究極の自己満イベントが僕らを育てる話し。 | オンデーズの社長のブログ

究極の自己満イベントが僕らを育てる話し。

 

当社では「OWNDAYS SUMMIT」

 

 

 

 

というイベントを毎年開催している。

 

 

 

 

 

日本だけでなく

シンガポール、台湾、タイでも

開催している。

 

(IN 台湾)

 

(IN Singapore)

 

( IN Bangkok)

 

 

まあ平たく言えば

よくある

自己満で溢れた

社員総会的なやつなのだが

当社の場合は、少しばかり毛色が違う。

 

何が違うかと言うと・・

 

 

 

 

 

 

もうめっちゃ本気なのだ。

 

 

 

どれくらい本気かと言うと

 

それは博多の人たちにとっての

山笠

 

岸和田の人たちにとっての

だんじり

 

浅草の人たちにとっての

三社祭

 

くらい本気なのだ。

 

特に社長の僕の熱の入れようは

半端なくて

この年に1度のサミットの為に

1年間懸命に働いている

と言っても過言ではないくらい

本気だ。

 

 

むしろ

会社を伸ばす為にイベントをやるんではなくて

イベントを大きくする為に会社を伸ばす様相すら呈してきた。

 本末転倒。なんともふざけた社長で些か申し訳ない。

 

 

ただ、この年に1度の各国のサミットで

その国のOWNDAYSで働く仲間たちに会い

新しい発表をして、彼らを驚かし

時に腰を抜かし

戦い、競い合い

その成果を分かち合い

笑って、泣いて

感動して、歌って、踊って

最後に旨いビールを飲む。

この瞬間が何ともたまらないのである。

 

 

 

その瞬間

たまらない一瞬の瞬間を

過ごせるように1年間頑張り続けている。

そんな感じだ。

 

そんな自己満で始めた社内イベント OWNDAYS SUMMITだか

これまた不思議なことに、始めてから4年。

当社の業績は、なぜかグイグイ伸びることになった。

 

その理由が最近なんとなくわかってきたのだが、

このSUMMITがOWNDAYSにもたらした1番大きな効果は

 

「区切りをつける」

 

というところにあると思う。

 

僕たちOWNDAYSのような

店舗業、小売業、サービス業に従事する人間たちが

自身や組織を成長させていくのに

一番の障害は

 

「区切りが無い」

 

ということが大きいと思う 。

平たく言えば平凡で起伏が無いのである。

毎日、毎日

良いサービスを追及し

良い商品を製造しお客様に提供していく。

その評価は「売上の数字」となって

フィードバックされる。

 

月末、予算を達成した!

みんなで喜ぶ。

でも一晩寝れば、また同じ変化の無い

明日がやってくる。

明日も同じお店のシャッターは同じ時間に開く。

 

もちろん

それでいいのだし、そうあるべきだ。

そんなに極端にお店が日々変化してしまっては

訪れるお客様も戸惑うだけなので

小売サービス業のお店は

毎日、同じ場所に

同じような佇まいの中で

どっしりと構え、しっかりと確実に安定した商品やサービスを日々磨きつづけながら提供し続けることが何よりも大切だ。

 

ただしかし、その裏で

そこで働く人たちは

その安定した毎日を提供するために

些か変化の少ない、平坦な毎日を過ごすことを強いられてしまう。

自分の成長を実感する「大きなイベント」が自然発生することはないのだ。 

そうなると

根本的に怠け者な僕ら人間は

平凡な毎日が続く中で

ついつい面倒くさいことを後回しにしてしまったり

辛いことや大変なことから逃げてしまいがちになる。

 

OWNDAYSも過去そうだった。

 

ちゃんと毎日一生懸命頑張っていて、それなりに売上も伸び会社もそこそこ成長していたのだが

例えば

「新しい国に進出しよう!」

とか

「画期的な自社開発のシステムを作ろう!」

 

みたいな全社を巻き込むような大掛かりな案件になると、目先の細かな仕事に追われてるうちに、ついつい先延ばし、先延ばしで、なかなか勢いよく進まないでいた。

 

