなかったが…っていうか既に死んでいるということかな。モノを売る卸売業のフジタは必要とされない。商品をPRするだけの"売り子"のフジタであれば必要とされないし、フジタじゃなきゃいけない理由がない。Not 物流業 Not 卸売業つなぎ手=ディレクション…

    takashi

    2017-07-10 20:36:52

リブログ一覧を見る