巨大熊、林道崩壊、雨、みぞれ、プチ低体温、タイムオーバーinニペソツ山 | 秀岳荘の小野ブログ

秀岳荘の小野ブログ

秀岳荘の楽しい愉快なポイントをコソッとブログにてご紹介したり自分のプライベートフィールド情報を投稿致しますのでよろしくお願いいたします。


テーマ:

今回は天気予報がはずれに外れ、やられてきたので主観的なブログとして書いてみたいと思います。よろしくお願いいたします!!!

2019年5月29日朝5時に札幌を出発し8時半に十勝三股に到着した。

山中泊が初めての方がいたので増水状況確認のため手ぶらで16の杉沢合流ポイントに自分と二人で偵察に行ってきました、10分もしないうちに巨大な黒い動くものを発見【・_・?】

100mぐらい離れており自分と同じ進行方向、とにかく半端になくデカイ!!!

クマ牧場にいるボスクラス(T_T) 

相方は自分が居る事を教えるため程よい声量で「ホッーホー」と何回か呼びかけ自分も軽く拍手を数回した、するとクマの顔がこっちを向きちょっと考えている仕草?

クマスプレーを車に置きっぱな事を酷く後悔(T_T) 

今こっちに威嚇で向かって来たら間違いなくどちらかやられると思った瞬間、クマが素早く林の中へ逃げ込みある意味助かりました、様子を見ながら合流地点を確認し車に戻り前進しましたが、途中の林道で見つけた巨大な足跡を発見【・_・?】

遠近法でわかりにくいと思いますが25センチはあったと思います。

イメージですがホルスタインのオス牛以上に大きかった!!!

今回が一人、二人の山行だったら間違いなく中止ですね!!! 

幌加温泉コースがあるのに今回はわざわざ16杉の沢コースをセレクト!!!

理由は3年前の台風で崩壊した林道をこの目で実際に見てみたい、自然の力ってどんだけすごいんだろうと思ったからです。いろんなブログに書いてありますが本当に凄かった!!!

完全に林道が流されたり、寸断されたり、川になった場所もありました!!!

特に後半の16杉下橋の崩壊はひどく、橋全体が流され流木が絡みつく状態!!!

ホームページでしばらく直す見込みがないのが理解できると思いました

川を堰き止めるかのように巨大な流木を橋代わりに渡渉し向こう側に移動!!!

どっかのアトラクションかと思わせる迫力の渡渉!!!

ちょっと危ないので女子のザックは男子チームが運んであげました!!!

それでも女子チームはやられていましたね(T_T) 

林道まで這い上がるのに一苦労する場面が何カ所もありピンチを楽しみました(^_^)v

すったもんだしながらなんとか登山口に到着、4時間ほどかかりましたが何とか・・・・

そして残念ながら天気予報がドンドン悪い方へ変更していき雨がポツリポツリ・・・

顔は笑顔なんですが気持ちはやられていきます(^_^)

ここからは急傾斜で厳しい登りが小天狗まで続き雨が冷たくみんなの体温を容赦なく奪っていきます。

そして酷い事に雨がみぞれになり一生懸命歩いているのに寒い!!!

フリースと薄手ダウンジャケット重ね着が調度良い感じ(^_^)v

しかし何人かフリースで頑張っていましたが小天狗岩ポイントでガクガク震えだしこれ以上の前進を無理と判断しビバークする事と決めた。前方方向300メートルでテントが張れるのを知っていたのでなんとか

進み速やかにテント設営を行った!!!

とにかく弱っている人からテントで着替えたりガス、ガソリンで暖を取って回復してもらった!!!

靴下や衣服がビチャビチャの方も居たので無理は禁物、明日の天候回復を信じてゆっくり休むことにしました(*^^*) 

やっぱりバーナーの強力な温かさって良いですよね!!!

こんなちっぽけな火力なのにすごく励まされます!!!

500ccの日本酒を何故か一気飲みし人のお酒を頂戴してしまいましたm(_ _)m

山泊の楽しみっていろいろありますがテントの中でいろいろ喋るって良いですよね

どうしても役職が役職なので敬遠される立場なのに一緒に登山してくれるって嬉しい事だと思います。自分が知らなかった一面がわかったりして面白いなと思いました。

寝る前に外で明日の晴天を祈ります【・_・?】

この写真を見たら絶対大丈夫と思いますよね!!!

しかし見事に裏切られました(T_T) 

起きたときちょっとショックで辺り一面ガスガス【・_・?】

天気予報と違う、why?

昼までは天候が安定しているらしいのでテントを一つだけ残し軽量スタイルでアタック開始!!!

残雪の踏み抜きにやられながらも前進(^_^)v

しかし何度かルートを見失うなどタイムロスがあり思うように進めなく9時に行動限界を向かえピークをあきらめました、幌加分岐まで来ており残念ですが次回の宿題としました!!!

山は逃げない、まずは安全を優先としたいと思います!!!

でもしっかり写真でピークと思わせるような一枚を作りましたのでご覧ください(^_^)v

なかなかうまいニセピーク写真だと思いません\( ^o^ )/

長い長い下山に堪え駐車場に到着し温泉と夕食を済ませ札幌に着いたのは10時すぎ・・・

車が一緒だった3人に人生の中で一番ハードだと言われ、ニヤリ(^_^)v

一人だと難しいけど仲間が居れば行ける山ってありますよね、これを読んでいる皆さんもそうだと思いますが1ランク上の山って仲間がキーワードになると思います!!!

一人でも山好きのスタッフが1ランク上に行けれる応援をこれからもしっかりやりたいなと思います。

長文を読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m