笑顔と活気に溢れた教員養成校‼️(バンテアイミンチェイ州) | 続々・松岡奮戦記(カンボジア・ミャンマー教材開発編)

続々・松岡奮戦記(カンボジア・ミャンマー教材開発編)

日本の公務員生活を捨て、夢だった教師として2007年にシェムリアップの大学に赴任。が、無給講師且つ系列ホテルでフルタイムと告げられる。騙された?と思いつつ、やっと掴んだ教師の職。歯を食いしばり、この国の教育水準の底上げを己の使命として全力で取り組んでいます。

今日は、シェムリアップ州ではなく、お隣のバンテアイミンチェイ州の教員養成校で講義をさせて頂きました。

{0479D5EF-5232-4CEA-B17B-F51E4C2EB3F3}

到着してチョットしたハプニングがありましたが、それを吹き飛ばすくらいに気持ちの良い研修生の対応に救われました。

先週、シェムリアップ州の教員養成校で得た改善点をこの1週間で改善して講義に臨みました。

{B4BB2890-97C3-4AC8-AFBB-95F9C5A8A3AC}

今回の研修生の数は100人未満だったので、比較的近い距離感で接する事が出来ました。

{8074E933-94C6-49AC-AF49-4D3B089E1179}

シェムリアップ州教員養成校雰囲気とはまた異なり、こちらの2回生は女性の研修生がほとんどでしたが、男女ともに仲が良く、意見も出やすい非常にまとまった学年だと思いました。

また、自分たちで「こうしたらどうだろう?」と創意工夫してルールを考えてくれているグループも出始めていましたので、こちらとしては嬉しい限りでした。

今回も、ひとりでも多くの研修生の皆さんに、開発した教材を愛してもらい、数ヶ月後に待っている児童や生徒たちと共有していってもらえればと切に願っています。

最後に校長先生と今後の打ち合わせをさせてもらい、無事終了する事が出来ました。

色々な準備をして頂き、有難うございました‼️これからも宜しくお願いします‼️