松山まさじ大臣と懇談を。 | 宮本しゅうじオフィシャルブログ「小規模企業の未来を創る!」Powered by Ameba

宮本しゅうじオフィシャルブログ「小規模企業の未来を創る!」Powered by Ameba

宮本しゅうじオフィシャルブログ「小規模企業の未来を創る!」Powered by Ameba


テーマ:


昨日は、参議院自由民主党の執行部会が開催されましたので、それに合わせて前日夜に上京。。。

国会の開会中は、毎週火曜日と金曜日の正午から…

国会の閉会中は、毎週火曜日正午からの一回だけ。

そして…昨日が年内最後の執行部会でした♬

午前と午後の時間帯には、中小企業庁や観光庁などから様々な内容のレクチャーや、依頼しておいた案件の報告などを。。。



そして、午前中のお昼近い時間帯には、全国商工会連合会の役員室へ!

松山まさじ内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)のご来訪を受け、懇談させていただきました。

松山大臣は、この夏までは、参議院自民党の国会対策委員長…私のボスでした。。。

今回、大臣からは、子育て支援の財源確保のため事業主拠出金の料率引き上げについてご説明があり、これに対して商工会からは、地方の中小企業・小規模事業者に対する負担増を挙げ、 料率の安易な引上げは支払余力に乏しい中小企業の理解が得られにくいことから、決定過程の明確化や、時期や料率における小規模企業への配慮を主張いたしました。

また、事業主拠出金や事業主負担金は、一定の従業員数以上の企業の声は反映するものの、小さな企業の声はなかなか反映されていない現状も、私から大臣に対して発言させていただきました。



子育て支援や生産性革命を柱とする2兆円規模の政策パッケージが既に報道されていますが、子育て支援に関して、政府が財源の一部として当て込む3千億円が、企業が社員に支払う給与総額に応じて負担する事業主拠出金だと…

仮に、2017年度には0.23%の料率を、2020年度には0.45%へと段階的に引き上げる…そうすると、企業負担は約4000億円から約7000億円に増えるそうです。

ただし、大企業と中小企業の区別はなく、赤字企業からも徴収する仕組みです。

また、雇用者数全体の7割程度を占める中小企業に負担が偏りやすくなり、人手不足への防衛的な賃上げ等の負担増を余儀なくされているなか、後継者が不足することによる倒産が相次ぐなかで、追加負担は厳しい現状だと思います。

松山大臣は、これらのことを十分に理解されています。

その上で、中小企業や小規模事業者に配慮ある措置を期待し、我々の思いと考えを預けました。

そんな大臣との懇談となりました。



応援の「いいね!」をよろしくお願いします。
宮本周司セレクト情報を発信していますので、お友達にもご紹介ください(^^♪
宮本周司facebookファンページです♪

宮本しゅうじが毎日更新! 地方創生に向けた日々の活動を発信しています!!
毎日更新する、宮本しゅうじフェイスブックページです♪

参議院議員 みやもと周司 の公式ウェブサイトです♪ 国会での動画や活動報告もご覧いただけます♬
「みやもと周司」公式ウェブサイト

宮本酒造店の至福の一滴!醸し人の心を伝える、あのプレミアム商品もご購入頂けます!!
小さな手造りの酒蔵…『夢醸』『のみよし』『美酒のだし』