昨日は、当初は政務(議員としての仕事や活動)対応で石川県に帰っている予定でしたが…

数日前に、私が担当することにはなっていなかった、岩手県での公務(大臣政務官としての仕事)が入りました!

おそらく…経済産業大臣の交代に伴って、大臣対応の公務に副大臣が、そして副大臣対応だった公務に大臣政務官が…といった感じなんだと思います。

特に詮索することなく、「喜んで!」と引き受けました(^^♪

結果として頼って頂いているのであれば、急遽私にお願いしなければいけない秘書官や担当職員さんの精神的負担を取り除くことも含めて、快諾することで皆が気持ちよく仕事に臨めますので\(^o^)/

  

第36回伝統的工芸品月間国民会議・全国大会が、岩手県盛岡市にて開催されました!

会場受付付近にて、山本会長はじめとする石川県の伝統工芸士の皆様に、私を出迎えて頂きました♪ありがとうございました!!

ちなみに…『伝統的工芸品』と『伝統工芸品』は異なります。。。

簡単に説明すると、『伝統的工芸品』とは国(経済産業大臣)から指定を受けた工芸品のことで、『伝統工芸品』とは都道府県の各地方自治体が認定した工芸品のこと。

「伝統的工芸品」は現在232品目あり、以下5要件を全て満たし、【伝統的工芸品産業の振興に関する法律(伝産法)】に基づく経済産業大臣の指定を受けた工芸品のことで、下のロゴマークも存在します。



<5要件>
①主として日常生活の用に供されるものであること。
②その製造過程の主要部分が手工業的であること。
③伝統的な技術又は技法により製造されるものであること。
④伝統的に使用されてきた原材料が主たる原材料として用いられ、製造されるものであること。
⑤一定の地域において少なくない数の者がその製造を行い、又はその製造に従事しているものであること。

③の伝統的な「技術」「技法」、④「原材料」は、❝原則として❞ 100 年以上の歴史を有し、今日まで継続していることが必要とされています。



伝統的工芸品の重要性や、これまで果たしてきた役割をお話しした上で、後継者の確保などの乗り越えるべき困難に加えて、国内のみならず海外市場や増大するインバウンド需要を取り込んでいくことの重要性をお示ししました!

さらに、そのためには、本質を守りながらも挑戦して新たな価値も創出し、国内外のエンドユーザーが見て触れて体験して興味を持って、その魅力や価値を理解してもらうことを意識した弛まぬ努力が求められていることを、強くお訴え致しました。

当然、そのために、事業承継や後継者確保のための支援、技術の伝承や若者の育成に資する各種政策、新商品開発や新たな市場開拓など、あらゆる努力と挑戦を後押しするような支援施策を投入して、経済産業省も引き続きしっかり応援していくことをお誓いして、開会に際しての経済産業省を代表してのご挨拶としてまとめさせていただきました。

開会式典終了時には会場を出て、盛岡駅から東北新幹線に乗って上京し…飛行機最終便で石川県へ!

  

応援の「いいね!」をよろしくお願いします。
宮本周司セレクト情報を発信していますので、お友達にもご紹介ください(^^♪
宮本周司facebookファンページです♪

宮本しゅうじが毎日更新! 地方創生に向けた日々の活動を発信しています!!
毎日更新する、宮本しゅうじフェイスブックページです♪

参議院議員 みやもと周司 の公式ウェブサイトです♪ 国会での動画や活動報告もご覧いただけます♬
「みやもと周司」公式ウェブサイト

宮本酒造店の至福の一滴!醸し人の心を伝える、あのプレミアム商品もご購入頂けます!!
小さな手造りの酒蔵…『夢醸』『のみよし』『美酒のだし』