そんな時に始まったのが

この「OWNDAYS SUMMIT」である。

 

最初は、友人のDr.ストレッチを展開している

フュービックの黒川社長に呼ばれて

フュービックさんの社内イベント「Fー1GP」を

見学しに行ったのがキッカケ。

 

「うちも真似して同じような社内イベントやろーぜー!」

 

と盛り上がったのが最初のキッカケである。

で、やるからには当然ライバル心が出るわけで

 

「黒川社長のとこのFー1GPよりも高い完成度でやるぞ!」

 

と盛り上がって始まった。

黒川社長も、やはり最初から社内で手作りでイベントを企画、運営して、色々と失敗の連続で、なかなか最初は社内でFー1GPは受け入れられなかったらしい。

 

でもOWNDAYSは

最初から大成功である。

一回目から、興奮と感動の嵐である。

 

この辺はまあ

僕のプロデュース能力の高さが故

当たり前ではあるのだが。

 

そしてこの時に

「社長の今年度方針発表」

というコンテンツを入れてみた。自分もなんかステージに立ちたかったので。

 

 

で、たまたまその時に

台湾進出が決まりかけていたので

「いーや、先に発表しちゃえ!」と

そのことを軽く発表したら、もう会場は大盛り上がり。

 

それから、その時のサプライズ発表が癖になり、毎年サミットが近づく度に「何か皆んなに発表するネタ作らないとねー」と自分を追い込むようになり

 

結果

 

2014 台湾進出

2015 オーストラリア進出、EYE CAMPプロジェクト

2016 ベトナム・オランダ進出

2017 ロシア進出

 

 

を発表して実行に移すことになってしまった。その間にも色々あり、各国でも色んな発表をしまくった結果、強制的に有言実行を迫られていき、気付けばこの4年で10か国に約100店舗をオープンしたのである。

この成長感は、OWNDAYS SUMMITがなければこんなスピード感では絶対に実現していなかったと思う。

 

何より社長である僕自身が

きっとここまでの決断をしていなかったと思う。

 

でも実際に大きな決断を毎年連続して

やってこれたのである。

 

それは何故か?

その原動力はどこにあったのかというと

 

それは

 

 

「SUMMITのステージで

スポットライトを浴びて

かっこいい事を言いたいから」

 

 

だけなのである。

 

そんな単純な…

と呆れられるかもしれないが

でも結構人生なんてのは、そんな単純なものなんだと思う。

 

 

区切りがある。

宣言する。

結果を発表する、させられる舞台がある。

というのはすごく大切な事だと思う。

 

どんなに野球が好きでも

甲子園がなければ

高校球児はあんなに

限界まで練習を頑張らないと思うし

 

大学受験がなければ

高校生はみんな勉強しないと思う。

 

LIVEがなければ

ロックバンドはスタジオで本気で

練習をしないと思うし

 

そんな感じだと思う。

 

それはビジネスマンも

全く一緒だと思う。

 

だから僕は

OWNDAYSを経営している中で

一番力を入れている事は

 

OWNDAYSで働く人たちにとっての

甲子園やLIVEの場を

いかに用意してあげれるか?

 

それも

そこらへんの寂れた小さなライブハウスじゃなくて

ピカピカに光り輝く

憧れのステージを用意してあげたいのである。

もちろん自分ももっと頑張りたいから

自分にも用意してあげたい。

 

 

 

 

そんな想いで開催されているのが

このOWNDAYS SUMMITなのである。

 

たまに年上の方達から、このSUMMITとか、やたら派手な忘年会とか、OWNDAYSのそういうチャラチャラした面の上澄みだけを見て、批判めいたことや苦言を呈される。昔ITバブルの時に弾けたベンチャー企業や若手社長達なんかがフラッシュバックするらしい。

 

(チッ、うるせーな。文句があるなら見なきゃいーだろ。別にアンタになんの迷惑もかけてねーんだから)

 

なんて思ってはいない。

 

 

 

 

嘘。

 

ちょっと思ってる。口には出さないけど。

 

 

