続々・松岡奮戦記(カンボジア・ミャンマー教材開発編)

続々・松岡奮戦記(カンボジア・ミャンマー教材開発編)

日本の公務員生活を捨て、夢だった教師として2007年にシェムリアップの大学に赴任。が、無給講師且つ系列ホテルでフルタイムと告げられる。騙された?と思いつつ、やっと掴んだ教師の職。歯を食いしばり、この国の教育水準の底上げを己の使命として全力で取り組んでいます。


2019年9月中旬から在宅で教材開発研究に集中させてもらえる様になりました。

その中で思ったのが、夕方になるとテンションが上がるという事です。

何がそうさせるかと言うと、人との関わりが増えるからです。

とは言え飲み歩くという意味ではありません。


・桜を学校まで迎えに行く。

・夜間のオンラインでの授業をする。

・授業後、家族で夕食をとりながら話をする。


桜と妻が学校に行ってからは1人で仕事をしているので、直接話ができる時間が近づくとテンションが上がってくるのかもしれませんね。

昼間は、気分転換も兼ねてウォーキング。
日々変化していく近所を眺めながら。
今まで小さな溝だった所も根本的に整備中。
ここもコンクリートで通路がつくられていましたが、一気に様変わり。
このハイスクールロードも拡張中。

歩く事で色々な物が見えてきて面白いですね。

特にバイクも通れない所であっても、歩きなので難なく通過できたりと軽いアスレチック場としても楽しんでいます😁🎊