今の時代は、情報の伝達速度がどんどん早くなり

良いプロダクトやハードはすぐに競合他社に真似されてしまい、なかなか企業の競争力やブランディング向上に直結しずらい時代である。

そんな時代に企業が競争力をあげていく為には属人的な要素をいかに伸ばすかが大きな部分を占めていく。

その属人的な要素のレベルを引き上げる為の仕組みを沢山作る事に成功した企業が次の時代の主役になると考えている。

その象徴的なものの一つが、このOWNDAYS SUMMITなのである。

だから僕らは、今年も一年、次のOWNDAYS SUMMITのステージで気持ち良い瞬間が味わえるようにみんなで一丸となって働いていくのである。

 

ここまで読んで

そんな「OWNDAYS SUMMITのステージに立ってみたい」と思ったあなたが、OWNDAYSに入社してきてくれて、いつか本当にステージに一緒に立つことができたとしたらマジで感動すると思う。

 

 

 

【The extreme self-fulfilled event has educated me to become who I am now.】

 

We always held our annual event, [OWNDAYS SUMMIT] in the company. 

 

We have held this event not only in Japan but also in Singapore, Taiwan and Thailand. 

 

Simply, it is just like the general meeting like other companies. 

However, we are slightly different from others. 

 

I think everyone is curious then what is the difference? 

 

We are really serious about it. 

 

I can tell you how serious are we, 

 

For people in Hakata, they are so serious about Yamakasa. 

 

For people in Kishiwada, they are serious about Danjiri 

 

For people in Asakusa, it’s Sanji Festival 

 

This is how serious we are! 

 

Especially, the passion of CEO is something that you will never be able to image. 

It’s not excess to say I am working hard for the whole year just because of SUMMIT. 

 

I can even say that I didn’t hold this event because I would like to improve the performance of the company. Instead I would like to improve the company’s performance because I wanted to make the event even bigger. 

It’s reversing logical thinking from the society. I am sorry to be such a playful CEO. 

 

However, the SUMMIT in each country once a year provides the chance for all OWNDAYS staff to meet each other. This is the time to make new announcement to surprise all the staff and sometimes we made staff to compete with each other to share these results, laugh and tears. Finally, staff will drink delicious beer together. This is the moment we cherish. 

 

This moment…

I can feel that I am working so hard for the whole year just for this moment. 

 

This is how our internal event, OWNDAYS SUMMIT has started, started with my self-satisfaction. 

This is so amazing that we have already started this event for 4 years and our sales was increase year by year from 4 years ago. 

 

Recently, I found the reason why SUMMIT will be able to provide such big influence in OWNDAYS. 

 

[Being able to create the section.] 

 

The biggest obstacles to stop the growth of the company in industries of wholesale, retail and service like what OWNDAYS is will be…

 

[No section] 

 

This would have the biggest influence. 

 

Basically, no section means peaceful and stable. 

Day by day…

Our goal is to provide the best service, high quality products to customers. 

The evaluation will be [Sales number] in the shop and we will feedback what they have been done. 

 

End of the month, we have reached our target sales! 

Everyone is so happy. 

However, after one night everything will still be the same like always and tomorrow will come like always. 

We will still open the shutter of the same shop at the same time. 

 

Of course…

This is what it is and what it should be. 

If we change enormously everyday in the shop, our customers will be so confused as well.

The retail shop is to provide the same service everyday in the same place with the same standard of quality. 

The most important for us is to continue to provide the quality product and stable products and service everyday and this is what we have been trying so hard. 

 

However, in behind of these, we should have a look on the people working in the shop. 

In order to provide the stable everyday to customers, staff are tend to keep everyday so peaceful and stable without changes.

There is no such [Big event] will just occur in our normal life to let us feel the growth of ourselves.  

In this case,

Basically we human are very lazy. 

In the normal everyday life, we tend to do those trouble things later. 

Or even escape from those difficult problems. 

 

OWNDAYS was like this before. 

 

We were trying our best to work hard everyday and we have successfully to build and increase the sales of the company. 

For example, 

[Let expanding to new country!]

or 

[Let’s plan to do the new internal system!]

 

We are always aiming to conduct big event and involving everyone in the company. If we are only doing the same works all the time, people tend to take more time in doing same work and not being able to have vigorously improvement. 

 

And this is the time that I decided to hold the event of 

[OWNDAYS SUMMIT]

 

At first, I was attending my friend Fubic CEO Mr. Kurokawa, who is also helping our business of Dr. Stretch’s company internal event of [F-1GP] and I was inspired so much during my visit. 

 

[Let’s do this kind of event in our company too!!] 

 

This is how we started and of course, it has raised my sense of rivalry. 

 

[We will complete this event even better than Kurokawa CEO’s F-1GP!] 

 

Kurokawa CEO has been started internally in the company and planning, operating, facing failures, at the end staff were not very positive towards F-1GP. 

 

However, OWNDAYS was so successful at beginning.

It was full of excitement and impression from the very first time. 

 

I think this is because my high producing skill. 

Of course it will be successes. 

 

At the same time I have add the contents of 

[CEO Annual Announcement] 

I would like to stand on the stage. 

 

And coincidently, 

We have decided to expand to Taiwan. 

[No, I think we will just announce in advanced!]

With this announcement, the venue was so excited. 

 

From there I tend to do the surprised announcement every year. This is the reason that I need to [Make the announcement of something every year~] 

 

Result

 

2014 Taiwan Expansion 

2015 Australia Expansion, EYE CAMP Project 

2016 Vietnam and Netherlands Expansion 

2017 Russia Expansion 

 

Of course, we will implement what we have announced. Of course there are many difficulties but we have already announced to everyone and we have no choice to make it come true. Once we noticed, we have already expanded 100 shops to 10 countries in 4 years. 

Without OWNDAYS SUMMIT, we will not be able to reach this speed. 

 

Most importantly, it should be me, CEO. 

I will not be able to make the judgment without this SUMMIT. 

 

I force myself to make such a big decision then we achieve what we are now. 

 

Why can I do this? 

What is the motivation for this? 

 

This is…

 

[To be under the spotlight in the OWNDAYS stage is such a cool thing!] 

 

It was just so simple…

Everyone may be very surprised about his. 

Actually, for me I think life is just so simple. 

 

With section 

Announcement

Announce the result in the big stage  

This is such a important thing. 

 

Even you love baseball so much 

Without Koshien…(The biggest baseball game for Japanese high school student) 

High school student will not be able to practice to their limitation like now. 

 

If there is not university test…

High school student will not be able to study so hard like what they are now. 

 

Without LIVE

The rock band will not practice so seriously in the studio. 

 

I think it is the same…

 

Business is also the same. 

 

This is the reason why 

The most important thing in my operation of OWNDAYS will be 

 

Did I prepare the stage like Koshien and LIVE for people working in OWNDAYS. 

 

And it should not be just a small live house, 

I should prepare the stage that is so shiny

The stage that I dreamed of…

Of course, this is also for myself to make me work even harder. 

 

This is how I started this event. 

OWNDAYS SUMMIT

 

Of course there are people who will feel that to have this kind of year-end part is not appropriate with their criticism. Most of the venture CEO will be flash back during the IT bubble time. 

 

(Oh!! I really can’t take it! If you have such complain then please just do look! I am not trouble you to do anything.) 

 

Of course, I won’t have this kind of thoughts. 

 

It’s a lie 

Sometimes I really have this kind of thoughts and of course I won’t speak out. 

 

In this era, we have all the information so fast. 

No matter how well is the protection people will just try to copy and companies all need to raise their ability to compete with others. 

The most important element to raise the company’s ability will be people. 

We should have different new jobs and contents for people to raise their level and I think this will be the most important thing for the companies these days. 

One of the symbols of course is OWNDAYS SUMMIT. 

This is the reason why every year, year by year we are making the stage even better, even more attractive and all of us all work together to achieve the goal. 

 

I think you have finish read until this part, 

If there is any of you would have the thought, [I would like to stand on the stage of OWNDAYS] We are more than welcome to have you join us and to create the excitement and things that will leave in your heart always.